スポンサーリンク

どうもっ!ものグラムです。

今回は初の高知遠征から、その3をお送りさせて頂きます。

前回空港に着くと約2時間もの余りある時間が与えられましたが(笑)、空港施設内で物色もしつつゆっくり出来た時間はなかなか快適でした。しかしいよいよ移動開始の時が来ます。

では!空港からの移動手段は?どこ行ってん?何で移動するねん?その辺りをポイントに進めて参りましょう。宜しくお願い致しますっ!!

前回までの流れ。

2020年2月20日、早朝4時半。

起床出来るか少々の不安がありながらも、意外と遠征当日は脳内から身体へ「4時半に起床せよ」と信号が行きわたる様、普段使用しないケータイアラームセットの第一声に瞬時に反応出来る自分に驚く「ものグラム」。(笑)

その後、最大に警戒するのが「目覚めだけで起きた気になる症候群」。そのトラップを踏むと気づけば1時間、などという世界も体験済み、「あ、アカンで、気ついた時点でゲームオーバーは絶対ゆるせぬ!ぬぅ!」と、完全起床に成功した(笑)。

その後始発から神戸空港に到着、そして初の航空会社のご縁はFDA(フジドリームエアラインズ)。80人乗りの小型ジェット機にて一瞬のフライトを堪能し即別世界である四国、「高知龍馬空港」へ上陸した。

7:48、超余裕の2時間の空きが出来たものの、実際には空港内にある四国といえばの展示物、資料を拝見しテンションが上がり、さらに土産物店での物色で燃える。

その中でもあの「海洋堂」が作るご当地ガチャである「高知フィギュアみやげ」が目に留まりさらに興奮する。

実は1年3ヶ月前に秋田に遠征した際、「なまはげ」が世界文化遺産に登録されるタイミングでアタリを引いた様だった、「みちのくフィギュアみやげ」から2度目の因縁を感じるガチャに感じたものグラム。

今回も「絶対に何かあるに違いない」と、飲料自販機にて小銭に崩し、1度だけのチャンスとしてひとつのカプセルを手にし、帰るまでは開封してはならないとリュックに詰め込んだ。

そこからはベンチに座りしばらくの「休憩タイム」に突入。今回は此処からスタートである。

「ん、?もうこんな時間?や、やば〜!いそげ〜!」

「高知みやげフィギュア」をゲットしたこの時8:26。

「TOSA」の文字を前にベンチに座り、「ラーメン店行列待ち対策用ミニゲーム」に没頭し、ふと気付いたのは9:28。

「うわっ、もう50分もやってもとったんかぁ、このゲーム、さすがやなあ、クリアできへんからムキにさせるねんコレ、絶妙の難易度なんよなあ....」

と、無駄に過ごす50分ではあったが、久々に生まれた「心の余裕」は心地良いものであった。

しかし。

「う〜ん、バス、何時出発?」

と、ざっくりと荒削りなメニューしか組まない「適当ものグラム」はいよいよ重い腰を持ち上げるかの如くスマホチェックする。すると。

「うわっ!9:40?んで到着が10:05、次のんは9:55発で10:20着?わわわっ!40分のん乗らなアカンやんっ!」

重い腰も即弾むかの様に立ち上がり、今までの余裕は何だったのか?急遽訪れた焦りから火が着いたかの様に慌ただしく手を洗い、空港出口を駆け抜けバス発着所に向かった。

「バスのチケットは券売機にてお求め下さい〜、チケットは降車時に回収致します〜」

と、バスのドライバーが案内している。9:35。

「な、なんとか間に合うた.....ゲームやりすぎてもうた....」

本来ならば焦る事など全く無いものだったが、夢中になりすぎると起こる貯金の減少。ものグラムにとっては普遍的に重要なポイントでもある(笑)。

バスのドライバーの視線の先にあるのがこの券売機。高知空港から高知市街地へは「とさでん交通株式会社」が運行する空港連絡バスが利用し易く、航空の便に合わせた時刻設定となっている。その為便の遅れ等に合わせ運行してくれるのもありがたい。

券売機のズームだが、今回は高知駅が目的地。740円区間だが、中央左上にある水色のボタンは往復2枚の回数券となっており、本来ならば1,480円なのが100円お得の1,380円にて購入出来るシステムとなっており、すかさずそのボタンを押す。

「お〜ラッキー。たった2枚で回数券設定はめっちゃありがたいなあ」

とさでん交通の「空港連絡バス」のチケット。高知空港から終点のJR高知駅迄の740円区間のみ往復の回数券があり100円お得設定が利用者に嬉しい。

心から湧き上がる喜びと感謝を思いながら、9:38、いよいよバスに乗り込んだ。

スポンサーリンク

「おお、コレが高知都市部かあ、堪らんなあ」

その後、バス車内は想像を超えた満席となり出発した。

火が着き燃えた状態の「奮奮(ふんふん)ものグラム」は体が火照り、体感温度が非常に高く汗をかく(笑)。

「ちょ、今日上着いらんのとちゃう?」

そう思いながら、隣の席との間に余裕が無く身動き出来ず、上着を脱ぐ事も出来ないままその暑さと格闘し、さらに一睡も出来ず(おまいどんだけねたいねん笑)約30分が経過すると、いよいよ到着間近の市街地の光景が目に映った。

「うわあ、ええかんじやん〜」

この遠征、「ラーメン道」を始める前は知る事が出来なかったのが実は「現役路面電車」の存在。この道を始めるまでは非常にレアな存在だと思っていたが、実は今でも現役で稼働する路面電車は想像よりも数多く、それぞれの地に根付いているものなのが確認出来た。

その後直ぐに最終目的地のJR高知駅に到着は10:13。交通事情により若干の遅れとなったが、未だ好ペースを維持していた(笑)。

「コレが高知駅かあ、めっちゃデカイなあ、ええ感じやん!」

JR高知駅南側は非常に敷地面積が大きく、駅そのものの存在感もかなり大きく感じられた。

「お、おしゃ!今からはチャリンコ遠征やでっ!」

と、今回は徒歩圏内では無く、より行動範囲の大きい手段、「レンタサイクル」を利用しようと企んでいたのだった。

高知駅でオススメの「レンタサイクル」。

高知駅改札南側にあるスポット、徒歩にて向かうと直ぐに発見、今回お世話になるのが此方である。

「お、おっちゃん、写ってもええのんか〜?ナイスポジションすぎ、、も、もう使わせてもらうで、ごめんやでおっちゃあん...」

この被写体、建物を捉えるにあたりどうしてもアングル外にする事が出来なかった先はカヌーが立てかけられた印象的な建物。それは「高知観光情報発信館 とさてらす」。

実はこの施設にて自転車の貸し出し、「レンタサイクル」がされているのだが、その驚きの内容とは。

実は「無料」なのである。

「ええ〜!そんな事ってあるん?」

だが、利用させて頂けるならばと館内へ入り、手続きを済ませた。

「高知観光情報発信館 とさてらす」の「レンタサイクル」のススメ

ものグラム
ども〜!またまたものグラムっす!
今回は高知の駅前にある「高知観光情報発信館 とさてらす」さんが提供してくれている「無料レンタサイクル」の詳細をお伝えさせて頂きますです。

 

館内に入ると直ぐに受付カウンターがあります。観光案内の看板にはレンタサイクル貸し出し窓口があり、順番に受け付けてくれます。

この「レンタサイクル」使用には2点の条件があります。

高知情報発信館 とさてらす「レンタサイクル」貸し出し条件
・観光目的での利用であること
・18歳以上であること

 

たったこの2点をクリアされしていれば「無料」にて自転車、「レンタサイクル」出来るんです。

レンタサイクル貸出申込書に日付、住所、氏名、年齢、携帯番号を記入し、返却時刻を伝え完了です。(身分証明書のコピーを取り、返却時にそれを返すシステムとなっていました(電動アシスト自転車の場合))

しかも、無料とは言いながら実は3タイプから選ぶ事が出来るんです。

・シティサイクルタイプ 7台(いわゆる「ママチャリ」タイプ。ノーパンクタイヤ装備で安心)

・クロスバイク 3台(T字ハンドルのスポーツ仕様)

・電動アシストタイプ 5台(3弾変速ありで長距離向き。坂道が楽)

今回電動アシストタイプを希望し伝えました。

すると、この時点ではまだこの様に空いていました。

ものグラム
オンシーズンでは必ず借りれる、とは行かないかもしれません....。
が、高知駅近辺の観光には非常に便利です。めっちゃおすすめ〜!です。
コレで自転車をお借りする事が出来ました。楽しい高知駅周辺散策をしましょう!(※「高知情報発信館 とさてらす」の営業時間終了の17時迄には必ず返却しましょう。)

次回こそ「ラーメン実食」へ。

はい、今回はココまでです。

次回はいよいよ「ラーメン実食」へ向けて走り出しますが、実は意外な展開が待っているのをこの段階では知りませんでした。しかもそれが2日目のメニューにも影響するとは...。

では!次回もお楽しみに、宜しくお願い致します。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事