スポンサーリンク

どうも!こんにちは!ものグラムです。

さて、奈良遠征と実食で約2週間ずっと奈良づくしで記事化して参りましたが、いよいよ締めに入らせて頂きたいと思います。

前回で奈良初日の3軒目に到着し、実食メニューは終了でしたが、この後、2日目もメインイベントでもありました。しかし早々に終了、帰宅しました。

今回の奈良遠征、そして2日目は予定通り行ったのか?体調は?この遠征は行ってよかったのかぇ?いよいよ最終回、参ります!宜しくお願い致します!

初日3軒目の「彩華ラーメン 屋台」実食後、ホッとする。

奈良遠征初日の実食はド豚骨で超こってりの「がむしゃら(無鉄砲)」、そして2軒目が「天理スタミナラーメン 本店」、そしてその段階で胃腸の調子に違和感を感じ昼の部実食として不甲斐無い終了をする。

そして、その後には今までの遠征で一番ゆっくりと「観光らしい観光」をしに、奈良公園、そして東大寺に行くも、「奈良の大仏」に会うと言う公約(速攻思いつきだったが笑)を入堂料1,000円と勘違いし断念(本当は600円だった笑)。今回は遠征資金も心細いものだったが、此処まで来れ、鹿にシカトされず戯れる事も出来満足度はかなり高かった。

ホテル到着後に倒れ、約2時間休んだ後、さらに右腕のだるさにかなりの不快感、そして胃腸の重さが蘇って来たものの、どうしても今回の奈良遠征で行きたかった想いが勝ち、夜の部としてなんとか到着、実食完了したのが「彩華(さいか)ラーメン 屋台」だった。

奈良遠征前回の記事は↓コチラ

その実食後、「天スタ」のボリューミー以後、「彩華ラーメン」の実食に少々怯えていたものの(量と我が胃の許容量との葛藤笑)、実食後は意外と軽く頂けた達成感に喜びを感じながら帰路に向かった。20:11の事。

やっと戻って来たJR天理駅はこの様に大きく存在感はあるものの、周りは本当に暗く、夜中に徘徊している様な感覚。20:29。

此処から地下道を通り駅へ向かい帰る。

その地下道の途中に、この様に天理の今と昔の写真が貼られているのが印象的で思わず見入ってしまった。

ホテルに戻り、最後は遠征ライブ記事を執筆、本日のメニュー終了。

帰りの電車が遅れ約30分近く待ったものの、無事ホテルに帰りシャワーを済ませ乾杯。

しかし9:57と時計が指している、22時前。20時過ぎに帰路に向かってから約2時間も掛かり、今から記事執筆。それにしてもよく歩いた。この時計が指す歩数は28k。

その腕時計のアプリが指す歩数、ステップ数は28,192。昨年の福岡には敵わなかったのが悔しい。(笑)

コチラはスマホ内蔵のチップで換算された歩数計。約1,000歩の誤差があるが、スマホを持たず歩いたホテル室内の歩数等もあるだろう、誤差は決して大きく無いと思われるが、なんと18.3kmも歩いたと言うのには自分でも驚き。消費カロリーが834kcal、ラーメン分の消化には至っていないか?いや、それはもうどうでもいい、本気でよく歩いた、ようやった、と思った(自画自賛笑)。

少々の贅沢である本当のビールを1缶開け、昨日から冷蔵庫で冷やしていた第3のビールを開け、ちびちびと飲みながら記事を書く。

そして、昨日は出来なかった「宴や!最後にスイーツこい〜!」がコチラ。

JR奈良駅構内にあるスーパーでゲットしたカップスイーツ。今回はレジスタッフがかなり気が利いており、この様にスプーンをテープで固定した状態にしてくれていた、「スプーンください」と言うのを忘れていたにも関わらず。感動を憶えた。(笑)

しかし此処から。急激に満腹度数が急上昇、苦しくなる(笑)。1缶のビールと第3のビールで完敗。なんとか記事は仕上げたものの、もう無理と横になり終了。昨日に続きこんな事態は今までの遠征初。全く本調子では無かったが、なんとか、すぅと意識は無くなり就寝。この時23時過ぎ。

スポンサーリンク

奈良遠征2日目始動!の目覚め、は決して良く無い。

気がつくと少し開けていた窓の遮光扉からの明るさ。その扉を開け見るとこの光景。時計を見ると5:09。夏至も近くかなり明るく、いよいよ2日目が始まる、だったが、この時のコンディションは最悪。就寝中の浅い眠りの中の不快感がそのままで、胃酸過多。(笑)いわゆる胸焼けで胃腸も重く、今日食事など出来るはずは無い、と言い切れる程だった。

此処から体を縦にし、胃から腸へ送りたいと起き、若干それが治ったのを感じ嬉しくなる(笑)。しかし昨日夕方からの右腕のだるさは全く治っておらず、そこに意識をしない様にしながら横になり、またすぅと意識が薄らぎ眠りへ。

そして7:10。見るに耐えない感満載ながらアップ、「ちょ、しんどいけどましかあ」ものグラム(笑)。この段階で、本日最大のメニュー、こなせそうかな、と思った。

しかし、準備する最中、「いや、やっぱり無理かも、もう時間無いやん、体調万全?いやあ昨日からのが蓄積しとるなあ、間に合うか?」思いっきり葛藤(笑)。

それでも。メニューをあらかじめ決めておく大切さも感じられた一瞬。

「おっしゃぁ〜〜!!ま、まにおうた〜〜〜!!!」

の図。今回は絶対に行かせて頂きたい!と強く想ったのはそのままダイレクトに身体のそれぞれへ行き渡り応えてくれるのを感じた。「行きたいけど、今回はええかあ」などと思ってしまった場合、この様に復活する事は無かったかもしれない。しかし復活出来本当に良かったと思った瞬間。(いつもなら立ちポージングが座りポージングなのは完治では無い。しかし以前のバックの「ふとんきちゃない」に気づき綺麗にしてから撮った笑)

いよいよ「2日目始動」は奈良との別れ。

「なんとか間に合う!いぐで〜!」

と、かなりギリギリで出発出来た、実は思いっきり葛藤のあったこの時、8:12。今回予定していた便の時刻は8:26。この便を逃すと今回の実食の時間は極端に遅くなる可能性が高く、帰宅もそれに準じ遅くなる。それ位、朝が勝負の準備が必要だった人気店に向かおうとしていた。

しかし思った以上にスムーズに即駅ホームに着き、ホッとしながらその電車に揺られた。

その間約40分。この車内で寝る事は一切出来ず到着。(どんだけねたいねん笑)

JR宇治駅に到着。9:11。実は奈良県から県をまたぎ京都府へ来た2日目。京都から宇治に行くのはなかなか時間が掛かり我が住まいからなかなか簡単に行けず、今回の奈良からはかなり近く行きやすかった。今回、前々から行きたかった、ラーメンフリークとしては絶対に押さえたい、味わいたい店舗がある場所だった。

スマホ地図を見ながら、「最終ストレート間違い無いやんな?」と、進んだその先、間違えでは無かった。

9:22、到着した喜びは大きかったが、もう既に3名の並びがあり4番手。この店舗は11:30にオープン。しかし此れがごく普通の光景と言うから凄い。取り敢えず10:00迄此処で待つシステムである。

10:00になると店主がこの記名帳を店舗前に出す。此処で順番に記名し一旦解散。11:15には戻って来てくださいとの事だった。10名で1巡というシステムだというのが理解出来た。

此処から1時間、どうしようかかなり悩む、と言うか迷う。元来た道を戻っていると、ドラッグストアを発見。昨日からかなり不快感が高かった右腕、此れを「しゅわしゅわ〜としたいねん〜もう我慢できん」とイン。

それが此方。概要鎮痛炎症液剤、一番値段の安い個人的に気に入っている物。遠征を始めてから何本仕入れただろう、もう鞄に常備していないと不安になる程になる。(笑)速攻で腕と首に塗り塗り。速攻で爽快感、後からじわじわ筋肉に効くのである。そう、おっさんものグラムなのよ、である。

後、実は人生で初めてもう一品、複合胃腸薬を購入。やはりまだ胃腸の調子が完治しておらず、若干のムカつきが感じられた為、それも飲む。こんな事は今までに無かった。

そして近くにコンビニを発見、その外にあるベンチに座り休ませてもらった。

そして11:00、いよいよ店舗に戻る。

11:16、今度はさらに多くの人が開店を待っていたが、全て1巡目の客、ワタシは4番手。いよいよ順番に番号を呼ばれ店内へ。この瞬間がやって来た、胃腸の具合は薬でかなり良くなり、やっと空腹感が出て来た所だった。

そして、全ての実食が終了し店舗を出たのが12:13。こんなにゆっくり長く滞在したのは初の事。実は連食2杯を頂いたのだが、8割が皆同じ連食をしていると言うかなり変わった店舗でもある。しかし此処に来る時になかなか来る事が出来ないので連食したかった、それは皆同じ想いなのだろう、その為かなりゆっくりとした時間が店内で流れていた。

「晴耕雨読(せいこううどく)」と言う店舗。是非覚えて頂きたいと思います。(後日しっかりご紹介させて頂きます)

本日2日目は京都宇治遠征、是にて終了!と、実は呆気なくストップした遠征だった。(笑)

京都宇治から帰路へ。

しっかり2杯を頂き、調子も良く無かったのもあり、もう1軒の予定をストップ。と言っても次の店舗候補は無かったのが正直な所(笑)。

本当は奈良へ戻り、そこから近鉄で神戸三宮まで戻り、JRに乗り換えて帰ろうと思っていたが、どうやら京都駅まで行き、そこからJRで帰ると我が最寄駅まで乗り換え無しで帰る事が出来る事が判明。もうしんどい、寝たい思いが強かった為、京都駅へ。

「久々やなあ、やっぱデカいなあ」と思いながら、今回は駅から一歩も出る事無く帰路へ。

此処から3時間弱、爆睡で一直線、我が最寄駅まで帰った。

15:16、帰宅。6発目遠征終了!

しかし帰宅後、ホッとしたのと陽に当たり過ぎたのもあるのか、かなりの疲労感があり倒れる。

19時頃に目が覚め、夜の作業を開始、宴も出来ると思ったものの、アルコールを1滴たりとも口に入れたい気がせず、また胃腸の調子がやはり良く無い為、このまま休み明日朝早くに起き、作業しようとさらに倒れた。こんな事態は本当に初めてだった。

翌日朝、なんとか起床し作業開始、なんとか通勤時間前にアップ完了。

「あれ?遠征前の2週間の胃腸の調子の悪さ、発熱してめっちゃしんどかったん、遠征中のしんどさ、あれなんやったん?」

さらに翌々日以降、この2週間の体調の悪さの全てが吹き飛び、「いつも通りの超元気」が一瞬にして戻って来た嘘の様だった。

「なんか邪魔されとったんかなぁ?ま、ええか。」

次回遠征はどうなる事やら、2年間の遠征で初の体調との戦いは、今後の為の経験値として積ませて頂いたのだろう、前向きにそう思う様にし、次回に備えるのであった。

次回7発目は?

はいっ、ココまでで6発目遠征終了です。スッキリ終われなかったのが個人的にもやもやなんですが(笑)、その後嘘の様にそれら症状がすうと消えたのが不思議な遠征でした。

しかし次回7発目、もちろん行きまっせ!何があっても負けへんで!と、次はどんな流れになるのか個人的にも楽しみ。(笑)それがもうそろそろ近づいて来ています。

では、今回の遠征記事、最後までご覧下さった方へ、そして途中からでも、今回だけでも目を通して下さった方、ありがとうございました。今後もまだまだある麺の旅、参りたいと思いますので宜しくお願い致します。以上っ!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事