スポンサーリンク

どうもっ!ものグラムです。

今回はやはりやってしまった、と言いますかどうしても行きたかった2019年ラストの遠征が終了致しました。2019年12月25日夜から12月26日の1泊1日遠征でした。

今回の訪問先は先にお伝えしておきます(めずらしな笑)、今回も、の「岡山県」です。

実は2019年12月だけで2度も岡山に来るとは正直思ってもみませんでしたが、周りの環境等、そして導かれるが如くすんなり事が運んだのは「此処に行きなさい」と言われている様でもありました。

では!実は前回の岡山、「晴れの国おかやま」から身体の変化があった?なにそれ〜?(自分自身が一番驚いている)え?晴れの国やのに?リベンジってなんやねん?をポイントに見て参りましょう。ホンマにビックリやったなあ、岡山!いぐでっ!!

今回はゲリラでは無く数日前に決定。

今回の遠征は、個人的今年最大のイベントだった「インスタントラーメン祭りin大阪」が無事終了した翌日、12月20日辺りからふつふつと想いが湧いて来たもので、年内最後のオフが12月26日にあった為。

その26日こそ、今月の激務(仕事、1回の遠征、イベント(インスタントラーメン祭り)オフ日全て近隣実食)から解放してもいいかと、1日ゆっくりしようかと思ったものの、それをどうしてもしようとさせてくれない我が心があった。

「絶対家ん中でぐだぐだやん、眠りおっさんして気が付いたら夕方やろ、腐るし臭なんでおまい」

と、かなり言葉の汚い奥からのもう一人のものグラムの声が聞こえて来た。

「まあ、そうやなあ、それは間違い無いわ。んでやな、そうやねん、17発って腑に落ちへんのよな、18ってええやん!(わいの誕生日やし8が入っとうから笑)」

と、どうしても18発で終わらせたい気持ちが強かったのが始まり。

そこから何処に行くか具体的に決め各種予約等手配をして行くのだが、今年のものグラムは「後厄」。

特に今年2019年の10月中旬以降、超高熱が出(最高39.4℃、インフルの可能性あり、その後時効笑)、その症状が治まったと思うと脚に重度の筋肉痛の様な症状が出始め、最終普通に歩く事が出来無くなった「良性急性筋炎」にかかり、それが完治するまでに約40日、実際の痛み以上に心の中の葛藤で苦しめられた。

来年2月4日までは変に凶方位には行かないと決め(本当に色々あったのでコワい笑)、低予算で出来るだけ近場の遠征を10月以降6発こなして来たが、今回も東か西しか選択肢は無い。そこで候補を挙げる。

奈良。今年6月と9月に訪問し、そろそろ行くのもいいかと思ったが、何故かピンと来ず。あくまで直感的な判断だが、ピンと来ないものは今回のご縁では無いと思い次の候補も出して行く。

次は和歌山。11月に15発目として遠征したばかりで、脚の痛みもまだまだ治らない葛藤中だった(笑)。

やはりピンと来るものが無く、本当は個人的には「Cラーメン」営業日(週2度、木・日のランチのみの営業)で行きたくてしようが無かったが、それも今回はご縁が無かった(丸Cさんへ:絶対に行かせて頂きますので宜しくお願い致します)。

後、少々北寄りだが脚の痛み葛藤中に行った滋賀、京都も候補に挙げたが、どれもピンと来ない。

「ん〜、なんとなくやねんけど、や、やっぱ岡山かっ!!」

そして最後の候補は岡山。12月3日夜〜4日の思いつきゲリラ遠征をしたばかり。

しかし、一連の脚の傷みとの葛藤中、最後に導かれた様に行ったのが岡山。その工程を全て終え帰って来た時に初めて理解出来たのは「晴れの国おかやま」。そう、その痛みからようやく解放され、痛み止めの薬も不要になる程劇的に回復したのが遠征終了の次の日。その符号に驚きを隠せないながら、嘘偽り無しの現実に起こった話である。

「や、でもやな、その副作用というか、これ何よ。今度は左の足先がめっちゃいたいんやけど...」

「良性急性筋炎」の解放、その痛みがフェードアウトする頃から、左の足先、小指の痛みが少しづつフェードイン。まるでDJが違和感無く気が付けば次の曲に繋ぐ様。その次章に踊らされる感覚があった(笑)。

その「少々痛い」程度の違和感が約2週間続き、19日の「インスタントラーメン祭り」後、20日から急激に足の甲が腫れ、靴を履く行為自体出来ない程になる。

「くっそ〜、これ、蜂窩織炎(ほうかしきえん)やろ、10数年前に一回なったからわかる、痛いねんこれ」

しかし、1度体験したものはある程度の免疫が出来、恐怖を感じさせる事は無かったが、この時からまたしても鎮痛剤と付き合わなければならないのかと、嫌気がさすと共に、「いつ治るねん?」と、以前はどれ程の期間を要したかまでは覚えていなかった。

「晴れの国おかやま」が晴れ、と同時に、新たに「腫れ」を呼び込むとは...。

「ええいっ!リベンジや!!やっぱもう1回岡山に行って、晴れて来いっ!っちゅう事ちゃうんか?」

と、そう勝手に解釈をしたものグラム。ピンと来た瞬間であった(笑)。しかし前回遠征時の心残りもあったのあり、まさにドンピシャの符号だとも思っていた。

後は各種手配を済ませ、いよいよ当日、無事終了した「インスタントラーメン祭り」から約1週間後、12月25日の仕事終わりの夜から出発した。

今回の往路も少々贅沢の新幹線。

2019年12月25日、20:16。今回はかなり早めに新神戸駅に到着。ちょうど20:18にのぞみが来るタイミング。今回はチェックインが22時迄と言うのもあり(在来線だと23時に到着する為)、少々お高い贅沢、新幹線を利用。金券ショップで4,750円で約30分の移動。

自由席乗車率は今回も高く約80%だろうか。窓側は全て埋まっており、通路側の空いた席へ着席。約30分、迷わず睡眠(笑)。

この「桃太郎像」に到着したのが20:54。職場から自宅最寄り駅にもまだ着いて無い時間だったが、新幹線の速さを本当に感じられる瞬間。一瞬にして岡山へ到着。

しかしこの桃太郎もそうだが、岡山駅周辺のクリスマスライトアップは大規模でその雰囲気に浸れるものだった。

桃太郎像の桃は少々不自然な感覚があった様に感じてしまったのは個人的だが(すみません笑)、駅前のライトアップは見事。後は寒さと言うスパイスがあればもっと美味しくなるのに...い、いやもとい、雰囲気を感じられるだろうと思ったのはマニア病だろうか(笑)。

「晴れの国おかやま」のリベンジ、「腫れの国では無いはずおかやま」の到着は夜間なのに晴れを感じさせるライトアップに迎えられ、この光景にしばらく浸った。

スポンサーリンク

次回からは実食へ。

はい、今回はココまでです。なにゆうとん?かもしれませんが、晴れと腫れは本当に現実に来まして、今年の最終はなんで足ばっかり?と思いました(笑)。

でも、約3週間ぶりに来る事が出来た岡山は、実食遠征以前の調達遠征でも1番来させて頂いてまして、現在10数回にもなります。岡山って本当にインスタントの調達、そしてラーメンの実食に関してもまだまだ行き尽くせない程の場所なんです。

では!次回からはリベンジのワードは一旦忘れて頂き、実食へと進めて参りましょう。お楽しみによろしくお願い致します。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事