スポンサーリンク

どうもっ!ものグラムです。

今回は高知遠征初日、いよいよ最終その9となります(大変長くなり申し訳ございませんが、この先まだまだ続きます(笑))。

「はりまや橋」を通りその情緒を感じ、その後「宴セット」を調達し最後は初日最後、ホテルでの夜の部。しかし今回は最後の最後までしっかりメニューがありました。

では!最後のメニューって宴ちゃうんか?なんかあんのんか?見て参りましょう!宜しくお願い致します。

前回までの流れ。

2020年2月20日、早朝4時半。

起床出来るか少々の不安がありながらも、意外と遠征当日は脳内から身体へ「4時半に起床せよ」と信号が行きわたる様、普段使用しないケータイアラームセットの第一声に瞬時に反応出来る自分に驚く「ものグラム」。(笑)

その後、最大に警戒するのが「目覚めだけで起きた気になる症候群」。そのトラップを踏むと気づけば1時間、などという世界も体験済み、「あ、アカンで、気ついた時点でゲームオーバーは絶対ゆるせぬ!ぬぅ!」と、完全起床に成功した(笑)。

その後始発から神戸空港に到着、そして初の航空会社のご縁はFDA(フジドリームエアラインズ)。80人乗りの小型ジェット機にて一瞬のフライトを堪能し即別世界である四国、「高知龍馬空港」へ上陸した。

7:48、超余裕の2時間の空きが出来たものの、実際には空港内にある四国といえばの展示物、資料を拝見しテンションが上がり、さらに土産物店での物色で燃える。

その中でもあの「海洋堂」が作るご当地ガチャである「高知フィギュアみやげ」が目に留まりさらに興奮する。

実は1年3ヶ月前に秋田に遠征した際、「なまはげ」が世界文化遺産に登録されるタイミングでアタリを引いた様だった、「みちのくフィギュアみやげ」から2度目の因縁を感じるガチャに感じたものグラム。

今回も「絶対に何かあるに違いない」と、飲料自販機にて小銭に崩し、1度だけのチャンスとしてひとつのカプセルを手にし、帰るまでは開封してはならないとリュックに詰め込んだ。

そこからはベンチに座りしばらくの「休憩タイム」に突入。しかしあまりにも没頭し過ぎたのは「ラーメン店行列待ち対策用ミニゲーム」。気づけば2時間あった余裕が約10分の猶予しか無い事が判明。急いでバスの発着所に向かい、なんとか間に合う。

そうして高知駅に到着し、次に向かったのが駅から直ぐの「高知観光情報発信館 とさてらす」。無料にて「レンタサイクル」する事が出来るスポットであり、無事に「電チャリ(電動アシスト自転車)」を調達。

本来は「レンタサイクル」をする事をメニューに入れて無かったが、1軒目の実食メニューに急遽加えたのが約4km離れた場所である為だった。

その店舗とは、約5年前に「カツのラーメンは無いか?」と調べ調達した「家庭用土産麺」。それを急遽思い出し、実際にその場所に向かう。そして到着したのが「麺屋 なかひら」。店主は中平和彦氏。

「最近移転されたばかりなんですか?」

の一言から、実食終了迄の約35分間会話は続けられ、様々な情報を教えて頂き、完飲完食にて感謝の意を現し店を後にした。

が。「1,000円の価値ある一杯やったな、ん、ん?あ”っ!お金払ってない!」と気付き速攻でバック。危うく「食い逃げものグラム」になる所であった。

そこから進み2軒目の実食メニュー店舗が近づく中出会ったのは、なんと「高知城」。「高知龍馬空港」の到着ゲートを出て一番に目についたその模型から、今度は本物が目の前に。この段階ご縁ある事は間違い無いと確信しながらさらに進んだ。

そして2軒目へ到着。その名は「らぁ麺屋 鶏と魚」。1軒目実食の店舗、「麺屋 なかひら」店主。中平氏が勧めるものであり、その詳細を知れば間違い無く注目すべき店舗だと言うのが即理解出来た。

そして再び戻り来た「高知城」。日本全国でたった12しか無い「現存天守」がある極めて希少な城。普段の遠征ではスルーする確率が高いが、どうしても気になり行きたくなるのも直感。

「高知城」について理解を深めながら進む一歩一歩は想像以上にキツく、その一歩一歩が左右交互では無かった為、彼(ものグラム)の右足の筋肉が悲鳴を上げる。

しかしなんとか天守最上階に上る事が出来、勝手に「天下取ったど〜!」と子供の様に喜んだのは「ガキンチョものグラム」だった。

天守頂きに上る喜びは感じられたものの、リアル(現実)には下りが待っている。上りで負荷が掛かった右足をカバーすべく、「おいっちょ、おいっちょ!っと〜」今度は左足を軸にしようとするも利き足で無い為、ぎこちない動きでそれらを下り切る。

そしてこの日のメニューは終了と「電チャリ」を返却し高知駅に戻り気づいた時刻は14時半。まだ時間も十分にあり、ゆっくりしたい思いから人生初、自らの意思で「カフェ」に向かい、オーダー(メニュー)が理解出来ない為咄嗟に出て来たのは「カフェモカ」。

得体が知れぬその一杯に初対面しながら、なんとか身体を休ませる事が出来、いよいよチェックインに向かった。

この日のメニューは終了と思われたが、実はまだまだあるのを思い出す。このまま横になりたい衝動を抑えながら徒歩にて約1km先の「はりまや橋」まで進み、その情緒を味わいながら撮影した。

もちろん「宴セット」を用意する事は忘れてはおらず、調達に成功。そうしていよいよこの日最後のメニューが待っているのであった。

「おっしゃ〜!宴や〜っ!ん....でもなぁ」

2020年2月20日、19:25。

浴槽にしっかり湯張りし身体を温め、身を清めんとばかりにごしごしと各部を禊祓いした後、椅子に座りいよいよ対峙の時がやって来る。

「おっしゃ〜ビアーたいーむや〜!」

と、普段手を着ける事が出来ない高価な缶ビールを開け、一口含む。

「うあ〜、んま〜やけどやな、今日は2軒しか行ってないしやな、前の遠征記事終わってないのに次かぶってもうたがな...」

そう、今回もうひとつ対峙するのは「ノートパソコン」である。

「んんん〜。今回がいっちゃん長崎、佐賀熊本のピークやもんなあ。ちょい時間掛かるでコレ....」

そのプレッシャーは、ブログ人生の日を重ねれば重ねる程に強くなる「産みの苦しみ」を感じていた。

「でもな、胃袋具合はええ感じやし、ちびちびビアー頂こか〜!かんぱ〜い〜!」

と、楽観的なのか、彼自体も理解出来ず、最終メニューである記事執筆、そして宴を同時進行でこなした。

スポンサーリンク

23時過ぎ。「おっしゃ!あれもってこ〜いっ!」

集中力が持続しない彼、「ものグラム」はじっとする事が苦手。手洗いに行ってはちびちびとビールを飲む。のろのろと書き進める事3時間が過ぎ、いよいよゴールに近づいた際の事。

「も、もうアカン!もう直ぐアップ完了やけどやな、お、おぅ〜いっ!あ、あれもってこ〜い!」

「もう、本当に自分勝手ですね、はいはい。これでしょ?」

と、2役を1人でこなすのは「心の会話」である(笑)。

「おっしゃ!もう食うでっ!ん〜、でもなあ、ま、えっか〜」

ゴールが見え、肩の力も少々和らいだこの時、目の前に出した宴最終章の「スイーツ」こそが複雑な想いであり、そして縁でもある。

兵庫県が誇る神戸洋菓子店の老舗、「ケーニヒスクローネ」。このショッパーズバックにプリントされているのは三宮NEXT店で、2013年1月末日で閉店。その後跡地に2013年12月17日、「ホテルケーニヒスクローネ」をオープンさせた。

「わざわざ高知に来て今回チョイスしたんが神戸のケーニヒスって...まあコレも高価やし普段食えんけどさ.....」

少々複雑な想いであり、近しい人々からのツッコミが入るのを恐れた彼だったが、この日最終メニューに到達した達成感はあった。

「わ〜!神戸?とかゆっとったけど、そんなんいいながら初やねん〜!」

実は、はりまや橋から近く、高知大丸地下食料品売り場で調達した一品。要冷蔵の類が販売されているテナントがほぼ無く、宴の際にどうしても頂きたかった「ケーキ」をとチョイスしたのがこの「ティラミスカップ」。600円以上する高価なものだったが、その分心の高揚は隠せない。

「う、う、うんま〜!!」

「このしっとりしたみずみずしい感覚が堪らんなあ」

と、この日最終メニューの深夜に差し掛かる時に頂く罪悪感、それに勝る喜びが彼を包み、いよいよ執筆も終了、記事アップを終えた。(その当時の記事は2020年2月7日、長崎・佐賀・熊本遠征の2日目、神秘を感じさせた、「5発目、2日目起床、そして「神なる地へ」。しかし... その7 Column0324」でした(あわせてご覧頂けますと嬉しく思います笑))

「間違い無く肥えるなコレ、でもまあええか!うんま〜」

実は禁酒をしていた反動から(現在は解禁が続いている笑)、2017年12月下旬に大量の酒類と共に「食したいものを食す」と始まったのが「遠征宴」であり、それが形を変え「少量でも満足感を感じられる」スイーツへと移行し。

今では「遠征の定番メニュー」となっているが、今後は「ちょ、今後は考えなアカンなあ」と思っているのは当の「ものグラム」本人である(笑)。

しかし、この時知る由も無いご縁があった。

それは「ケーニヒスクローネ」。その名の意味はドイツ語で「勝利の王冠」だった。

その後無事記事を上げ、体力の限界を迎えたこの日最後。

「もうアカン〜。明日はちょいはやいで〜、明日こそは3軒しっかり行って帰るで〜!っしゃ〜!」

気絶寸前で一枚を撮り、即明日の為の体力回復へと意識が薄らぐのであった。

次回はいよいよ2日目へ。

あれ?意外とライト?(自分の事は一番よくわからない笑)でしたが、高知遠征1日目もやっとの事で終了しました(笑)。

しかし2日目は1日目とは全く違う旅路が待っていました。それどんなの?は次回からまた続け進めて参りますのでお楽しみに宜しくお願い致します。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事