スポンサーリンク

どうも!こんにちは!ものグラムです。

奈良遠征も進めましょう!と言うワケで3回目。前乗り実食終了まで来、いよいよホテルへ戻ります。

今日も元気に頑張った!宴た〜いむっ!となるか?そんな思い通りに行くのか?続きます。

では!ご一緒宜しくお願い致します!っしゃいぐでっ!!

前乗りゲリラ奈良、実食終了。いい気分だったが

前回までは思い立ったが吉時、おっしゃ行くで〜と半日早い出発で始まった奈良遠征。

まずは奈良県に入り激戦区の富雄地区、近鉄奈良線富雄駅下車、「アノラーメン製作所」へ訪問。9ヶ月前の初の奈良遠征の候補に上がっていたものの、夜間営業というのもあり断念していたのが今回ドンピシャ。ゲリラ前乗りで良かったと本当に思ったご縁。

かなりの人気ぶりで滞在時間が1時間を超え、余裕だった筈のスケジュールがそうで無くなる。

しかしスムーズに近鉄奈良駅に着き、此処からは少々離れたホテルへとウォーキング。約1kmの道のり。

やっとチェックインを済ませホッと一息、今回は贅沢はせず第3のビールで乾杯。しかし今回前乗りしたのは半日分多く実食をこなす為。かなり疲労感があったものの、自分自身の中でもうひとりと格闘し、なんとか勝った気分で2軒目訪問。先程ウォーキングして来た近鉄奈良駅から直ぐの店舗、「濃厚煮干しラーメン にぼしこいし」だった。

この店舗も奈良初回遠征で候補に上がっていたものの台風で休業だったのがあり、残念を払拭出来た喜びは大きかった。

しかしこの訪問終了後、店舗を出ると0:20。思った以上に夜が更けていた。

ホテルに戻った後。

いつも思う、往路は長く、復路は短い。今回も帰りは「もうこんなに進んだ?」と思いながら、実は歩きながらも猛烈な睡魔がやって来ていた。

一歩一歩に力が無く、だらだらとした歩で進みながら、「こんな眠いウォーキングってそうそう無いよな、なんでや?」と思ふ。(笑)

その後、0時半過ぎにホテルに戻り、本当はそのままベッドに倒れ込みたかった、しかしキチャナイので(笑)なんとかシャワーだけ済ませ、深夜1時過ぎ、本当に珍しい「ノン宴」、第3のビールを飲まずして就寝。このまま眠れるかと思ったが、意識がすうと消えて行った。

スポンサーリンク

次に気が付くと...

今回のホテルは窓にカーテンでは無く扉で完全に遮光出来るものだった為、少しだけ開け光が入る様にしていた。完全に閉めると時空が完全にシャットアウトされた密室個別空間になり寝坊の恐れがある為(笑)。

かなり明るいが実は05:42。いよいよ夏至が近づいて来た、あ、そう言えば外実食を始めたのが2年前の夏至。

もう2年も経とうとしているのか、と、昨年と今年今回で14発、17年は4発、もう18発目の遠征、結構行ったなあ、この道をしていなかったら年に1度も旅行には行ってないだろう、「遠くへ行きたい」と深層心理で思っていたのが叶ったのかもしれない。毎回格闘し全く旅行気分では無いが...(笑)。

「あ、そう言えば記事書いてないな。ゲリラライブ記事、今から書かな。ライブちゃうけど...」

と思い、ここから即、とは行かず、チェックアウトは10時、まだ時間があるのでもう一度休む。(笑)

もう一度眠り体力回復、ライブ記事執筆。

次に起きたのが8時過ぎ(笑)。「ふわ〜、よ〜ねた〜!」と、ゆっくりと始動、そして遠征ライブ記事を書き始める(ライブでは無いけど笑)。

その間、少々さっぱり感を求める自分がおり、普段ほとんど手をつけない、

ホテルによくあるお茶が飲みたくて仕方が無くなり、湯を沸かす。

粉末のほうじ茶で、カップもいい感じ。「あづっ!」となりながら(笑)、これが実に美味い。足りない。しかしもう一袋ある。

もう一度、わかすをプッシュ。

今度は粉末の緑茶。どちらも想像以上に美味しく、「嗚呼、美味いぃ。って、歳取ったんやなあ」と思ふ。(笑)

その間手軽にテイクイットイージーでライブ記事が書けるかと思いきや、最近毎回思う事、めっちゃ時間が掛かる。(笑)

10時にチェックアウト(連泊なのでチェックアウトは実際には無いんですが)、かなりギリセーフ。この時間には繰り出さねば、本日2019年6月12日、この日が最大の勝負の日。いよいよ気を引き締め出発。あ〜、ライブ記事ギリギリ、やっば〜。

2度目の奈良はまた新たな気持ちで。

ホテルからJR奈良駅はかなり近く徒歩2分程度。駅は階段を上がり2階部分からだが、上がる前に気が付いたこのナイスなイラスト。「奈良市はシニア中央新幹線の新駅誘致に取り組んでいます。」と言うもの。

JR奈良駅構内に入ったのは初。「Welcome to NARA」のボードにせんと君、本来はワタシのバックに一枚が普通だが、一人の為無理(笑)。前回は鹿に会いに行ったのを思い出す。

まだ先の事かもしれないが、リニア新駅誘致、それが実現すると奈良にとっては大変大きなものとなるだろう。そう思いながら、奈良駅周辺はかなり街の活性化を感じつつ、そこから少し離れた場所も活性化して欲しいと思う次第。今から初の奈良駅からの電車実食訪問、楽しみである。時間的にはなんとかセーフ。(笑)

そうして初の奈良駅から南への電車を待ち、無事乗り込む。当時はワンマンの1輌目の車内で精算するシステムの名残が残るもので、正直困惑。

しかし前車輌で降りる事をアナウンスから理解し、なんとか降りる事が出来た。

JR奈良駅から桜井線(万葉まほろば線)でたった2駅。そのたった2駅でローカル感をおもいっきり感じさせる到着。味わいあり素敵。

ワンマンで無くなったのはこのICのお陰。出場用のICでピッと出来るのは本当に便利。しかし都市部とは違うこの光景も新鮮。

今回下車した駅は「帯解駅(おびとけ)」。到着は10:22。此処から本日1軒目の店舗に向かうが、正直地図上でどれだけ掛かるかは不明。11時オープンで、10:40には到着したいと言うのが個人的な希望&予定。

スマホ地図を頼りに進むも、なんとものどかで素晴らしい光景が広がり、この先に本当にラーメン店はあるのか?と思わせた。

駅を降りた東側から西への橋の上から一枚。この色彩から真夏を思わせる雲と空、そして緑。そして暑い(笑)。しかしまだ梅雨も来ていない6月、奈良は盆地でかなり暑い地ながら、この日は湿度は低く風も爽やか。初の地をワクワク進んだ。

しかし異様に狭い道路で、その中を前から後ろから結構な車が行き交う。「ホンマにこの先にあるん?」正直に思い、今回目指す1軒目、こうして駅から徒歩で行く客はそうそういないだろう、そう確信した(笑)。

その狭い道路を越え、いよいよ後もう少しの段階で一枚。10:32。約10分間歩き、地図上ではもう直ぐゴール。こんな場所に本当にあるのか?と思わせたが、本当にあった。(当たり前ですが笑)

「うわっ!きてもうた!!いや、こんなにポツリとあるとは。しかも誰もおらへんやん?は、早すぎた?」

この時10:36。11時オープンまで24分だが、全国的にも知られるあの名店、いざ到着すると自分の想いで巨大化しているのを感じた(笑)。ごく普通にログハウス的な決して大きく無い店舗。しかしこの到着時の喜びは大きく、ポール(1番手で並ぶ事を指す)ゲット。

しかしあまりに静かな為、もう少し遅めに来た方が良かったか?少々不安を感じながら、もう直ぐに開く、あの味わいを頂ける喜びがふつふつ湧いて来る瞬間だった。

3軒目はどんな店舗か?

この店舗は全国的にもかなり認知度が高まっている名店、名を出すとああ!とおわかり頂けると思います。

次回はその実食を。

しかし来てみないとわからない、ポツリとあったのが印象的で、電車&徒歩で来れたのは嬉しかった(通常は車にて来るだろう場所)。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事