スポンサーリンク

どうも!こんばんは!ものグラムです。

今回も岡山遠征が続きます。そろそろ麺を紹介と参りたいのはやまやまですが(笑)、書きかけた物はしっかり終わらせる、とし、1日目がいよいよ最終となります。

岡山県1日目実食メニュー終了か?と言いながら実食無しで前回終了し、ぐだぐだ満載ですが(笑)、さて!参りましょう!宜しくお願い致します!

前回までの流れ

2019年5月15日、初日は在来線に約3時間揺られ到着したのが岡山県笠岡市。

笠岡ラーメンと言うご当地の味わいがある、岡山県西端の市で、広島県福山市の影響が大きい市でもある。

到着し歩き出すと、なんとも言えない風情のある景色が堪能出来たが、実は少子化で人口減が課題ともされている。かなり静かではあったものの、個人的には前向きに元気な感覚を感じたのは正直な思いだった。

そして笠岡駅周辺にある3軒の「笠岡ラーメン」を実食後、気がつけばまだ12時過ぎ。逆にこれから先どうしようかとこの先の予定は組み込んでいなかったものの、ふと山の入り口の様な道があり、スマホ地図で調べた後、ここだと吸い寄せられる様にして歩き登った。

その先、頂上に着いたのが「古城山公園」。笠岡の街並みを見渡せる展望の良さと、春には約400本の桜の開花で賑わう場所だそうだが、この日この時、完全貸切状態の「ボッチ」状態。ひとりで展望台に登り、おおお、と声を上げ(少しだけ声に出る笑)、ぜーぜーはーはーと、汗だくだったのをクールダウンしてくれる心地よい風に当たりながら、ふつふつと湧き上がったのが船旅。

この笠岡から笠岡諸島に行けるフェリーがあり、この景観を眺めているとどうしてもその船に乗りたい衝動に駆られ、この「古城山公園」速攻で下山後、フェリー乗り場へ向かう。

しかしその道中にふとスマホで時間を調べると、帰りは行って帰って来るだけで夕方を過ぎ、しかも唯一あるラーメン店は出発時で閉店時刻と言うのが判明、アカンと即諦める他選択肢は無かった。

笠岡駅とお別れ、電車にて戻る。

とても一回の遠征で制覇出来るものでは無い笠岡の地、「今回はココまでにしとく〜、また必ず来るからな〜ありがとな〜まっとってな〜〜」と念を送り(笑)、帰路の電車に乗り込んだ。此処から約40分の道のり。

そうして40分後、「いやあ、ホンマに久々やなあ、元気やった?あ、わい?う〜ん、実はあんま元気無いけど、今日ちょっと元気もろてきてん」と勝手ながら念を送信。(笑)

実は2017年11月以来ちょうど1年半ぶりのコチラは「岡山駅」。やはり岡山県の中心の都市部でもあり、かなり賑やか。到着は14:29で、15時よりチェックイン出来るホテルはこの直ぐ近くに押さえていた。

夜の宴用の偽ビアー(第3のビール)調達と、現在ストックの山に溺れ調達は出来るだけ抑えようとしながらも調達リサーチの為、まずはスーパーへ。

岡山駅前と言えば、のイオンモール岡山。2014年12月にオープンしてから約4年半が経つものの、やはり最新の設備のある建物は存在感が大きかった。

今回調達リサーチをするものの、2017年に来た時に感じたチルド麺コーナーの地元製麺メーカー商品の豊富なコーナーが激変、大手メーカーの売り場面積でほぼ占める様になっていたのが正直少し寂しく感じられた。それには売れ行き等もあり自然と仕入れに変化が出た結果とは言え、1年半前に見られた地元メーカーの商品群に心躍ったあのコーナーの面影が全く感じられなかったのは残念で仕方無かった。

と言いながら、宴用セットを購入し、15時を過ぎた為、いよいよ帰宅、いや、チェックインに向かった。思った以上にキテいた(笑)。

スポンサーリンク

いよいよチェックイン。しかし。

チェックインは15:30。本来ならばまだまだこれからの時間帯ながら、意外と心地よい疲労感。(笑)

部屋からの眺望はかなり良く、岡山駅が一望出来る場所。

ココで一旦横になってもいいし、シャワーを浴び綺麗になった所で休んでもいい。しかし、そうは出来ないのが今から。

本日は早朝に出発したのもあり、記事をまだアップしておらず、本日中にアップしなければと、ブロガーの宿命との対峙。(笑)しかも今回はかなり気合の入る、3月の神奈川・埼玉・東京遠征の店舗紹介のトリでアップにはかなり時間を要するのは安易に想像出来たのをチョイスしており、いや、さすがにこの3月分は全て終了させないと、と思い前日深夜に約2時間の下書きをしていた後の本番。

ちなみに、偽ビアー(第3のビール)では無く、衝動で復刻特製エビス6缶パックを買ってしまったのはココだけのハナシ。(他にないけど笑)この時は記事最終締めの段階に入る時にプシュッと。書き始めから4時間が経過した20時を過ぎた辺りの一枚。

「で、で、でけた〜〜!!」

と、思わずポージングをし自撮りをしたのが21:32。16時頃に書き始め、実に5時間半。昨日に約2時間と合わせ約7時間半掛けて完成した記事は、まあ時間がかかりゃあそれでいい訳でも無いが、なかなかの達成感、って待てよ、遠征中にする事かえ?とかなり思ふ。(笑)ま、まあええか。

そうしているうち、本物ビアーが(笑)身に沁みて来た頃、予想外に空腹を憶える。

「をっ!きたきた〜〜!!!腹減ったがな、これはもう1軒行っとかなアカンやろ!」

と、遠征時に本当の空腹を感じる事がなかなか無い中に来たラッキーを感じ、近場でココ!と言う場所を探しに繰り出した。

4軒目のご縁に到着。

ホテルの線路西側から反対側の東側へ地下通路を通り直ぐの到着は21:59。「中華そば専門 あまいからい」に到着。今回の遠征で全く予定に入れていなかった急遽のチョイス、一期一会。味のある外観に、外から伺える賑わいに吸い寄せられイン。

朝から笠岡ラーメンの実食を3軒こなした後に出て来た今回は間違いなく豚骨の醤油。岡山と言えば豚骨の醤油スタイルがひとつの定番ではあるものの、スープの色合いは今まで頂いた独特の松系仙系と言われる独特の茶褐色のスープとは明らかに違う見た目で、実際頂くとコレが堪らなく美味しい、ライトにも感じ速攻完食してしまった。(詳細は実食、店舗詳細のshopmenfileにてお伝えさせて頂きます)

今日、実はめちゃ好調やったんちゃうん?4軒バッチリ実食出来たやん?

と思いながら再び部屋に戻る.....

この後宴が待ってい.....

この日4軒目の「中華そば専門 あまいからい」実食後の帰路、コンビニに寄り、最後に一杯引っ掛けて寝るか?と思いさらにビールを買い部屋に戻ったものの、戻った後から猛烈な眠気と満腹で何も受け付けない状態になり、用意していた最後の楽しみのコーヒーゼリーにありつけずダウン。(笑)

23時過ぎ、個人的にはかなり早いノックダウン、就寝にて夜が過ぎて行くのだった。

今回の遠征は2日目が超大事!

これで岡山、今回の笠岡遠征が終了しましたが、その次の2日目は個人的にかなり大事にしていました。初日とは全く違う内容で挑もうと、2日目により集中したかったその内容は、この気絶後からいよいよ始まります!あ、気がつけば令和1発目の遠征やった!(おそすぎやろ笑)

では次回も宜しくお願い致します。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事