スポンサーリンク

どうもっ!ものグラムです。

今回は長崎・佐賀・熊本遠征もいよいよ佳境、その9をお送り致します。

阿蘇山の上から少し下るだけで一瞬にして世界観が変わり、そこからは雨模様の中、なんとか1軒目オープンの時間帯に間に合い熊本駅周辺エリアに到着、1軒目の「崎陽軒」での実食が終了し、いよいよあと2軒、そして復路も本格化します。

では!あと2軒どこ行ってん?何食ってん?ちゃんと帰れたんかいな?見て参りましょう、宜しくお願い致します!

前回までの流れ。

2020年2月6日。

早朝6時の電車に乗り、神戸空港から長崎空港に着いたのは10時半。初の地である長崎に向かいフライトする時間は不安と期待が入り混じる「ワクワクドキドキタイム」。実は3年間の「厄明け」自体が何よりも嬉しく、今回の遠征は何かある、そう確信もしていた。

無事長崎に着き、空港到着ゲートを出た瞬間の喜びは半端無かったが、実は到着が約10分程遅れており、レンタカー予約の時間が過ぎ遅刻している事が判明、空港施設内を堪能する事など全く出来ず空港を後にいよいよ車にて先を急いだ。

その後、誘われるかの様に吸い寄せられた道の駅「彼杵(そのぎ)の荘」にて新たな家庭用麺と出会う。今回は仕入れを極力しない程ではあったものの、即ゲットしてしまう。

そこから約40分程の道のりを経て、いよいよ到着したのが1軒目、今回はラーメン店をチョイス、「らーめんMARU龍」に到着、ひとときの時間を一口一口しっかり味わい脳裏に焼き付けた。

まだまだ序盤ではあるながらも13時を過ぎ、実食を考えるとかなりスローペースであり、この日夜の体調が若干心配だったが、後2軒の実食を楽しみに進めた。

そして本来マークしていた店舗までかなり遠く、2軒目で15〜16時の到着予定。正直胃袋加減の不安は大きかったが、その移動中、パッと目に入った看板こそが以前カップ麺を食した際に誓いを立てた、「この店舗はいつか絶対に行かせてもらう」をスルー。

速数百メートル先のコンビニ駐車場に停車し、それを調べた所、まさにその本店である事が判明、0コンマ数秒でそれを認識出来た事に対し「よ〜やった!わい」と思いながらUターンをし、思いもしない訪問、実食が出来たのは「縁(えにし)」だと喜んだ。

2軒目実食終了は14時半。3軒目としてメニューに組んでいた此処からの距離は約60km。一般道を利用する為なかなか進まず約50kmの道のりを約1時間半近く走らせたその時、見覚えのある光景が目に入る。

しかしそれはオンライン上の写真で見た光景であり、その記憶を辿り検索するととんでもない出会いだという事が理解出来、当初3軒目としてメニューに組み込んでいた佐賀(久留米)の名店、「丸幸ラーメンセンター」はまたしても宿題店のまま、今回は縁が無かった。

その反面、16:10に到着した店舗はまさか今回縁(えにし)があるとは全く思っていなかった、昔懐かしい幻の久留米のラーメンを味わえると言われる「大久ラーメン 鳥栖店」。

しかしあっという間にその一杯が提供され、実食タイムはあっという間、たった20分間のひと時であった。

1日目の実食メニュー全てが終了し、いよいよホテルチェックインに向かうが、実はまだまだ先が長い再スタート。

今迄の工程の倍である距離を走った先が今回宿泊するホテル。実は熊本県阿蘇市にある阿蘇山の麓にある「阿蘇グランヴィリオホテル」が最終ゴールだが、倍の時間を掛ける事は出来ず高速道にて一気に進む。

しかし、最終後10数kmの地点でカーナビが頑なに誘うのは600m先の崖っぷちにある通行止めの道路。此処からかなりの時間を要した最終はスマホの「Google先生」の支持を得、なんとか山中にある暗闇の中灯りがともるホテルへ到着した。

到着後、「我が人生初」と、ものグラム自らの意思で着替えたのは「作務衣」。そしてその先向かったのはなんと「温泉」。今迄自らの意思で浴衣・作務衣に着替え、そして温泉に向かったのは初めての事。その意思は固く、その理由は満身創痍からの「超回復」を望むものだった。

少々の宴をし、満腹ながらも明日に備えるべく早めの眠りに就いた。

翌日。8時出発になんとか間に合う様準備し、ぎりぎりその時間に間に合いチェックアウト。だったが、この時に限りチェックアウトは11時、朝食ビュッフェも標準装備。後ろ髪を引かれる思いだったのも「欲深ものグラム」だが、今回設けたこの時間が全く猶予が無いぎりぎりのライン。

そして、阿蘇の大自然、「阿蘇山の神」に一目でも出会えたらと思いその山道を車にて進むと、出発時に降り出していた雪が一気に積もる、「別次元」の世界が待ち、ひとつスリップすると間違いなく事故に繋がるだろう、ノースタッドレスで「緊張感マックスものグラム」は顔がむくむくの真剣モード(笑)。

到着時には本来思っていた光景とは真逆と言っていい、見通しが悪くほぼ何も見えないもの。しかしその代わりに授けられたと感じ止まなかったのは「白銀の世界」。

その光景もずっと味わう事が出来ず、先を急ぐ。いよいよ最終日の実食に向け移動。

まず1軒目にターゲットしたのはJR熊本駅近くのエリア。10:30のオープンになんとか間に合い到着したのは地元民に愛される店舗、「崎陽軒」。古い建物ではあるが風情があり、「雨降っとる?」から実食中も話がはずむ、温かい空間を感じ、そしてその味わい共に癒された、たった13分、「ひと時の幸せ」を感じる事が出来た。

此処からあと2軒、実はこの段階では焦りはまだそこまで無かった。

「次っ!2軒まとめて実食みたいな感じやけど...外せんっ!!」

約半世紀の間、地元民に親しまれ現在も現役の「崎陽軒」。この中は店主、女将の温かさに包まれる中シンプルながら非常に奥の深い一杯「熊本ラーメン」が頂けた。

「美味しかったです!ご馳走様でした!」

「ありがとう、気付けていってらっしゃい」

最後に軽く会話を交わし、気分が高揚しながら。

いよいよ次の2軒目に向かう、が、しかし。

「ってかもうご近所さん過ぎるやん。でもこっちもやはり外せん、ちょうどタイムリーやし前から行きたくてしゃーなかったし、いよいよそれが目の前にあるのん、なんか不思議な感覚やなあ。」

実は1軒目の「崎陽軒」から数十メートル先にある店舗が今回訪問の2軒目。しかしこのまま「崎陽軒」の駐車場を利用する事は出来ず、次の店舗の駐車場へ1分以内に移動。この日は平日というのもあり空きがあったが、土日や観光オンシーズンでは行列の出来る、実は観光スポットとしても人気の店舗でもあった。

「おぅ〜しっ!でもこんな路地に近い狭いとこにあるとは全く思わんかったなあ」

2軒目としてターゲットしていたのは「熊本ラーメン 黒亭 総本店」。この時、タイムリーにファミマ限定の同店監修の家庭用カップ麺が商品化されていた。

その店舗は熊本のラーメンシーンでは外す事が出来ないと言って過言では無い「熊本ラーメン 黒亭 総本店」。1957年(昭和32年)に創業、現在は3代目の女性女将が運営する60年以上の歴史がある店舗。

一方、家庭用麺としての「お土産ラーメン」も自社にて事業化し、全国へと流通され、そして20年1月21日にはファミマ(ファミリーマート)限定流通(数量限定)として全国区で販売され記憶に新しくもあった。

「いや、ほんま堪らんなあ」

「行くと言ったら行く!やけど、でもこんなにスムーズに来れたんはめっちゃビックリやねん、実は。」

「有言実行がモットー」と、力強い公言をしてしまった「ものグラム」だが、実は内心はビビっているのは此処で明かし(笑)、実際に来れた際はいちいち喜んでいるのである(笑)。

「お、おっさ〜、は、はいるで〜!」

と、勢いつけ入店すると、意外とまだ席に空きがあった。しかし、この後一気に席が埋まりだんだん賑やかになる。

そしていよいよ目の前に現れた一杯がやって来た。

「おお〜っ!」

今回オーダーしたのは「玉子好き」だった初代女将、平林絹子氏が考案した「玉子入ラーメン」。卵黄2個か半熟味玉1個からチョイス出来る。

今回オーダーしたのはデフォである「ラーメン」では無く、初代女将が好きだった「玉子」からメニューに加えられた一杯、「玉子入ラーメン」。店舗オススメの一杯でもあり、熊本系豚骨に玉子の味わいが非常に気になった為である。

「豚骨はさらっとやけど、やっぱ揚げにんにくの香ばしさとビター感はうまいなあ」

熊本ラーメンと言えば「黒マー油」の印象が強いが、実はこの一杯にも黒マー油は入っていない。「揚げにんにく」のチップが入る香ばしさが熊本ラーメンの味わいなのか?まだまだ実食体験は3店舗目で浅いが、家庭用麺商品化の際に出て来る「黒マー油」の存在は無い。

麺は中太の低加水、意外と「わっさり」とした伸びにくい麺で弾力はそれ程強く無くライトな感覚で頂けたが、箸の滑りが尋常で無かった為、麺リフトの見た目が良く無いのは申し訳なく思う(笑)。

今回は写真割愛だが(実食記事にて後日しっかりご紹介させて頂きますので宜しくお願い致します)、「黒マー油」は自社製で好みで配合出来、それを足した味わいは本当に美味しく、玉子、「卵黄」の濃度は非常に高いものであり、その味わい方も独自ながら頷ける美味しさで満足だった。

「ああ〜、やっぱうまかったなあ。崎陽軒と黒亭、店舗としての道は全くちゃうけど、やっぱりどちらも今後も頑張って営業続けて欲しいなあ」

今回ご縁のあった2店舗は実に対照的なものだったが、そのどちらも「美味しい」のは間違い無い。一方は昔ながらの「味のある」全て1から仕上げられた温かみがあり、もう一方は「セントラルキッチン方式」(工場を構え大きな規模で安定した味わいを製造出来る)にて現代のニーズに応えるが、そのどちらもに対しても「現代に通ずる美味しさ」があるのは間違い無かった。

2軒目の実食も約17分(店内に入り実食終了まで)と僅かだったが、満足度は非常に高い実食となった。

スポンサーリンク

あれ?

はい〜、「あれっ?」と、意外と語ってしまい全く進まずの1軒の実食で終了してしまいました(笑)。

では!

実は今回でゴール!と思っていましたがまだかなり先(笑)。次回に続きますので宜しくお願い致します!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事