スポンサーリンク

どうもっ!ものグラムです。

今回は高知遠征その6、続けて参りたいと思います。

初日の実食メニューは直感から2軒で終了させ、今回は絶対外してはならないと思わせた、2軒目店舗到着手前で出会ったのが「高知城」。再びその建物の前までやって来、いよいよその中を進みます。

では!高知城ってどんな城?どんな感じなん?見て参りましょう!宜しくお願い致します!

前回までの流れ。

2020年2月20日、早朝4時半。

起床出来るか少々の不安がありながらも、意外と遠征当日は脳内から身体へ「4時半に起床せよ」と信号が行きわたる様、普段使用しないケータイアラームセットの第一声に瞬時に反応出来る自分に驚く「ものグラム」。(笑)

その後、最大に警戒するのが「目覚めだけで起きた気になる症候群」。そのトラップを踏むと気づけば1時間、などという世界も体験済み、「あ、アカンで、気ついた時点でゲームオーバーは絶対ゆるせぬ!ぬぅ!」と、完全起床に成功した(笑)。

その後始発から神戸空港に到着、そして初の航空会社のご縁はFDA(フジドリームエアラインズ)。80人乗りの小型ジェット機にて一瞬のフライトを堪能し即別世界である四国、「高知龍馬空港」へ上陸した。

7:48、超余裕の2時間の空きが出来たものの、実際には空港内にある四国といえばの展示物、資料を拝見しテンションが上がり、さらに土産物店での物色で燃える。

その中でもあの「海洋堂」が作るご当地ガチャである「高知フィギュアみやげ」が目に留まりさらに興奮する。

実は1年3ヶ月前に秋田に遠征した際、「なまはげ」が世界文化遺産に登録されるタイミングでアタリを引いた様だった、「みちのくフィギュアみやげ」から2度目の因縁を感じるガチャに感じたものグラム。

今回も「絶対に何かあるに違いない」と、飲料自販機にて小銭に崩し、1度だけのチャンスとしてひとつのカプセルを手にし、帰るまでは開封してはならないとリュックに詰め込んだ。

そこからはベンチに座りしばらくの「休憩タイム」に突入。しかしあまりにも没頭し過ぎたのは「ラーメン店行列待ち対策用ミニゲーム」。気づけば2時間あった余裕が約10分の猶予しか無い事が判明。急いでバスの発着所に向かい、なんとか間に合う。

そうして高知駅に到着し、次に向かったのが駅から直ぐの「高知観光情報発信館 とさてらす」。無料にて「レンタサイクル」する事が出来るスポットであり、無事に「電チャリ(電動アシスト自転車)」を調達。

本来は「レンタサイクル」をする事をメニューに入れて無かったが、1軒目の実食メニューに急遽加えたのが約4km離れた場所である為だった。

その店舗とは、約5年前に「カツのラーメンは無いか?」と調べ調達した「家庭用土産麺」。それを急遽思い出し、実際にその場所に向かう。そして到着したのが「麺屋 なかひら」。店主は中平和彦氏。

「最近移転されたばかりなんですか?」

の一言から、実食終了迄の約35分間会話は続けられ、様々な情報を教えて頂き、完飲完食にて感謝の意を現し店を後にした。

が。「1,000円の価値ある一杯やったな、ん、ん?あ”っ!お金払ってない!」と気付き速攻でバック。危うく「食い逃げものグラム」になる所であった。

そこから進み2軒目の実食メニュー店舗が近づく中出会ったのは、なんと「高知城」。「高知龍馬空港」の到着ゲートを出て一番に目についたその模型から、今度は本物が目の前に。この段階ご縁ある事は間違い無いと確信しながらさらに進んだ。

そして2軒目へ到着。その名は「らぁ麺屋 鶏と魚」。1軒目実食の店舗、「麺屋 なかひら」店主。中平氏が勧めるものであり、その詳細を知れば間違い無く注目すべき店舗だと言うのが即理解出来た。

そして再び戻り来た「高知城」。日本全国でたった12しか無い「現存天守」がある極めて希少な城。普段の遠征ではスルーする確率が高いが、どうしても気になり行きたくなるのも直感。

今回はその直感から素直に進むものである。

「あ〜、結構キツいなあ”....

「おうしっ!今回の遠征は実食だけやのうてしっかりスポットも押さえて紹介させてもらわなな!」

いつの間にか、「旅ブロガー」になる気がして止まない、少々複雑な気持ちの「ものグラム」。

「今年入ってからやな、。ラーメンほんまに紹介してないんちゃうん?」

それは今になり気づいたのか?遅すぎやしないか「ものグラム」だが(笑)、進もうと決めたからには仕方が無く、「遠回りで結構や!いぐでっ!」と、全ての事に対し意気込むのである。12:58。

2軒目の「らぁ麺屋 鶏と魚」訪問直前に出会ったこの追手門。実は高知城跡に残る現存建築物の中で唯一、江戸時代中期の大火から免れ築城当初から残っているものだそうである。

「お、おっしゃ、おっ、おっしゃ.....ちょっ!段差高いし奥行きあるからさ、足交互に動かせられへんやんっ!?」

右足を軸に左足を一歩、その次に左足を軸に右足を動かせず、右を主に軸になるその姿は「おっさんものグラム」から「おじいものグラム」へと感じさせたが、勝手な「ばりばりものグラム」と想う心と身体は一致せず思う様に進めない。

「あ”、あ”かん....右足の筋肉ヤバなって来た...」

まだまだ本丸への道のりは長く、想像以上に高いものだった。その階段を一段一段と進むしか到着する方法は無い。

「いやぁ、天気もめっちゃええしたまらんねんけどやな、しんどいなコレ。」

普段いかに運動をしていないか、大変な思いをしていないかが露呈されるものだった。

しかし、そうこうしながらも一歩一歩進みいよいよ高知城の「本丸」に近づいた。

13:32、二ノ丸に到着。この道のりに30分も掛かったのかと思われるだろう。そう、三ノ丸敷地内の手洗い場にて入念に「手を洗った」故この時間となったのである(笑)。

最後の工程は「詰門」。それを抜けた先に「本丸」がある。若干の緊張感を持ちまた一歩と進んだ。

その先にあったものとは。

「おおっ!そういえば!に、二、2やんかあ、うん〜、でも22日やったら完璧やったのになあ」

この時令和2年2月20日。後2日遅く来れば全て2が揃うのにと思いもしたが、実は2020年2月2日、今年1発目である東京・千葉遠征の全ての記事を書き終えた後にやって来た偶然があった。それは「パリンドローム配列」と言うもので、2020、02、02。前からも後ろからも同じ配列になる事を指すもの。

「ええっ?ま、まぢで〜!?」

さらに驚かせたのがその「パリンドローム配列」の前回は909年前。しかしそれだけでは無い。

2020年2月2日は1年の始まりから数えた日数が33日目であり、この1年に残された日数も驚きの333日。今年はうるう年だからこそ実現するものだったが、これ程まで綺麗に数字が織りなす偶然は皆無に等しい、のである。(※ちなみに次回は1010年後の21211212日、その次は30300303日となるそうです。すごいでしょ?笑)

少々横道には逸れたが、今年は2の文字列にご縁があるのかもしれない、そう思えざるを得ない展開だった。

「ご縁」とは行動した際、「より自然に与えられる」ものなのか?いつもごく自然に行動していると思い止まない「ものグラム」にとっては、逆にもっと理解し易く教えて欲しいとも思えたが、自然はそう簡単にはメッセージを出さない。

入場料は420円(券売機にて販売、税込となります)、いよいよ本丸敷地内に入った。

「おおっ!こじんまりとはしとうけど、こんなに整った感じは無いかも、って歴史とか城とか超ど素人やけどさ...。」

スポンサーリンク

いよいよ「高知城」の中へ。

高知城の中は土足厳禁。昭和の銭湯を感じさせ、今現在座敷スタイルの居酒屋で見掛ける札式の「下駄箱ロッカー」に靴を預け進む。

その天守の中の階段の勾配に驚く。

「うわっ!ほぼ直角やん!ちょ、ちょいコワいけど、小さい頃はこんな階段めっちゃあった様な気がする、、ちゃうかな?」

「超適当ものグラム」は既に右足大腿筋、腓腹筋(ふくらはぎ)にダメージを負っており、一歩一歩が勝負である(笑)。

「も、もうなんかほんまにわい、おっさんを通り越しておじいなんちゃうん?そ、そう見られん様堂々階段上がるで、うわっ、こ、こわ〜」

そうしてなんとか2階に上がった。

2階にはこの様に当時の高知城が再現された模型が展示されている。二ノ丸、三ノ丸にある建物は現在は無いが、一番上の本丸は日本で唯一、本丸の建造物群が全て残る、「天守と本丸御殿(ほんまるごてん)」が現存する城なのである。

(本丸御殿とは城主の居住、執務をする建物とし城内に建てられ、家臣等との対面や儀礼、藩政の為の庁舎としても使用される、いわゆる「政治の中心部」。)

「細かい事は全くわからんけど、あ、高知城ってあるん?って聞いたんわいやけどさ.....なんかとんでもなく凄いとこやねんなあ....」

歴史に弱い「浅学(せんがく)ものグラム」にとって身心ともに刺激となるのであった。(笑)

いよいよ一番の「高地」へ。

急勾配の階段を何段も上るがまだ最上階には到達しない。

「け、結構高ない?」

そう疑問符を投げ抱えた所、目に入って来たのがその答えだった。

高知城は4重6階の建物となっており、外観から屋根の重数を数え、階は内部の階層数を示す言葉。

「6階もあるんかあ、結構高いねんなあ」

そう思いながら一段、また一段と上る。

「おおっ!結構高いなあ、下から見たらそんな高ないおもたけど、実際上がったらちょ、ちょいコワい、まだあと最後の上があるねんでコレ」

高所に強く無い「ものグラム」は少々「ビビって」いた(笑)。

「おおっしゃ〜!ついた〜!」

「やっぱ上はちょい狭いねんなあ、でも昔はビルとかもなかったからもっと高い場所やったんやろなあ。来たでっ!高地!あっ、高知かあ」

天守最上階に到着は13:52。此処から眺める景色は達成感と共に非常に心地良く、気持ちの良い風が体の熱を適度に冷ます至福のひと時だった。

「記事としてはココでゴールやけどさ、今度は降りて元来た所行かんなんねんけどな....」

と、少々現実的な「ものグラム」でもあった。(笑)

次回は「電チャリ」を返却しホテルチェックインへ。

はいっ!今回は比較的細かい所もお伝えさせて頂きましたが如何でしたでしょうか?ん?あ、そうなんです、今回も全く進んでません(笑)。

でも、今回のご縁はやはり「高知城」にあり、実際に行けたのは嬉しく思いました。そのお城の中を上る動画を短時間の動画にまとめましたのでぜひご覧くださいませ。(音声(BGM)が流れますのでご注意ください)

記事内では出てこなかった本丸御殿の様子もご覧頂けますので、こんな感じなのかとご視聴頂けますと嬉しく思います。

では次回は高知1日目もいよいよ佳境へと続きますのでお楽しみに宜しくお願い致します。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事