スポンサーリンク

どうもっ!ものグラムです。

今回は高知遠征その7を進めて参りたいと思います。

個人的には「こんなに長くなるとは...」と、思いもせず進めています(笑)。逆に言えばそれだけ中身があった(?笑)とも捉える事が出来ますが、自分の事は一番解らないものでもあります(笑)。

では!もう開き直って進めるで!んでここからどないしてん?なんか飲んだんか?見て参りましょう、宜しくお願い致します!

前回までの流れ。

2020年2月20日、早朝4時半。

起床出来るか少々の不安がありながらも、意外と遠征当日は脳内から身体へ「4時半に起床せよ」と信号が行きわたる様、普段使用しないケータイアラームセットの第一声に瞬時に反応出来る自分に驚く「ものグラム」。(笑)

その後、最大に警戒するのが「目覚めだけで起きた気になる症候群」。そのトラップを踏むと気づけば1時間、などという世界も体験済み、「あ、アカンで、気ついた時点でゲームオーバーは絶対ゆるせぬ!ぬぅ!」と、完全起床に成功した(笑)。

その後始発から神戸空港に到着、そして初の航空会社のご縁はFDA(フジドリームエアラインズ)。80人乗りの小型ジェット機にて一瞬のフライトを堪能し即別世界である四国、「高知龍馬空港」へ上陸した。

7:48、超余裕の2時間の空きが出来たものの、実際には空港内にある四国といえばの展示物、資料を拝見しテンションが上がり、さらに土産物店での物色で燃える。

その中でもあの「海洋堂」が作るご当地ガチャである「高知フィギュアみやげ」が目に留まりさらに興奮する。

実は1年3ヶ月前に秋田に遠征した際、「なまはげ」が世界文化遺産に登録されるタイミングでアタリを引いた様だった、「みちのくフィギュアみやげ」から2度目の因縁を感じるガチャに感じたものグラム。

今回も「絶対に何かあるに違いない」と、飲料自販機にて小銭に崩し、1度だけのチャンスとしてひとつのカプセルを手にし、帰るまでは開封してはならないとリュックに詰め込んだ。

そこからはベンチに座りしばらくの「休憩タイム」に突入。しかしあまりにも没頭し過ぎたのは「ラーメン店行列待ち対策用ミニゲーム」。気づけば2時間あった余裕が約10分の猶予しか無い事が判明。急いでバスの発着所に向かい、なんとか間に合う。

そうして高知駅に到着し、次に向かったのが駅から直ぐの「高知観光情報発信館 とさてらす」。無料にて「レンタサイクル」する事が出来るスポットであり、無事に「電チャリ(電動アシスト自転車)」を調達。

本来は「レンタサイクル」をする事をメニューに入れて無かったが、1軒目の実食メニューに急遽加えたのが約4km離れた場所である為だった。

その店舗とは、約5年前に「カツのラーメンは無いか?」と調べ調達した「家庭用土産麺」。それを急遽思い出し、実際にその場所に向かう。そして到着したのが「麺屋 なかひら」。店主は中平和彦氏。

「最近移転されたばかりなんですか?」

の一言から、実食終了迄の約35分間会話は続けられ、様々な情報を教えて頂き、完飲完食にて感謝の意を現し店を後にした。

が。「1,000円の価値ある一杯やったな、ん、ん?あ”っ!お金払ってない!」と気付き速攻でバック。危うく「食い逃げものグラム」になる所であった。

そこから進み2軒目の実食メニュー店舗が近づく中出会ったのは、なんと「高知城」。「高知龍馬空港」の到着ゲートを出て一番に目についたその模型から、今度は本物が目の前に。この段階ご縁ある事は間違い無いと確信しながらさらに進んだ。

そして2軒目へ到着。その名は「らぁ麺屋 鶏と魚」。1軒目実食の店舗、「麺屋 なかひら」店主。中平氏が勧めるものであり、その詳細を知れば間違い無く注目すべき店舗だと言うのが即理解出来た。

そして再び戻り来た「高知城」。日本全国でたった12しか無い「現存天守」がある極めて希少な城。普段の遠征ではスルーする確率が高いが、どうしても気になり行きたくなるのは直感。絶対に上ると決め進んだ。

「高知城」について理解を深めながら進む一歩一歩は想像以上にキツく、その一歩一歩が左右交互では無かった為、彼(ものグラム)の右足の筋肉が悲鳴を上げる。

しかしなんとか天守最上階に上る事が出来、勝手に「天下取ったど〜!」と子供の様に喜んだのは「ガキンチョものグラム」だった。

一応初日のメニューは終了、レンタサイクルの「電チャリ」を返却しに向かうのだった。

「ああ〜、降りるんも一苦労やなあ、チャリ返しに行こ!」

「高知城」の天守、その最上階に上り詰めたのは13:52。

物語はその到達する瞬間までを描くが、現実には今までの上りから下りへ歩を進めなければいけない。

「せやねん〜、物語は綺麗やけどやな、リアルは帰りが大変なんや〜。って、んなもん知っとるけどやな.....」

現時点での右足のダメージは通常に歩けるが階段、段差を登り降りする際に「へなへな」と力が入りにくくなる状態だった(笑)。

「お、おいしょっ、んん〜、っっしょ〜っと!うわっ、帰りヤバいな〜」

一時は「ガキンチョものグラム」になり、そしてまたやって来るのは「おじいものグラム」と、様々なモードに切り替わるのはごく自然。様々なモードを兼ね備えるのも彼なのである。

そうこうし無事に「高知城」から下り、「電チャリ」に乗り込む。14:20。

「これかぁ、有名なひろめ市場っちゅうのは!城からめっちゃ近いんやなあ。でもさすがに食えんし飲めんし...、カツオのタタキ食べてくるんですか?って聞かれたけどさ、食われへんっちゅうねん!っていつもゆうとるよなあ」

遠征時に身体の全てを実食に捧げる為、他の名物を口に出来ないのが「ものグラムラーメンまん」の性(さが)である。もちろん毎度頂きたく思ってはいるが、「すんません...む、無理っす...」との想いがあるのを代弁し伝えておく。

「あっ!尾長鶏っ!」

「ひろめ市場」を見た同じ場所にあった「尾長鶏(おながどり)」の像。実は高知は「鶏王国土佐」とも呼ばれており、海外からの外来種の交配を受けずに育成される「日本鶏」の主たる38品種の中で8品種を持つ。

うち6品種は「国の天然記念物」に指定されており、それも見逃す事が出来ないものだったが、今回はこの像でしか語る事が出来ない「あんま何も考えてへんかったものグラム」は次回訪問時にそれを乗り越えたいと誓うものだった(笑)。

此処から駅までの道のりは非常に近い為、ゆっくりと電動アシストを受けながら進む。すると。

「おおっ!南国やんっ!」

大きな蘇鉄(そてつ)の並木が南国を感じさせるが、どちらかと言えばアジア圏の南国だろうか。しかし他ではなかなか見る事が出来ない光景は非常に新鮮であり、旅名利に尽きるのだった。全く進んでいない14:22。そしてさらに3分後。

「おわっ!アジアンから欧風?なかなか他では無いなあコレ!」

高知の市街地にある、江の口川に架けられる「高知橋」からの一枚。蘇鉄(そてつ)にヤシの木が並ぶ光景が見事。

高知市街地にある江の口川に架けられた「高知橋」を渡る時に目に入る光景だが、蘇鉄だけでは無くヤシの木が川沿いに数多く植えられているのも特徴だろう。

実は「他では無いなあ」と言いながら、今年に入り遠征した徳島、昨年2月の宮崎でも同じくヤシの木は確認しているのを忘れている(笑)。

徳島、高知と、この「南国」の趣ある光景は香川、愛媛では見られるのだろうか?彼に取っては非常に楽しみだった。

「ありがとうございました〜!おぅしっ!かえってきたで〜、ど、どないしょ?」

「高知観光情報発信館 とさてらす」に戻り、無料で借りる事が出来た「レンタサイクル」に改めて御礼申し上げる気持ちで発した「ありがとうございました〜」は少々軽かったかもしれない。しかし重いより軽い方が双方負担が掛からず良しとする(笑)。14:31

「あれっ?思った以上にはよ終わってもた....。まだにじはん?ちょいコレは誤算やったなあ....」

今回のラーメン実食は2軒2杯。実は胃袋の許容量は普段の生活より数倍の「実食モード」で押し広げられるものであり、普段はカップ麺1食で1日を過ごす事が出来るのが「酒とカプ麺ものグラム」である(夜の晩酌は欠かせられない笑)。

その「押し広げられた胃袋」は余裕を持っており、その時に意外中の意外な想いが浮かび上がるのだった。

「ち、ちょっ、茶ぁせえへん?なんかゆったりまたり〜としたいねんけど....」

彼にとって一番敷居が高いのが実は「カフェ」である。目の前に出されたたった一杯のコーヒーを長時間掛け飲むのは至難の技であり、その一口を味わいながら本を読み、原稿を仕上げるなど、「優雅な世界」とは無縁である。(笑)

しかし、高知城での天守最上階制覇は思うよりも体力を消耗したせいか、「甘い世界」を味わいたくなり、高知駅内にある喫茶、「カフェ」に躊躇無く入ってしまう。

しかし、「カフェ」の一番の敷居の高さは「メニュー」である。何と呼びオーダーすれば良いのか?全く解らない。

「あ、やっぱりかよ〜。コーヒーひとつにめっちゃメニューあるやん!?何やコレ?H?C?ど、どないしよ」

「いらっしゃいませ〜、お客様どうぞ」

「う、うわっ!出番来てもたがな、な、何頼も。コーヒーはなんやらオプションようわからんし....あっ!」

「か、カフェモカ、ホット。」

今回のオーダーは何も知る事の無い未知の世界。それも「ラーメン道」の道なのか?そんな事を思いながら、いきなり「カフェモカ」と言う変化球だろう一品をオーダーするのは、普段ラーメン実食ではあり得ない「アウチ」な選択だったかもしれない(笑)。この小洒落た空気感に馴染めず、そわそわ待つ「ラーメンものグラム」なのである。

「うわっ!な、なにコレ?」

そう言いながら自らがオーダーした初対面の「カフェモカ」。

「す、スプーン付いとうし...。こ、コレどやって飲むん?」

彼にとって、ラーメン実食以上困惑する「実飲」が待っているのである。(笑)

「ちょ、こんなんまず一口って飲まれへんやんね?」

と言いながらスプーンで表面を掬い一口。

「うわっ!あんま〜!(甘い)」

セルフで供給されているシュガーを2個もトレイに忍ばせた「カフェわからんものグラム」。そのスティックシュガーが不要なのが理解出来ると誰にも見られぬ様にリュックにそれを忍ばせ。

「ち、ちょっと!やっぱわいにはかふぇって向いてなかったんや、来たらアカンかったんや〜、めっちゃかっちょ悪いんちゃうん?」

と。

その時、同じくラーメン店に縁が遠く同じく敷居の高さを感じる方を思う。

「あっ!それを体験させる為やったんかあ!おっしゃ!それやったらなんてこたないでっ!今後はそんな思いがある方の為になる記事、書かなアカンな!」

全く寛ぐ事が出来ず肩に力の入った「カフェ空間」を感じた「ラーメンおっさんアウェーものグラム」だったが、逆の立場を思うと「カフェ」こそが寛ぎの空間であり、「ラーメン店」の無言集中で食べそそくさと店を出る、その敷居の高さを感じさせるものかもしれない、そう思うと「ハッと」させられた、遠征時にしか出来ない貴重な経験だと思わせた一時だった。

スポンサーリンク

次回は初日終了へ...

はいっ!終了!って...。

今回の遠征記事は東京・千葉の今年1発目の遠征よりもライトに行く予定でしたが、それを遥かに超えそうです(笑)。執筆中にどんどん浮かび上がり「これ書かな!」が湧く感覚は今までで初かもしれません。それだけ情報量が大きく、刺激的だったのかもしれません(笑)。

では!次回は高知初日も最終へ。どうなるのか?まだワタシ(ものグラム)にもわかりません(笑)。お楽しみに宜しくお願い致します!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事