スポンサーリンク

どうもっ!こんばんは、ものグラムです。

本日も今ライブでぱちゃぱちゃしております、岡山の昨日と同じ某ホテルからです(笑)。

本日は最近の遠征の中ではかなりライトでゆったりとしたもので、体力はかなり回復。しかしやるべきメニューはしっかりこなしたのでなかなか充実感がありました。

では!本日のメニューは?早速振り返ってみましょう。よろしくお願い致します!

バリバリ睡眠、出発も超遅い「体力回復」の朝。

昨晩は寝つきが悪かったものの、途中からはすぅと眠れ、気がつくとカーテン越しには光が差し込んでいました。

この時、本日2019年10月2日、6:26。

雨が降り出しそうな雲の厚さを感じさせましたが、天気予報を見ると(少しは賢くなった笑)、本日は雨の心配はなさそう。しかし晴天では無いのが少々残念(晴天の中撮影したい為笑)。

此処からだらだら2度寝、3度寝、その境界線とは何?と思いながら時間が過ぎ(笑)、気が付けばもう10時を回りました。

我がライフログウォッチコンピューター(わかりやすく言うとスマートウォッチ笑)算出の睡眠時間は8時間を超えていましたが、実際には6時間眠れたかな?と言う印象。まあ十二分であります(笑)。

元気そうにポージングしてみたものの、「なんかねむいなあ」と思いながら10:40。朝から昼へ突入せんとばかりの時間に全て整いいざ出発です。いつもを思うとかなり遅い出発です。

岡山駅東側は近代的な建物が並ぶ一方、下町の風情が残る部分も多々あり、かなり味のある場所で個人的には大ファン。久々に通るこの光景も堪りませんが、全国あちらこちらを行き来する中で慣れてはいけないと思いながら進みました。

「慣れは狎れ」とも言われ、今の道の原点、初心を忘れてはならないと思いながらもそうなってしまうのは経験を積み当たり前になるからこそ。ですので「当たり前ではないで!今回もっ!」と思い歩きました。

すると。

「これよこれっ!ひさびさ〜!」

慣れると、コレをスルーしてしまいますが、今回はしっかり「久々やったなあ!げ、元気やったかあ?あ、わい?ちょ、ちょい忙しくてやな.....」と意を投げました(笑)。

岡山でしか見る事の出来ないマンホールの蓋。ありとあらゆる所にその土地でしか感じられないものがあるのだと改めて感じさせた初心、原点を思い出させた所から幸先良くスタートです(ながいながい笑)。

そしてこの先直ぐに1軒目へ到着。

本日の1軒目は「麺処 ぐり虎(ぐりこ)」。岡山のラーメンシーンは外す事が出来ない注目の場所で、もともと激戦区だったものの、さらに新興勢の出店によりより活性化される場所でもあります。

11時オープンとありましたが、本日は準備が押していたのか約30分待ち、11:30にいよいよオープン。

この店舗の推しである「鶏塩ラーメン」を頂きました。見た目から十分にその美味しさが伝わると思いますが、膨よかさとクリアな美味しさが共存するバランスには驚きました。

そして。

あの「ラーメン女子博」にも出店されるそうで、いよいよ明日10月3日から大阪にて開催されます。あのラーメン女子代表の森本聡子さんの色紙と共に告知のポスター、ぜひ岡山にお住まいの方も足を運んで欲しいと思う次第です。

1軒目実食終了は11:57。本日2軒目へと...と思うんですが。

今度は新興勢では無く、今までこの地で愛されて来た老舗勢も押さえたいと思っていたものの、1軒目の「麺処 ぐり虎」到着間際に見えたのが「定休日」の看板(またかいな笑)。

慌ててスマホ地図を見ると、やはり定休日(笑)。この辺りのチェックの甘さはノンアップデートものグラムですが(笑)、取り敢えず写真には納めました。また次の機会に。その店舗は「だてそば」でした。

そこで。

「ど、どないしょかな〜、新興勢攻めもええんやけど〜、やっぱ老舗も1軒は行きたい.....、あっ、岡山といえばの、前行ったしなあ、あっ!でもブログ引越し後には行ってないないっ!」

と、少々、いや、かなり迷った挙げ句(笑)、岡山といえばの定番でもある、しかし絶対に外す事の出来ない店舗は直ぐ。行列具合を確かめる様に同じ道を北上しました。

すると。

「わっ!今日は並びなし?ええ〜っ?」

と、今回2軒目にチョイスさせて頂いたのは「食堂 やまと」。

1度来店させて頂き既に記事にもさせて頂きましたが、やはりあの味わいはもう一度、いや、二度三度来させて頂きたい程で、「だてそば行けんかったけど、久々うれしい〜」と、本当に久々の訪問に嬉しく、更に行列が出来ていなかったのも正直嬉しかったです(笑)。前回は17年11月9日に訪問実食で約2年ぶりでした。

しかし店内に入るとやはり満席で直ぐに外待ちが出来ていました。

「今日はどないしよ、め、めっちゃまようやん....」

と、オーダーしたのはコチラ。

前回は、岡山といえば、そして「食堂 やまと」といえばの「カツ丼」をオーダーしたのを思い出します。岡山のカツ丼といえば「デミカツ丼」。

しかしやはり同じメニューを頼み紹介するのに躊躇し、思いつきでオーダーが「ハヤシライス(小)」。

現代のフォンドボー的な牛推しでは無いトマトの酸味と甘味がある親しみやすい「ハイライ(現地での呼び方)」も美味しかったです。

そしてラーメン(小)。2年ぶりのご対麺(面)を思い出しました。この素朴なルックスから想像も出来無いあの味わい、

一口頂くと、今回も感じたコクしっかりの清湯と白湯の中間を思わせる豚骨の美味しさ。しかし前回でも同じく感じていた魚介の感じ方が変わった....というか、全国各地の味わいを経験したからこそ感じられたかもしれない、この店舗の魚介遣使いの凄さを改めて感じられたのが大きかったです。

現代の魚介の出すアプローチも多彩になりましたが、それに全く引けを取らない厚み、風味、バランスの一体感、香ばしさは半端無いと今回確信出来、この味わいも絶対に他では味わえないものだとも思える(まだまだ経験不足ですが)一杯に「こ、コレよコレ!間違いなかった〜!」と、2軒目実食が終了しました。

2軒目実食終了が12:29。なかなかのハイペースで最後3軒目。

約2年ぶりのこの場所をゆっくり歩きながら本日最後の実食間近まで。

この日最後の実食はこの大きなビル、「ICOTNICOTO(イコットニコット)」。

2018年12月7日に開業されたばかりの新しい商業施設ですが、今まで地元では「ドレミの街」として親しまれて来たビルで、その開業は1978年。約40年愛された施設が現代仕様として再出発されたばかり。

今年19年5月に滞在させて頂いた際はこのエリアに行かなかったのもあり、この変わり様に正直驚きましたが、いざその中に入ると最新のインテリア、設備が感じられ非常にリラックス出来るスペースでした。

実はその中に「ラーメン」があります。それがコチラ。

それが「イコニコラーメンパーク」。1階にあり入ると直ぐ目に付くゾーンにあるのが印象的。

この写真の中央に暖簾があり、それを潜ると一気にラーメンパーク。

12:50、昼時を少し過ぎる手前ですがかなり活気があり、今回要チェック店舗の要チェックの一杯には×印が。

「ええ〜っ!ま、まぢで〜〜。。」

でしたが、直ぐに気持ちシフト(笑)、オーダー。

今回チョイスの店舗はコチラ。

それが「はかたんめん」。

券売機で購入した時点で店側へオーダー通知がされ、食券は引き換え用の少々戸惑う最新システムで「ど、どないしたらええねん?」と戸惑いましたが(笑)、普通に着席して待てばいいと知りリラックス(笑)。

本日最後の一杯はコチラ。

本日頂きたかった「博多鶏白湯らーめん はかたんめん(ぽってり)」は売切れで残念でしたが、今回ご縁があったのは「屋台風鶏ラーメン 元祖鶏長浜(あっさり)」。

さらっとした長浜スタイルですが、それを鶏白湯で見事に演出した一杯にただただ驚かせました。しかし鶏のだしはしっかり健在でにんにくもそれなりに効いた美味しさはライトながら深い美味しさでした。

そこにもあった、「とことん女子に特化した女子のためのラーメンイベント」、「ラーメン女子博」の大きなポスター。

大阪で明日から開かれる「ラーメン女子博in大阪」のポスターを何故岡山でこんなにも見る事が出来るのか?

実はたまたまでは無く必然に吸い寄せられる今回の遠征でした。

ぐるっと一周し戻って来たJR岡山駅。行き慣れたとはいえ、決して狎れてなかったのを確信し(笑)、ホテルに帰ったのが15時過ぎ。19年12発目は時間に余裕を持たせたそれこそ原点だったのかも、と思いました。

久々の岡山のご縁の後、明日は?

はいっ!今もぱちゃぱちゃなんとかライブです(22:17笑)。

明日はこの流れからどうなるか?ですが、明日も実食しっかり!行います。(それあたりまえやがな笑)。

しかし明日は明日。その展開はどうなるか知る由もありません。

明日帰宅時に、「ああ〜たまらんかった〜、しあわせやった〜」となるか?台風?雨?その辺りもあんまり考えてませんが(笑)、明日は明日!しっかり動きたいと思います。乞うご期待下さい!

ではココまで。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事