スポンサーリンク

どうも!こんばんは!ものグラムです。

さて、前回でやっと2019年5月、今年5発目の遠征をゴールする事が出来ましたが、ながながとすみませんでした(笑)。

しかし、今回は個人的にも肩の力を抜いた遠征(まあいつもそう思ってはいるんですけど笑)だったものの、いざ蓋を開けると思いもよらぬ方向に行き、帰って来たなあと。2日目はかなり予定変更しました。

その後、実際に遠征から帰って来てから、思いもよらぬ事態が起こりました。そして、この遠征記事を書いている終盤にあっ!と気付いたビックリの符号を今回、遠征締めの記事としてご紹介させて頂きたいと思います!

では!いぐでっ!!

遠征から帰宅は5月16日夜。その後から動き出す。

この時はただ単に「がえっでぎだ〜」とだけしか思えなかった、しかし「しまなみ海道」の動画はしっかり撮れたし、今回はしっかり動画編集出来るなとニンマリ。(笑)

実は、職場環境も激変し、21日から人事異動があった。

そして、その次の日、22日の深夜、日が変わる前に、あの恩師である「大和イチロウ」氏より連絡が入る。

「合わせたい人を連れて来るので、お時間あれば少しだけでも...」と言うものだった。もちろん即答でイエス。

先日5月24日に行われたオフ会。

こうして、本当に夢が実現した一瞬、即席麺2大偉人である「大和イチロウ」氏、そして合わせたい方と言うのがあの「大山即席斎」氏で、今回の為に遥々東京からやって来てくれた、本当にコレが現実なのか?と信じられない思いの中、高速で時間が過ぎて行った。(意外とおもいっきりリラックスムードであまり緊張感は無かった)

スポンサーリンク

遠征時にそれを事前に知らせられていた、しかし気付いたのはその後だった。

今回の岡山・広島・愛媛遠征の初日は思っていた、ざっくりとしたプランながらそこまで大きく崩れるものでは無く、記事執筆にかなり時間を要し、そして4軒目の実食を行った以外はかなりスムーズだった。(かなりキツかったけど笑)

2日目、レンタカーで車を調達し尾道に行くのは予定通りだったものの、実食に関してはまだ店舗をしっかり決める事が出来ず、当日も1軒目以外はまだどうしようかと思案中、ふとスマホ地図アプリに出て来た店舗に釘付け。そこから2日目の本当の骨組みが出来動けた。

驚きの「符号」があった!え”っ!?う、うっそ!

はい、ココまでの流れで、1日目と2日目1軒目までは大きな変更点は無く過ぎて行ったんですが、ココからが本来の予定とは全く違うものになったんです。当時、「普通尾道来たらそこで2軒、3軒まわるやろなあ」と思いながら、また直ぐに車に乗り込んだものの、時間との戦いで全く気付きませんでした。

それは何か?いよいよ参ります(おそいわ笑)!

まず、地図をご覧頂きましょう。

この地図上部に尾道があります。そしてそこから「しまなみ海道」を走り、島々に架かる橋を通りながら赤枠の今治市、いよいよ愛媛県に突入したワケです。そして青いポイントが2軒目の店舗で、コレは経験として頂いておかないと!と思ったのがコチラ。

「猪骨(ししこつ)ラーメン」、コチラが今回ご縁のあった店舗でした。初めて頂く猪骨のスープは癖が全く無く、それでいて豚でも鶏でも無い、独特のフルーティと言うか、なんとも言えない旨味とさっぱり感でインパクトは決して強く無い、また頂きたいと思える味わいでした。

では、最後に、ココまでの道のりなんですが、本当に驚いたのはコチラ!

まずは「因島(いんのしま)」。実は語呂での符号では無いんですが、あの「大和イチロウ」氏の故郷なんです。前々から知ってはいたのものの、24日の会の中でふと「あ、この間大三島行って来ましてね、あ、因島も通ってましたね」と話しをしたのを遠征記事後編で思い出し、えっ?と気付き始めたんです。

そう、その先の大三島にあるのが「大山祇神社(おおやまづみじんじゃ)」。全国の山祇神社(大山祇神社)の総本社と言うのを後から知ったんですが、それはそれは凄い神社。

「え”っ!?大山祇?大山?わっ!」と、ココで思い出したのが「大山即席斎」氏。地名等のたまたまの偶然なのはもちろん理解出来るんですが、最終大山祇、もとい、大山氏がやって来た、この地に行く過程を思いました。最初は鳥居だけ写真に収め、戻ろうとしたんですが、どうしても中に入らなければと言う思いが強くなり拝殿まで行かせて頂き、感謝の意のみ乗せた祈りを捧げました。

そして、この段階でも驚いていたんですが、この地図を載せ書いた記事では自分も気付いていなかった島があります。

もう一度同じ地図を。

この地図の一番右上。

実は尾道から因島へ、と記事では書いたんですが、尾道から「しまなみ海道」で最初に渡り着く島、それを完全に見落としてました。

「ええええええっっっっ!!!!?」

と最後に超驚いたのはなんと「向島(むかいしま)」。実はワタシの本名の性が向井(何度か明かしてます笑)。今回は語呂としておもいっきりそのまま。

こうして、導かれる様に進んだこの日の実食、実はこの先の事を教えて下さっている様で仕方がありませんでした。

逆に、「これ、意図的にやってんちゃうん?」と思われるかもしれませんが、毎回遠征でわたわたしているそそっかしいワタシにそんな技が出来るワケが無い。ってそもそも22日に初めてお呼びが掛かったのを事前に察知出来るワケも無い、気付いたん2日前やし、でした。(笑)

今回の遠征、「めちゃ記憶に残る」旅となる。

今回、2019年5月の遠征、ながなが参りましたが終了です。(笑)

それにしても資金も少なく気軽に行こうと思い肩の力を抜いたのが逆に良かったのか?思いもよらぬ展開になり、一生忘れない遠征になったのでは無いか?と思いました。(笑)

実食としてはまだまだで、この岡山、尾道、そして愛媛や四国も何度も伺うと思います。しかし同じ場所に行っても毎回内容は大きく違うのを実感しており、今後何処に行くとしても新鮮な気持ちで挑めると思っています。

今回の遠征記事をご覧くださった皆様へ、本当にありがとうございました。今後も遠征記事は短かったり長かったり、伸縮自在に参りたいと思いますので(笑)、お楽しみにして頂けますと幸いです。

以上!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事