スポンサーリンク

どうもっ!ものグラムです。

今回は2020年9月16日〜17日に敢行した「クルマ旅in宮崎・大分」よりいよいよラストその7をお送りさせて頂きたいと思います。

その6まででこの遠征の前、「大阪堺ゲリラ遠征」との妙な「符号」をお伝えさせて頂きましたが、大分県日田市に想い焦がれ何年が経過したでしょうか、とうとうこの地に来る事が出来た喜びは大きいものでした。

しかし。本来のスケジュールに無い今回の日田市訪問は残り時間を計算せず来たものでもあり、正直間に合うのかは全くわかっていませんでした。それでもこの2日目ラスト、3軒目の訪問も絶対に外す事が出来ない為、急ぎ足で前進しました。

では!その3軒目ってなんやねん?ラーメンちゃうんか?んでちゃんと帰れたんか?見て参りましょう!宜しくお願い致します!

2軒目の「中華さと」の実食が終了。

中華さとが提供する「プノンペンラーメン」。日田市内ではこの味わいに虜になる人が続出の人気メニューである。

「いやあ、トマトの酸味とセロリの爽やかな風味がたまらんかったなあ、セロリ苦手やのに美味しく頂けたんは凄すぎや」

中華さとが提供するこの「プノンペンラーメン」の美味しさ、そしてライトで健康的な一杯に腹具合は8分目ながらまだ行けると思わせました。

この「中華さと」の実食終了は14:06。未だ九州北部の大分県日田市にいますが、この日19時までに鹿児島空港すぐのレンタカーへ車を返却しなければなりません。タイムリミット5時間を切っています。

「ん〜、まだ200km以上あるやん?これ絶対ヤバいやつやんなぁ、でもな、3軒目はなんとしてもいぐでっ!」

実はその3軒目までの道のりですが、非常に近くそれに助けられました。

車で時間にして4分、約1kmの道のりでした。

「おっ、おっしゃ!はよ行って速攻食って、はよ帰らなあかんで〜!」

少々焦りの念が出ていましたが、それを落ち着かせ出発しました。

3軒目、とうとうやって来た、想い焦がれた「想夫恋 総本店」。

「いや〜きてもた〜、やけど、こんなにもあっさり?ドラマチック感ないなあ」

果たしてその想いは要るのか?ですが(笑)、日田のこの味わいを知り一度は現地で食べてみたいと想い焦がれて何年が経過したでしょうか。

家庭用麺を実食紹介させて頂き約6年、実際に全国の麺を提供する店舗へ訪問して約3年と少し。

店舗実食を開始した当初にはすでにその存在を知り、実は近畿地区に唯一ある支店である京都店にも本店に訪問するまではとパスする程でした。

その本店、いや、総本店の敷地内に入り、いよいよその店内へと入る瞬間がやって来ました。

日田市の麺料理としての名物、それが「日田やきそば」。その日田やきそばと言ってまずは筆頭に挙げられる店舗、それこそが「想夫恋(そうふれん) 総本店」。

「いやぁ、ドラマチックちゃうかったけど、来れたんは嬉しいなあ。今回はプノンペン、中華さと様さまやなあ、あざ〜っす
!」

そう念を送りいざ店内へインします。

この「日田やきそば」ですが、昭和30年代にこの想夫恋の創業者、角安親氏が「焼いた麺料理はないものか?」と試行錯誤の末生み出された味わいで、鉄板にて麺を焦げるほどまでに焼き上げ、そこからソースを加え完成させる、「炒めるのでは無く焼き上げる」焼そば。

家庭用麺としても常温生麺やチルド麺としても商品化されている程ですが、全国的知名度で言うとまだまだでしょう。

ちなみに「日田やきそば」と書かせて頂いていますが、「日田焼きそば」は想夫恋にて2009年に商標登録されている為です、が....。メニュー表記は「焼そば」だったりします(笑)。

何年想い焦がれたか、呆気ない到着(勝手にそう思っているだけですが笑)の中、もちろんオーダーは、「焼そばでお願いします」でした。

スポンサーリンク

「想夫恋(そうふれん) 総本店」の「焼そば」とご対麺。

「うわっ!来た〜!結構ボリューミーちゃう?」

鉄皿にて盛られ提供されるのが総本店の「焼そば」。具材にキャベツは使用せず、豚肉、もやし、ねぎで仕上げるのもポイントで、ソースの汁感は無し。非常にシンプルですが、実際に頂くまでその味わいはわかりません。

「いや、思ったよかバリバリ感無いかなあ、でもすんごい存在感はあるよな、熱いうちに頂くで〜」

「あれ?麺リフトめっちゃむずい.....」

麺を焦げ目がつくまで焼き上げた後、混ぜ上げる際に使用するヘラ(コテ・テコ)にて刻まれている様で、仕上がりは非常にショートでリフトが難しかったのが正直な感想でした。

一口頂くと、パリッとしたまさに「焼いた」食感が軽快でしたが、個人的にはもっとバリバリの硬麺と勝手に想像していた為、思ったよりも硬く無い仕上がりには驚きました。

「しっかり焼き上げた部分もポキっと簡単に折れる様な感じやし、わいもおっさんになって口の中も弱なっとるやん、怪我せえへんかな思たけどその心配は全く無しやな」

そして、焦げ目の無い本来のもっちり、そしてもやしのシャキッとした一体感こそが食感のコントラストの妙で、甘みと酸味、ラードのソースの味付けは思った以上にしっかりしたものでした。

「いやあ、かなり満腹やけど、この1皿だけやったらむしろライトかもな〜、やっぱごはん欲しい....」

そう思いながらもこの日頂いた大分のご縁の3軒の実食が無事終了、この後待っていたのは鹿児島ゴールへの「時間との戦い」でした(笑)。

急ぎ車にて鹿児島空港すぐのレンタカーまで。

3軒目の「想夫恋 総本店」実食終了は14:43。

「ちょっ!あと4時間ちょいやんか!?や、ヤバすぎちゃうん?」

焦る念がふつふつ湧き出すこの頃、本当に時間内に到着出来る保証は無し、でした。

「うぇ?に、にひゃくろくじゅう?」

「想夫恋 総本店」からゴールの鹿児島空港すぐのレンタカーまでの道のりは地図アプリにて調べると262km。この段階で一般道にて帰るのは不可能だと言うのを理解出来ましたが、有料道路オンリーでも非常にタイトなのが判明します。

「この地図アプリの所要時間も信頼したらアカン。今から3時間休憩無しでも18時やろ、いや、本気でヤバいし、一旦久留米の方へ行って下るんかぁ、今年2月の熊本とおんなじルートに行くワケやな...、おし!休憩無し覚悟でいぐでっ!」

いよいよ、本気で余裕の無い最後の帰路へと進みました。

「な、なんとかづいだ〜」。

「な、なんとかづいだ〜、まにあっだ〜。」

鹿児島空港すぐのレンタカーに到着したのは18:27。19時のタイムリミットに対し約30分も早く到着出来たのか?ですが、実際にはそんな余裕は全く無く、途中のSA(サービスエリア)での休憩も手洗いのみと切羽詰まりながら進むもので、この到着時は大きな脱力感に支配されそうでした(笑)。

しかし。

無事「鹿児島空港」へ到着。帰路フライトまで約2時間の空白。

「いやぁ、2回目の鹿児島空港、おやっとさぁ。やけどやな、さっきまで分単位の戦いしたのに、フライトまで2時間ってどうよ?」

そう、飛行機、フライトには十二分に時間に余裕を持って待機しなければなりませんが、いざ空港に到着すると時間をかなり持て余します(笑)。

しかし鹿児島空港には「癒し」が待っています。それが足湯。前回約1年半前に利用させて頂いた時、想像を絶する回復感を感じた温泉パワーに風呂嫌い(すぐのぼせる為であり綺麗キレイするのは好きな方笑)のワタシ「ものグラム」が絶賛するものでした。

「嗚呼....、この熱過ぎへん湯加減やったらいっそ体ごと浸かりたいけどそれは変態やけどさ、やっぱ気持ちええなあ」

そうして、今回も体力回復を体感として感じながら、ゆったりとした時間を空港内で過ごし。最後の工程。

「唐揚げ」を個人的に「空輸する」。

「おっしゃ!元気なった〜!」

と、今回総走行距離678.9kmの身体を癒しましたが、最後はフライト。20:50発で、家には深夜の到着となりますが、なんとか気力体力ともに回復させる事が出来ました。

「あとはコレを大事に持って帰るのみや!」

半透明のビニール袋に入っているのは宇佐の「天下とり(来々軒)」にてテイクアウトした「若鶏の唐揚げ」。しかしそれを空輸しようとこの様な袋を提げているのはワタシ、「ものグラム」しかいません。

実はすでに手荷物検査を終えた所ですが、この唐揚げが入ったビニール袋ももちろんX線検査を通します(笑)。

そうして。

大きなカバン(リュック)は上の荷物入れに、もう一つの手荷物はこの様に前の座席の下に置かなければいけない為、食べ物ではありますがこの様な状態....。しかし大事に持って帰ります。

20:50に無事フライト開始、そして帰宅はそれから約2時間半後。

「あ”〜、がえっでぎだ〜」

帰宅は23:30、なんとか無事「若鶏の唐揚げ」の空輸も成功しました。(笑)

「今回の遠征はなんか始まってすぐから色々と脳に刺激が多かったなあ、それにしても初めての大分で日田に行けたし、上々やったけど、やっぱ近いうちに大阪堺にいかんなアカンな!けどもう今日は早めにやすませて〜」

今回の23発目、「クルマ旅IN宮崎・大分」をなんとか無事成功させ終了する事が出来ました。

残す未踏の地は4県へ。次回は24発目。

はい!なんとかその7で今回の23発目遠征をゴールさせる事が出来ましたがいかがでしたでしょうか?

やはり「大阪堺ゲリラ遠征」と「クルマ旅in宮崎・大分」との「符号」には驚きを隠せませんでしたが、今回のゴールをもってその「大阪堺」へは絶対に行きたいと思わせ、実際に20年9月27日(前泊)〜28日に敢行させて頂きました。

実はこの23発目の次こそさらにハード。24発目は次の週に敢行しましたが、その遠征とは?は次回からスタートさせて頂きますのでお楽しみに宜しくお願い致します。

「いやぁ、最近どんどんハードになって来とるかもしらん....」(笑)

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事