スポンサーリンク

どうもっ!ものグラムです。

今回は2019年最後の遠征、「リベンジ岡山」遠征その3を進めて参りたいと思います。

前回は何故今月2度目の岡山を遠征の地として選んだのか(導かれたのか)、そして岡山に到着し1軒の実食、ホテルチェックイン迄でした(前回は「18発目岡山到着、そしてチェックイン。 その2 Column0290」。)

では!リベンジ岡山となった1日目ホテルチェックインからはどうしたのか?えっ?なにやっとん?その辺りを見て参りたいと思います。宜しくお願い致しますっ!

「んん〜。か、カラダが動きたく無いと言っている」。

今回の宿泊先のホテルからの眺望。とても3,600円のプライスを思わせない今までの宿泊したホテルのコスパベスト3に入ると言っても過言では無い(笑)。

ホテルにチェックインし、部屋に入ったのが21:40。夜の時間はたっぷりとある。

頭の中では、後1軒を実食し、そして部屋に帰り遠征ライブ記事をアップし寛ぐプランを考えていたが、11月、そして12月の密なスケジュールで身体が動かない。

「いや、脚の痛みもほとんど無くなったけどやな、今度は一気に疲労感が来たわ〜、ちょ、駅反対側へ行く元気がない〜。。」

と、此処に来て早速のゲームオーバー。ハンズアップ、ギブアップである。(笑)

「まあ、体力もやけど、明日の実食もあるし、ここ最近詰めに詰めた実食をしとったから内臓にも負担かけとるよなあ、今年ラストの遠征に来れただけ動けたワケやし、今日はここまでで身体休めよかな....」

本気でゲームオーバー、である。(笑)

確かに、以前は遠征前乗りとして夜間は全く実食をしなかったのが、1軒でも多く実食を重ねたいが故、多少無理して夜中に2軒の実食をする事が当たり前の様になっていた。

だから今回はクールダウンし、本番である明日に向けあえて1軒の実食で終わらそうと判断したものだった。

「うっしゃ!今日はメリクリやろ!宴や〜!」

「か、かんぱ〜い〜!」

と、飲む(笑)。

実は1度外に出、駅近くのコンビニに向かい、缶ビールを購入。普段は贅沢品であるビールは飲めない為(第3のビール愛好家である)、遠征時だけは贅沢をさせて頂いている。

遠征ライブ記事を簡単ながら綴り中も、飲む(失礼)。

そして遠征ライブ記事を早めにアップした後、さらに飲む。身体を休めると言いながらも実は休められていない事が判明(笑)、「何やっとんねん」と思いながらも甘える(笑)。

「おっしゃ!メリクリ〜!!」

今回のチキンは1軒目実食の「魚介鶏醤油らーめん」の鶏スープとし、クリスマスを感じる為にさらに甘えたスイーツはコンビニにて400円弱で購入した、普段は絶対に手を付けない、いや、付けられない一品。甘々、である(笑)。

「た、たまにはええやないかいっ!ホテルが3,600円やったから、え、ええやないかいっ!」

こうしてすり替える事により、さらに甘々なのが判明する、甘党辛党ものグラム、だった。(笑)

「う、うんま〜!」

この時こそ、分析など全く考えずに食事が出来る至福の時でもある(笑)。何も考えずに頂くのは惰性でもあるが、しかしそれこそがグルメの一瞬だと信じて止まない。その感覚も忘れなき様、こうして体感するのである、と、さらにさらに甘々が露呈するのであった(笑)。

気が付けば日が変わり0時を過ぎていた。明日の「本番」の為、実はリベンジ岡山と言いながらかなりリラックスした時間を過ごし休んだ(からだにわるないか笑)。

スポンサーリンク

いよいよその「本番」当日朝。

6時過ぎに一旦起床したが、その後、さらに身体を休ませ7:54。

「う、うぉいっ!!あ、雨降っとるやないか〜いっ!!は、晴れちゃうんか〜いっ!!」

と、ここ1週間程ずっと快晴だったのが嘘の様に雨が降る。実は前日25日の深夜頃からポツリと雨の兆候があったが、「腫れの国」から「晴れの国」リベンジの結果が雨という、ものグラム個人的には意表を突く、「あだだっ!」な一撃だった(笑)。

「え〜、また傘買わんなアカンの〜?」

と、昨日から出費の事ばかりを言っている、現金なものグラムでもあった(笑)。

それはさらに続く。

「3,600円でコレ、やっぱヤバイって、みてみて〜!」

とは記事アップを想定し写真に収める(笑)。

現在最新式のベッドサイドに設けられた電源、スイッチ群。もはやスマホ充電が専用のUSBコードだけで出来る仕様と化しており、照明のスイッチと照度調整ツマミまである(つ、つかってない笑)。

「今回当ホテルオープン記念と致しまして、粗品となります、どうぞ」

と言われ頂いたのがこの一品。個人的にはご縁の無いものだとこの段階で思いながらも(笑)、開封。

DHC(大学翻訳センター)のダブルモイスチャーフェースマスク、そして「OLIVE ENERGY」と書かれたゆず湯が堪能出来る代物。しかしやはり個人的にはキャラにはそぐわないと判断し、後日職場のスタッフに「使ってつかあさい!」と配布(笑)。

さらに。

同じくチェックイン時にプレゼントされたのはオリジナルのミネラルウォーター。水分不足のものグラム(塩分を分解するのに必須のアイテムの為笑)にとってはオアシス。これはあげないと確保。

さらには部屋に1セット準備されているコーヒ。しかしホテルにより違いがあり、コーヒーが無い所も最近では多く見られる中、かなり豪華な部類に入る。

「いや、ホンマにコレで3,600円?このコスパはホンマにありえへんって!」

と、かなりしつこくアピールしているが(笑)、それは間違いでは無かった。

「ホンマに3,600円?って思うかもしれん、あ、あった!証拠証拠。」

と、さらに執拗になる興奮冷めやらぬ一枚。

実際には3,631円(税込)だが(笑)、これを撮影した時は仕事をしっかりした、その気分で満たされたのだった(笑)。

「よっしゃ、あったまってきた!あ、後30分しか猶予ない、いそげ〜!」

と、気が付けば9時を回り、10時チェックアウトまでに残された時間はわずかになった。

「本番」は2日目の短期決戦!いよいよ次回。

はい、数字ばかりを出しました今回、あまり進んでませんが無事終了(笑)。

少々、いや、かなりドケチな感覚を受けるかもしれませんが(笑)、ある所では大枚をはたきながらのドケチな金銭感覚は自分自身謎でもあります(笑)。

では!本当のリベンジ岡山の本番はココから先。どこに行ったか?ちゃんと実食出来たのか?は次回へ。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事