スポンサーリンク

どうもっ!ものグラムです。

今回は高知遠征からその4、いよいよ「ラーメン実食」に向け動き出します。

最初の計画では駅近隣徒歩圏内での実食を考えていましたが、実は「ふと」思い出したのが以前に実食した家庭用お土産麺。そこから急遽「レンタサイクル」を調達する運びとなりました。

では!土産麺からどないなるん?どこ行ってん?何食ってん?見て参りましょう。宜しくお願い致します!

前回までの流れ。

2020年2月20日、早朝4時半。

起床出来るか少々の不安がありながらも、意外と遠征当日は脳内から身体へ「4時半に起床せよ」と信号が行きわたる様、普段使用しないケータイアラームセットの第一声に瞬時に反応出来る自分に驚く「ものグラム」。(笑)

その後、最大に警戒するのが「目覚めだけで起きた気になる症候群」。そのトラップを踏むと気づけば1時間、などという世界も体験済み、「あ、アカンで、気ついた時点でゲームオーバーは絶対ゆるせぬ!ぬぅ!」と、完全起床に成功した(笑)。

その後始発から神戸空港に到着、そして初の航空会社のご縁はFDA(フジドリームエアラインズ)。80人乗りの小型ジェット機にて一瞬のフライトを堪能し即別世界である四国、「高知龍馬空港」へ上陸した。

7:48、超余裕の2時間の空きが出来たものの、実際には空港内にある四国といえばの展示物、資料を拝見しテンションが上がり、さらに土産物店での物色で燃える。

その中でもあの「海洋堂」が作るご当地ガチャである「高知フィギュアみやげ」が目に留まりさらに興奮する。

実は1年3ヶ月前に秋田に遠征した際、「なまはげ」が世界文化遺産に登録されるタイミングでアタリを引いた様だった、「みちのくフィギュアみやげ」から2度目の因縁を感じるガチャに感じたものグラム。

今回も「絶対に何かあるに違いない」と、飲料自販機にて小銭に崩し、1度だけのチャンスとしてひとつのカプセルを手にし、帰るまでは開封してはならないとリュックに詰め込んだ。

そこからはベンチに座りしばらくの「休憩タイム」に突入。しかしあまりにも没頭し過ぎた為、気づけば2時間あった余裕が約10分の猶予しか無い事が判明。急いでバスの発着所に向かい、なんとか間に合う。

そうして高知駅に到着し、次に向かったのが駅から直ぐの「高知観光情報発信館 とさてらす」。無料にて「レンタサイクル」する事が出来るスポットであり、無事に「電チャリ(電動アシスト自転車)」を調達、今からが「ラーメン実食」の本番となるのである。(※「高知観光情報発信館 とさてらす」の「レンタサイクル」についても解説させて頂いています。)

「ちょい遠いけど、い、行けるやろ!」

「それにしてもさ、この高知やばない?正直大丈夫なんやろか?サービスぶりにも程が有るんちゃうん?」

と、素直に喜べば良いものの、それが出来ないのも「ものグラム」である。そして素直に喜べ無いながらに素直に「レンタル」するのも「ものグラム」。非常に厄介である。10:23。

「電チャリレンタルってさ、前に和歌山で借りた時1,200円したんよな、それが無料って...」

非常に執拗に金銭の話をしてしまうのも「ものグラム」である。

「い、いや、もうそれはええねん、ありがとさんです。今回はな、急に思い出してん、アレ!カツよカツ!そのお店今から行けんねんでっ!楽しみやなあ、ちょい遠いけど電チャリや、4〜5Km位かな?楽勝やろ、い、いぐで〜っ!」

そうして、「カツ」のワードから地道を走る手前、駅前の観光名所のひとつでもある立派な像を横切り本格的に進むのだった。

スポンサーリンク

40分の道のり。

「空港到着までは快晴やったのに曇って来た?今日は天気マークのはずやねんけど....」

赤信号でストップした際に気づく。しかし天気の事よりも大事なのが実食である。

「今回はマップにもまだ登録されてへんしなあ、ホンマにあるんやろか?」

実は今回1軒目訪問予定の店舗は地図アプリにまだ登録されておらず、住所からピンを登録したのみ。少々の不安がよぎるも、前向きに進もうとシフトチェンジした。

「おっ!下り坂、ええ感じの光景やなあ、あ、でもまだもうちょい先やなあ...」

この時、10:52。1軒目オープンの時間である11時前に到着は不可能であり、オープンと同時に訪問したかった「ものグラム」にとっては不甲斐無く感じた。

しかし。下り坂と電動アシストの「追い風」に感じる力強さは人力を遥かに超越したものでありすいすい進み。

「わっ!コレかあ!着いた〜やった〜!!って、何時?うわっ!」

実はたった4分後である10:56、11時のオープン前に到着した。

ラーメン道に於ける1軒目のご縁となったのは「麺屋 なかひら」。実は家庭用お土産麺として2015年に実食したものを約5年後に思い出しリサーチし実際の訪問に至った。

「移転されたって情報やったけど、ホンマにあったあ、暖簾もしっかり掲げられとるし、でもまさか初の高知で1発目の訪問になるとは夢にも思わんかった〜、たまらん〜!」

実は10:56に到着時はもちろんオープン前。しかし道路を挟み反対側には地元スーパーがあり物色した後である(ちゃっかりと数点調達。そのうちのひとつが先日コレクション入りを果たした(【家庭用麺コレクション】関西麺業 はこべ特製 ソース焼そばcollectionfile038)でした(笑))。

高知初の出会いは「麺屋 なかひら」。

「こ、こんにちは〜」

「いらっしゃいませ!」

と、「麺屋 なかひら」の店主がにこやかに対応してくれた。

実は約5年前に「カツのラーメンってないんかなぁ」と調べ出会った家庭用土産麺。即調達し実食したのを忘れてはいなかった。

その店舗が高知にあるのもしっかり記憶しており、当初高知駅周辺徒歩エリアで実食しようと思っていたものの、この店舗が高知駅から約4km離れた場所に移転、最近オープンしたとの情報が入って来、「レンタサイクル」にて到着した瞬間だった。

GPSウォッチにてトレースし分析されたのは高知駅から3.9km108キロカロリーは「電動アシスト」の為全く正確な数値では無い(笑)。

「でもあのパッケージのインパクトとさ、さらにカツのラーメンのインパクトは忘れへんかってん。でも詳細はわすとったけど...」

スキンヘッドに眉間に皺を寄せ腕組みする店主。最近ではラーメン界でも見られなくなったスタイルではあるが、以前は「男気溢れる」このスタイルで店主がパッケージに登場するのは当たり前でもあった。時代の流れを感じさせる「パッケージ」は大変貴重な「資料」なのである。

しかし、店内に入り見る店主にその面影を感じさせず、にこやかな温かいオーラを感じさせ、思わず第一声を発した。

「最近移転されたばかりなんですか?」

すると。

「いえ、去年の10月からですね。」

と。

「あの、ワタシ兵庫県から来させて頂いたんですよ。全国各地のラーメン食べ歩きしてるんです。」

「へえ!そうなんですか!」

そうして、「少々時間が掛かりますけどいいですか?」を快諾し楽しみに待ったのは高知のご当地ラーメンのひとつ、「味噌カツラーメン」なのであった。

「はい、お待たせ致しましたっ!」

「麺屋 なかひら」の「味噌カツらぁめん」。実は着丼前迄の間色々と会話が弾む1対1の時間を過ごし、その間色々な事を聞く事が出来、大変貴重な時間を過ごせた。

地元に定着し親しまれている雑誌「ほっとこうち」には、満を持しての「ラーメン特集」が組まれ、その中で掲載されているのを教えて頂き、

「息子が岡本にいるんですよ」

「えっ?神戸の岡本ですか?」

から、

「関西でカツのラーメンってないでしょ?」

「うん、本当に無いですよ」

「実は前に大阪の万博でかなり評判が良くて喜んで頂けたんですよ」

それは土産麺にもあった、「ラーメンEXPO2013 in 万博公園」にて総合3位、味噌部門1位の実績を謙虚に語られたものだった。

その「味噌カツらぁめん」が目の前に。撮影は一瞬で済ませ、いざ。

「麺の啜り方がツウですねえ」

「えっ?ホントですか?」

その麺は非常に滑らかですべすべとしたものでどんどん入る。艶やかなみずみずしさと適度な弾力、コシがある麺で、スープはこってり系ではありながらもすぅと入るものでしつこさは全く感じられなかった。

カツは厚い肉肉しさがありながらもサクッとした衣の軽さ、そして肉の繊維は処理されふんわりとした「サクフワ」の食感が堪らない、こってりワードに対し「?」を感じさせる程食べ易く、味噌の風味も美味しく頂けた。

「本当に美味しかったです!ご馳走様でした!」

「気をつけて!ありがとう!」

あのパッケージの印象とは対照的な「非常に優しく温かい」中平和彦店主だった。

そして。

「いやあ、ホンマうまかったなあ、1,000円するけど価値ある一杯やなあ、ん、んん?あ、お金払ってないっ!!」

ごく自然、何事も無かったかの様に店舗を後にし、「電チャリ」を漕ぎながら思い出したのは代金未払い「食い逃げものグラム」。もちろん即座に店舗へ戻った。

「あ、すんません!代金支払うの忘れてました!危うく食い逃げする所でした〜ご馳走様でした!」

「あっ!本当、忘れてたね、あっはは〜!」

どうやら中平店主もそれを忘れていた、らしかった。

次回は2軒目へ。

はい〜、今回もあまり進まずでしたが、個人的にも驚きのご縁、そして出会いでした。

高知のご当地ラーメンのひとつとして「味噌カツラーメン」がありますが、実はあまり知られていません。それについてはおいおいお伝えさえて頂くとして、次回は2軒目の実食に向かいます。

では、次回もお楽しみに宜しくお願い致します。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事