スポンサーリンク

どうもっ!ものグラムです。

今回は2020年7月14日〜15日に敢行した12発目の遠征、「クルマ旅from仙台空港(仮)(この後どんどんネーミングが変わるでしょう笑)」その2を進めさせて頂きたいと思います。

前回、同年同月の1日〜2日に敢行した11発目の「クルマ旅in福島・栃木・群馬」で利用させて頂いたのも仙台空港でしたが、実は約2週間ぶりに利用させて頂いたのも同じく仙台空港で、新鮮さは正直ありませんでしたが、ここからの「クルマ旅」は前回とは全く違う方向へと進みます。

では!今回どこ行ってん?どんなラーメンあるん?なんかあったんか?を見て参りましょう!宜しくお願い致します!

前回までの流れ。

7月14日、4:30。

約2週間ぶりの起床は感覚が残っているのもあり余裕、ではありましたがやはり怖いのは「起きた気になる起きてない症候群」(ただ単に「寝過ごし」ともいう笑)

しかし今回もなんとかその壁を乗り越え向かった先はフライト旅恒例の「神戸空港」。そして悪天候の中なんとか現地に着陸する事が出来ました。(本編では明かしてませんでしたが、実は条件付きフライトで、悪天候の為神戸空港に引き返す、もしくは東京羽田空港に着陸するもので、そうなってしまった際を考えるとドキドキしたものでした)

今回到着したご縁ある空港は、ではありません。今回「も」ご縁があったのは「東北の玄関口」である仙台空港。約2週間ぶりの到着でしたが、やはり遠くの地にくる喜びは大きく、その後無事、前回と同じレンタカー店舗に到着、いよいよ新たな一歩がスタートします。

【関連記事】2020年7月14日、約2週間ぶりの遠征は前回と同じく「仙台空港」へ。「2020年12発目、が始まってしまった。 その1 Column0362」↓コチラ

走り出し好調、が、心コロコロ転がる。

仙台空港から前回11発目の遠征と同じレンタカー店舗にて手配しご縁があった車は「トヨタヴィッツ」で、コンパクトカークラス指定でどの車種かわかりませんでしたが、ヴィッツの足腰しっかりした安定感は個人的に好きなので嬉しいものでした。

前回同店にてお世話になったご縁は「スズキ ワゴンR」でしたが、やはり同じ店舗というのもありカーナビが全く同じ機種なのが何よりも嬉しい(笑)。違う機種になるとクセがかなり変わる為で、同じ「クセ」があるなら慣れた方が良いと思う次第でした。

「おっしゃ〜!いぐで〜!」

仙台空港周辺を運転するのは3度目と言うのもあり、景色とどう進むかは大体把握出来る様になって来ましたが、まだカーナビ非セットで進むのは無理です(笑)。今回は速攻で有料道路優先ルートにて(前回学んだ為笑)即高速道へ入り「ぶお〜ん」と進みました。

安定した走行に、

「うわっ、軽自動車もあんだけの超ロングを走れてすごかったけど、やっぱ足腰しっかりしとるし、排気量はほぼ倍やん、やっぱパワーも比べたらちゃうなあ。」

と、一般道では軽自動車の小回りが利く良さは十分理解し満足でしたが、高速道の軽さ故の風圧からの挙動は少々怖いものがあったのは正直な所で、排気量1.3リッターの普通車コンパクトカークラスでも十分に重心が安定した足腰の強さを感じ、前回のクルマ旅よりもより余裕を持って進める様な気がしました。

が、しかし。

実は進み出しから気持ちに揺らぎが生じます。

「あんさぁ、今日予定しとった3軒やけどさ、地図上では行けそうな気がしたけど、前回の時に全く余裕なかったやん?今回もちょいキツないかコレ」

と、今さらながらに思います(笑)。そして続きます。

「いや、それとやな、前回欲張りすぎたやん?欲張ったら結局疲弊度だけはんぱないやん?」

そしてその次。

「あぁ〜思い出す〜。1年半ちょいでも鮮明に憶えとるやん、あのお店。」

走りながら自分でも不思議な位に想いも走り出します。

「んむ〜!やっぱあのお店、行きたなって来た!もうどうしょ〜もない位行きたなった〜!近づいたらなんか会いたい〜!!めっちゃ会いたい〜!」

と、その時の遠征記事を知っている方は皆無に等しいでしょう、しかしその店舗への気持ちが抑え切れず実は今回予定していた3軒の実食の内2軒を出発早々から断念する異例の車内なのでした(笑)。

遠征時には毎度それなりにメニューには猶予あるヘッドクリアランスを設けてはいるつもりですが、今回程「ガラリ」と予定変更になったのは初かもしれません。(あるかもしれませんがここまで衝動に駆られたのは初でしょう(どないやねん笑))

スポンサーリンク

しかし1軒目はやはり「メイン」。到着の喜びはひとしお。

「ルート変更!とりあえずPAあった!」

東北自動車道「鶴巣(つるす)PA(パーキングエリア)下り線」。2020年7月14日10:14。

そうして利用させて頂いたのは東北自動車道下りの鶴巣(つるす)PA(パーキングエリア)。まだ仙台から近い宮城県エリアですが、前回と違うのは北上している事です。

「おっしゃ!ナビセット完了!まだまだ今からやな、でもたった100キロちょい、ご〜!」

到着までの距離は約120kmと、まだまだ全く進んでいませんが(笑)、ここから約1時間半で今回のメインとなる一度は行きたかった店舗は間近でもあり気分は高まります。

この時、想像以上に雨脚が強く80km/h規制となっていましたが、焦る事なく流れに沿い飛ばし過ぎず期待感高まるドライブを楽しみました。

そして、目的地最寄りで一旦高速道を降り、のどかな景色を堪能出来る一般道を進みましたが、その時はやはり一瞬で来ます。

「えっ?こんなとこにあったんやぁ。あっ!でも並んでない!」

と、意外とあっさりと到着してしまいますが、実は到着までに少々試練を与えられる方が気分がより高まったり....どないやねんと自分でも思いながら(笑)いざ到着です。

店舗駐車場は非常に広く、まだ若干の空きがありましたが、それでも既にかなりの台数がその駐車場を占めていました。ただならぬ人気です。

「わあ!これやこれや〜!まずこの建物が特徴やねんなあ、それが目の前にあるんなんか信じられへん...。」

この文面では何がなんやら?かも知れませんが、ご覧頂くとおわかりいただけるでしょう。某全国ネットでも紹介された、この地でまず外せない店舗、そしてその一杯を提供するのがコチラです。

まるでプラネタリウムを彷彿とさせるドーム型多面形の屋根が特徴ですが、この店舗こそ今回のまずは本命、「さかえや本店」。

その場所を明かしますと仙台宮城から北へ約150km近く北上した岩手県花巻市にあり、今では岩手県といえばの一杯を提供する店舗。

その味わいは店舗の名前よりもメニュー名が先行する程地元では認知され昼時には平日でも行列が出来る超人気店。そんな中、今回訪問時にはその行列が出来ていないのには逆に驚かされましたが、いよいよその一杯と対峙し頂ける。その喜びを到着時から早速味わえたのは幸先良いものでした。

え?それどんなラーメンよ?は次回。

はい〜、今回も比較的ライト?ですが書き手は結構疲労困憊(笑)。ここまでと致します(笑)。

今回ご縁のあったコチラの「さかえや 本店」さんですが、本当に地元で非常に人気の高い一杯が頂けます。他では味わえない唯一無二をもうすぐそこに!空腹感と共に衝動を抑え切るのに必死でしたが、次回はいよいよその中へ。その内容をお伝えさせて頂きたいと思います。

では。次回もお楽しみに!宜しくお願い致します。

続き、その3はコチラ>

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事