スポンサーリンク

どうもっ!ものグラムです。

今回はいよいよ長崎・佐賀・熊本遠征ラスト、その10をお送り致します。

今回もやはり10回にもなる長きの遠征記事でしたが、残す所あと1軒の実食と復路のみ。しかし徐々に時間に余裕が無くなり、ある失態を犯してしまいます。

では!どないしてん?どこ言って何食ってん?間に合うたんか?見て参りましょう!宜しくお願い致します!!

前回までの流れ。

2020年2月6日。

早朝6時の電車に乗り、神戸空港から長崎空港に着いたのは10時半。初の地である長崎に向かいフライトする時間は不安と期待が入り混じる「ワクワクドキドキタイム」。実は3年間の「厄明け」自体が何よりも嬉しく、今回の遠征は何かある、そう確信もしていた。

無事長崎に着き、空港到着ゲートを出た瞬間の喜びは半端無かったが、実は到着が約10分程遅れており、レンタカー予約の時間が過ぎ遅刻している事が判明、空港施設内を堪能する事など全く出来ず空港を後にいよいよ車にて先を急いだ。

その後、誘われるかの様に吸い寄せられた道の駅「彼杵(そのぎ)の荘」にて新たな家庭用麺と出会う。今回は仕入れを極力しない程ではあったものの、即ゲットしてしまう。

そこから約40分程の道のりを経て、いよいよ到着したのが1軒目、今回はラーメン店をチョイス、「らーめんMARU龍」に到着。ひとときの時間を一口一口しっかり味わい脳裏に焼き付けた。

まだまだ序盤ではあるながらも13時が過ぎ、3軒の実食を考えるとかなりスローペースであり、この日夜の体調が若干心配だったが、後2軒の実食を楽しみに進めた。

そして本来マークしていた店舗までかなり遠く、2軒目で15〜16時の到着予定。正直胃袋加減の不安は大きかったが、その移動中、パッと目に入った看板こそが以前カップ麺を食した際に誓いを立てた、「この店舗はいつか絶対に行かせてもらう」だったのをスルー。

速数百メートル先のコンビニ駐車場に停車し、それを調べた所、まさにその本店である事が判明、0コンマ数秒でそれを認識出来た事に対し「よ〜やった!わい」と思いながらUターンをし、思いもしない訪問、実食が出来たのは「縁(えにし)」だと喜んだ。

2軒目実食終了は14時半。3軒目としてメニューに組んでいた店舗迄の距離は約60km。一般道を利用する為なかなか進まず約50kmの道のりを約1時間半近く走らせたその時、見覚えのある光景が目に入る。

しかしそれはオンライン上の写真で見た光景であり、その記憶を辿り検索するととんでもない出会いだという事が理解出来た。

当初3軒目としてメニューに組み込んでいた佐賀(久留米)の名店、「丸幸ラーメンセンター」はまたしても宿題店のまま、今回は縁が無く終わる。

その反面、16:10に到着した店舗はまさか今回縁(えにし)があるとは全く思っていなかった、昔懐かしい幻の久留米ラーメンを味わえると言われる「大久ラーメン 鳥栖店」。

しかしあっという間にその一杯が提供され、実食タイムも一瞬。たった20分間のひと時であった。

1日目の実食メニュー全てが終了し、いよいよホテルチェックインに向かうが、実はまだまだ先が長い再スタート。

今迄の工程の倍である距離を走った先が今回宿泊するホテル。実は熊本県阿蘇市にある阿蘇山の麓にある「阿蘇グランヴィリオホテル」が最終ゴールだが、倍の時間を掛ける事は出来ず高速道にて一気に進む。

しかし、最終後十数kmの地点でカーナビが頑なに誘うのは600m先の崖っぷちにある通行止めの道路。

此処からかなりの時間を要した最終はスマホの「Google先生」の指示を得、なんとか山中にある暗闇の中灯りがともるホテルへ到着した。

到着後、「我が人生初」と、ものグラム自らの意思で着替えたのは「作務衣」。そしてその先向かったのはなんと「温泉」。今迄自らの意思で浴衣・作務衣に着替え、そして温泉に向かったのは初めての事。その意思は固く、その理由は満身創痍からの「超回復」を望むものだった。

少々の宴をし、満腹ながらも明日に備えるべく早めの眠りに就いた。

翌日、2月7日。

8時出発になんとか間に合う様準備し、ぎりぎり間に合いチェックアウト。しかし、この時に限りチェックアウトは11時、朝食ビュッフェも標準装備。

後ろ髪を引かれる思いだった「欲深ものグラム」だが、今回設けたこの時間は実は全く猶予の無いぎりぎりのラインだった。

阿蘇の大自然、「阿蘇山の神」に一目でも出会えたらと思いその山道を車にて進むと、出発時に降り出していた雪が一気に積もる、「別次元」の世界が待ち、ひとつスリップすると間違いなく事故に繋がるだろう、ノースタッドレスの「緊張感マックスものグラム」は顔がむくむくの真剣モード(笑)。

到着時には本来思っていた光景とは真逆と言っていい、見通しが悪くほぼ何も見えないもの。しかしその代わりに授けられたと感じ止まなかったのは「白銀の世界」。

その光景を味わう事が出来るのもたった数分。先を急ぎ、いよいよ最終日の実食に向け移動。

まず1軒目にターゲットしたのはJR熊本駅近くのエリア。10:30のオープンになんとか間に合い到着したのは地元民に愛される店舗、「崎陽軒」。

古い建物ではあるが風情があり、「雨降っとる?」から実食中も話がはずむ温かい空間を感じ、そしてその味わい共に癒されたのはたった13分。「ひと時の幸せ」を感じる事が出来た。

次の1軒を目指す、が。実は1軒目の「崎陽軒」から既に見えている、数十メートル先が実食ターゲット2軒目。駐車場の移動を済ませ即到着したのは熊本ラーメンと言えば筆頭に来る店舗、「熊本ラーメン 黒亭 総本店」。

非常にメジャーな店舗であり、たまたま偶然にして必然だろうか、ファミマ限定にてカップ麺として商品化もされたばかり。

実際に頂きその美味しさをしっかり確認し、入店から店を後にするまでの時間は約17分。しっかり脳裏に焼き付けながら先を急いだ。

この時11:15。かなりのハイペースで順調に実食メニューが終了し、少々の心の余裕が生まれた。しかし...。

3軒目なぁ、ちょい今回はご縁無かったかなぁ...おっしゃ!」

「熊本ラーメン 黒亭 総本店」の店舗外に貼られているメニュー。それを収め満足の実食終了となる。

2軒目の「熊本ラーメン 黒亭 総本店」の実食を終えた11:15。時間に余裕が生まれそれなりにテンションも上がる「ものグラム」。

しかし、天候は悪く、かなりざざ降りの雨模様が行く手を阻む。

「うぅ〜、こっから近くのもう1軒の実食で今日は熊本駅周辺エリアのみにしよかな〜おもたけど、こら無理やなあ。」

本来のターゲットにしていた3軒目は実は数百メートル先にある店舗だったが、コインパーキングを探し駐めたとしても、そこからの移動距離は出来れば数十メートルにしたいと思う程で、傘無しの身にはリスクが大きかった。

「天気も時の運やな、今回はご縁がなかったとしよか、また次回の楽しみにも出来るし。おっしゃ!帰りながらあと1軒行くとしょ〜っ!」

この段階で先にお伝えしておこう、復路のフライトは長崎空港発17:20。レンタカーの返却は出来れば16時には完了し、空港内で余裕を持ち行動したい。

一方、このJR熊本駅周辺エリアである2軒目実食の「熊本ラーメン 黒亭 総本店」からは約200km弱の道のりが待っている。単純に下道ベース、休憩無しで50km/hで進んだとしても4時間は掛かるが、残す1軒の実食を考えるととても一般道、下道で帰るのは困難な事が理解出来た。

「また3千かかるんかぁ、ちょい誤算やったなあ、往復6千円はめっちゃ痛いなあ....まあしゃあない、急ぐでっ!」

と、取り敢えず長崎空港を目的地とし高速道経由のルートを設定、熊本駅周辺から北に移動を開始した。

スポンサーリンク

「うわ、ぜんっぜん進まんやん!」

高速道の入口迄はまだ20km近くあり、その間を進むが大渋滞。時速40kmどころか少し進んでは止まりを繰り返す。

その間1分、2分が直ぐに流れる様に経過していく。焦る(笑)。

「ちょっ、普通に快適に流れるんかコレ?」

余裕である貯金が少しづつ削られる思いだった。

「んで、でもっ、焦ったらアカンで〜、焦ってろくな事ないからな、わっとか〜わい?事故ったら速攻ゲームオーバーや、火ついたらアカン〜、どぅどぅ〜。」

自ら奥の自分自身へ投げかけ、なんとか冷静を保ち進む(笑)。

そうして進む事約15km、パッと目に入る店舗があった。

「わっ!コレ!なんかめっちゃ気になる!(停車時にスマホで速攻調べ)おっしゃもうここやっ!」

と、車が動き出した瞬間にその店舗駐車場へと入った。今回のご縁だと感じ止まなかった店舗。

今回の熊本遠征に於いて全くノーマークだった意外なご縁だったのが「中国料理 まるみ」。

高速道入り口間近で見つける事が出来た、今回の遠征6軒中、流れ、運から縁を頂いた到着は実は3軒目。今回ご縁のある店舗だったのは地元で愛され約45年の歴史を持つ「中国料理 まるみ」だった。

一見古き良き「ファミリーレストラン」の様な外観であり、小さい頃の良き思い出が湧いて来る様な感覚を憶え、吸い込まれる様に入店した。

2軒目実食の「熊本ラーメン 黒亭 総本店」から3軒目の「中国料理 まるみ」迄の地図。

到着は12:17、たった約15kmの道のりに掛かった時間は約1時間。しかしまだ火を付けず、焦らず動けた(笑)。

「おっしゃ!ココで頂いときたいのは中華やろ、熊本でもちゃんぽんやねんな、おっしゃ!楽しみ!」

そしてオーダーを済ませ目の前にいよいよ着丼した。

「おお〜っ!」

今回の「中国料理 まるみ」の人気メニューが実は麺である「ちゃんぽん」。九州ではやはり長崎発でかなり広い範囲にこの味わい「ちゃんぽん」が普及しているのが実感として感じられ、地元で愛されているのが理解出来た。

「あっ!炒めたなんともいえん香ばしい風味!うま〜っ!」

と、具材を炒め封じ込められた風味がスープに溶け出した、なんとも言えない口の中から鼻腔を抜けて行く広がり。

「野菜からの優しい甘味が豚骨クリーミーなスープに馴染んで、んでシャキシャキとした野菜の旨さはキングやな...」

と、今となっては全国区で知られる「ちゃんぽん」だが、熊本遠征で頂く事になるとは夢にも思っていない「一期一会」だった。

「嗚呼。美味かった〜。けど8割やな、ちょいくるし〜。おっしゃ!あとは帰るのみや!ん?ちょいヤバない?」

3軒目である「中国料理 まるみ」の実食滞在タイムは約22分だったが、しかしもう12:39。13時が近づき残す猶予は3時間と少し。

順調に高速道を利用した到着予定は此処から約2時間、15時とまだ余裕がある様にも思える。しかし距離にするとまだ160km以上はあり、油断は全く出来ない状態だった。

いよいよ高速道入口、安堵から「あっ、えっ?ええ〜〜〜〜!!」

3軒目実食の「中国料理 まるみ」から、約5km圏内の高速道入口に一歩一歩近付く。しかし渋滞は全く緩和されておらずとろとろと進み、次第に余裕の無さを感じ始めた。

「あ、や!焦ったアカンて!わい!落ち着け!」

そう思いながらも身体は素直に反応し、動きは次第に大らかなものから小さく小刻みになる。

「ふんふんふ〜ん、あ、アカンてわい!めっちゃぶるぶるやんか!」

と、「ものグラム」内の格闘が始まった(笑)。

しかし、ようやくやって来た高速道の入口。

「よっしゃ!コレでやっと安心して帰れる!やった〜!」

と思いながら、料金所先の分岐点まで来たが、やはり余裕は皆無となっていただろう。

「あっ?コッチか、ん?えっ?ちょっ!ちゃうやんっ!ま、まちごうた〜!」

1/2の分岐を誤ってしまう。余裕があれば実際にある標識とカーナビの示す方向は一瞬にして判断出来るが、それが出来ない程重症なのがこの時理解出来た。

熊本市街の「振り出し」から再スタート。

「んま、マジっすか....?」

本来の帰路を逆走し、次の出口は2軒目実食の「熊本ラーメン 黒亭 総本店」直ぐ近くの正に「振り出し」。

その約20kmの道のりを高速で走る気持ち程複雑なものは無く、しかしそれを含め「前進」とするしか方法は無かった。

「ん〜、もうっ!わいのばかばか〜あほあほ〜!逆になんでこんな物語としてドラマチックにさせんねやろか?」

無理矢理ドラマチックに仕立てるべく逆走した訳では無い、ナチュラルにしてしまうのも「ものグラム」なのである(笑)。

「おいっ!笑い事ちゃうねん!時間ないねんって!」

そうして約15分のロスタイムを経て、もう一度リスタートとなった。

1分こそが勝負。

実は時間に余裕が無いとは言いながら、熊本から佐賀の途中までを高速道利用、そこからは一般道で帰る事が出来るだろうと、実は佐賀県内で一旦高速道を降り、その道を進めた。

「おおっ!やっぱ佐賀のラーメン店、めっちゃ自然に佇んどうけど、どれもこれも気になるなあ、今後何度でも来させてもろて味わいたいなぁ、佐賀はコアやなあ」

と、若干余裕がある様に思わせ、「ものグラム」自身もその様に思っていた、が。

「あれっ?やっぱ40km/h以上出えへんやん....」

そののどかな風景にリンクしたゆったりとした時間、空間を感じそれを考える。と。

「ちょっ!このペースやと絶対帰られへんやん!?」

と気付く(笑)。

そこから急遽、最後の頼みの綱である「高速道」をナビセット。そして最後の工程へと車を走らせたが、この段階では全く安堵出来る状態では無かった。14:21、残り約78km。

そしていよいよ最終の高速道入口。今度こそ逆走は許されない。「ゆうよ→よゆう」同じ平仮名の文字列の「よ」(予(よ:あらかじめ)(余:あまり))が無くなった最後の選択肢こそが最大であったとは思いもよらぬものだったが、なんとか間違う事無く進み、その瞬間。

「あ”あ”〜、やばがっだ〜」

実はその「よ」があれば何という事無く進めるもの、だったのだが、それが出来ず不安になるのが「ものグラム」。この後見返すと非常に良い経験として納める事が出来る、「全く大した事の無い出来事」だった(笑)。

「足になってくれてありやとやで〜!また会えるかな?」

長崎空港内にある、今回レンタルさせて頂いた返却場所に車を返した一枚。中央右手にあるのが今回約500kmを共にした車。非常に安定しサポートも充実した「超優秀」だった。

そうして、なんとか最後の高速道にて無事帰還したのが16:05。

結果としては「オーライ」ではあったが、非常にスリリングな帰路だったのは今迄の遠征では第1位だったと言えるだろう(笑)。

「また長崎来た時、おまいに会えたらええなあ、ほんまにありがとやったで〜。スリリングで楽しかったん、またしよな〜」

調子に乗りながらその意を投げかけた。

「帰るまでが遠征ですよ」。

取り敢えず空港についた時点での安堵感は半端無く、この段階で少々脱力感が襲うが、まだ長崎空港であり、家には程遠い道のり。

約1日半前、ゲートを越え魅了されたこの展示物に再び帰って来ると。

「あ”っ、え?長崎のランタンフェスティバルって今やったん?長崎だけの遠征にしとったらそれ観れたんかえ?えぇ〜まぢか〜」

とは思いながらも、今回どうあがいても今回の道が待っていただろう、実は長崎・佐賀・熊本遠征と言えど、今回は長崎色が非常に薄い「欲張りものグラム」はその先の佐賀、熊本、そして阿蘇山に向かったのが答えだった。

「まあ、帰る事出来るけどさ、今回ホンマに本気で時間的にヤバかった....焦ったらアカンし、欲張ったらアカン、やったけどさ、それがあってあの神秘の阿蘇が応えてくれた様な気もするし...。でもまあ、帰れる!!おっしゃ〜!!」

最後のフライトを待つ時間は16:51。結果として最後は余裕があったが、その道のりは非常にタイトで不安なものだった。歴代1位の超タイトスケジュールな遠征だった。

実は時間との葛藤は半端無くあったものの、最後のフライト迄はまた、「余裕」が生まれたものだった。

「だ、だだいば〜」

「あ”〜、じんど〜。」

そう思いながら、帰宅の安堵感は半端無く無事帰宅は20:07。遠征帰宅時刻としては早いものだったが昨日に引き続き満身創痍。しかし無事に帰る事が出来る一瞬も実は幸せに感じているのかもしれない。

そしてひと段落し、最後、自分用プチ土産お披露目の瞬間。

「いやぁ、コレ実は手に入れてへんかってんよなあ、やった〜!」

それこそが「金蝶ソース(ウスター)」。地元長崎の長工醤油味噌共同組合の一品。昭和16年に発売されたこの一品は長崎の中華料理店と試行錯誤し作り上げられたもので、「皿うどん」にとって必須のアイテム。

「いやあ、コレ、手に入れられてめっちゃ満足やあ。」

だったが、。

実は今回の長崎・佐賀・熊本遠征に於いて、長崎(ラーメン(1))、佐賀(ラーメン(1)、ちゃんぽん(1))、熊本(ラーメン(2)、ちゃんぽん(1))。

「んへ?長崎でラーメン、佐賀と熊本でちゃんぽん1と1?んで金蝶ソース?ば、ばらっばらやしなんで佐賀熊本でちゃんぽん?」

その結果こそが「ものグラム」だろう、今回のそれぞれのご縁はやはり自分自身でも予測出来ない、毎度感じるその時限りの誘い、導きを感じる実食であり、この「金蝶ソース」は道中の心境の現れだっただろうか?などと申し締め括らせて頂くのであった(笑)。

ありがとうございました!

はい〜、なんとか今回の初九州地区長崎・佐賀・熊本遠征でしたが、実際にプランを立ててみるものの思いもせぬ事態ばかりで、復路の焦りは半端なかったです(笑)。

でも、そんな「ちょっと大変」な心境に立たせる時に今までの体験が活きた経験もさせて頂き、何事も実際に動かねば得られる物事は無いのも確信出来ました。

今回、10話に渡り、ぐだぐだと進めて参りましたが、最後まで読み進めて下さり本当にありがとうございました。

懲りずにこの先もまだまだ参りますので、今後も何卒宜しくお願い申し上げます。

追記

実は2020年2月24日に今回の「長崎・佐賀・熊本」遠征を書き終えアップ完了しましたが、その次の日、2月25日の朝、本来はチルドの焼そばを頂こうとメニューに組み込んでいましたが、急遽、どうしてもいたたまれない衝動に駆られ実食したのが「日清のどん兵衛 年明けうどん(19年冬季 株主優待 非売品)」。

2020年の2月、旧正月である節分から立春を迎え頂いたのが同シリーズの「日清のどん兵衛 年越し天ぷらそば(19年冬季 株主優待 非売品)でしたが、「どうしても年越しから年明けせなアカン!」と急遽思ったのが理由で(笑)、なんとか実食。

そして出勤途中、とあるミラー越しに自分の足元を見た所、異変に気付き靴を見ると。

なんと「スニーカーの紐」が切れていました。人生初の事態。

その時ふとあたまによぎったのは「鼻緒が切れる」で、すかさず調べてみました。

すると。

本来は不吉で凶の予兆だと言われているそうですが、実はそれだけの解釈はおかしいと出て来た文面にさらに驚かされました。

「鼻緒が切れた時は厄が落ちた時と解釈するのが良いでしょう」

その一節に超びっくり。

この長崎・佐賀・熊本遠征の記事アップ終了後直ぐのタイミングで人生初のスニーカーの紐が切れ、それをパッと「鼻緒が切れる」と解釈し調べ、「厄が落ちた」のワード。3年間の前厄・本厄・後厄の期間が明けた後の「年明けうどん」実食後直ぐ。

その「年明けうどん」をいたたまれず実食したのが、その「厄明け遠征」1発目の全ての記事アップ終了後。

「ま、ま、まぢかえ〜。ん、でも、今日靴、大出費やねんけど......」

こんな変な符号があるのも「ものグラム」のラーメン旅路なんです。って、ホンマに驚きました。

改め、「帰るまでが遠征ですよ」から、「帰ってから記事を書き終わるまでが遠征ですよ!」と、今迄の意識はまだ薄かった、発信者はもっと責任感を持てとも注意される様でもあり、「はいっ、ごもっともです、すませんでした!」と、今後はそれらも踏まえ一歩一歩進んで行きたいと思いました。

実は実話です。証拠写真はコチラ。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事