スポンサーリンク

まいどっ!ものグラムです。

今回は「超ロングドライブ遠征in山陰」、いよいよ4日目最終日へと進む、その14を参ります。

ラーメン道を始めて約5年、初の「取材」は一瞬で過ぎた「ちゃんとでけたか?」なものでしたが(笑)、それでもこの運びとなったのは正直嬉しくその日の夜にはこの3日間に出来なかった超リラックス、休息が出来ました(笑)。

しかし。これでいいの?いや、いいはずが無い。

では!それで納得できない?取材ほんまに終了?進めて参りましょう。宜しくお願い致しますっ!

車中泊と1泊の寝不足感からの超リラックス睡眠in松江。

今回の遠征は2019年8月27日の仕事終わりの夜間からレンタカーを借り出発した「超ロングドライブ遠征」。8月28日に日が変わりそれを2日目としたが、その初日2日目の移動距離はなんと約770km。それにも関わらず寝たいのに眠れない時間が多く(笑)、3日目実食までは眠気とコリから来る頭痛までやって来、薬を飲みながらさらに約170km移動。楽しさよりも苦痛が多かったのは正直だった。

しかし8月29日はラーメン道、そしてこの人生初の「取材」をさせて頂ける運びとなり、いよいよその時が来たが、その約1時間はあっという間に過ぎ去った。

その後ぽっかり空いた時間で「出雲縁結び空港」へ土産麺チェック、リサーチをしホテルチェックイン。この日最後の遠征ライブ記事を配信完了し、年間でもなかなか取れない「超贅沢リラックスタイム」を約2時間堪能した後就寝した。

超リラックス乾杯モードのものグラム。最近遠征でこの顔はなかなか作り出せない(笑)。

【関連記事】前回の「山陰3日目、「(株)なかたか取材」もあれれと終了。 その13 Column0242」は↓コチラ

830日。遠征最終日の朝。

6:43、目が覚め窓から外を眺めた。

するとかなりざざ降りの大雨。

「昨日のなかたかさん時だけやなあ、晴れとったの。なかたかのパワー感じるなあ。」

と、昨日深夜からまた降り出した雨がこの様に続き、この日、最終日の予定も不安定なのかと思わせた。

実は昨日29日は22時過ぎには就寝し、この段階で8時間以上も休んだ。しかし、

「もうちょい寝させて〜。あかん〜。」

と、午前8時まで、約9時間半も眠った(笑)。これで恐らく体調は万全だろう。

スポンサーリンク

実はこの「超ロングドライブ遠征in山陰」中に予定変更。

この日、8月30日、本来の予定通りに行くと二度寝無く出発していた。しかし本日のメニューは当時組んでいたものとは全く別のものになった。そう、3日前にリセットし組み直した。

「あのルートは完璧。鳥取に入ってあの車屋のラーメン店、そんで鳥取と言って1番の有名なんはあっこやんなあ」

この遠征出発前に組んでいた、8月30日のメニューはミシュランビブグルマンにも選ばれた異色のラーメン店で、車を販売する店舗がラーメンを提供する「ホットエアーコーポレーション」。もう1店舗は鳥取の「牛骨ラーメン」を提供する全国的にも知名度は決して低くない「いのよし」だった。

しかし。

「今回の遠征、初のアポを快諾してくれたなかたかの方、会いたいなあ。そんでもって、絶対に来て欲しいって言ってたバザー、やっぱり外せんよなあ。」

と、8月29日に取材としての訪問で終了する予定だったのをこの後全て変更。帰りのレンタカー返却の時間のタイムリミットも怪しかったが、やはりなんとしても「なかたか中の人」に合わなければ。その想いは強くなっていた。

「10時半頃に来て頂けるといいと思います、もちろん私もいます」

そう仰って下さったのはなかたか取材の担当の方だった。

「よぉ〜しっ!今からいよいよっ!あのバザーへ行きたいって以前ブログで書いたよな!言うたからには有言実行!っしゃいぐで〜っ!」

と、(株)なかたかとのご縁、記事を見て下さりコメントして頂いた、いつかバザー行きたいなあ、が実現。

その「なかたか公式Twitter中の人」、DMでやり取りさせて頂いたその担当者は中村陽介氏、株式会社なかたかの代表取締役、社長だった。

当時、「ええ〜〜まじで〜〜っ!」と思っていたのだが、どうしても鳥取の実食メニューをこなしたく前日の29日のみの訪問とさせて頂くメールのやりとりをしていた。しかしやはり今回の「めんぐるめバザー」こそ外してはならないものとやっと理解した。

「おっしゃ〜元気なったで〜!いぐで〜っ!!」

この日十分に休息が出来、10時チェックアウトぎりぎり、9:41のパチャリ、チェックアウトしいよいよリベンジ公式取材「めんぐるめバザー」に向かい出発するのだった。

いよいよ「超ロングドライブ遠征in山陰」佳境。

はい。今回はココまでです。

この遠征全体的にめちゃハードでしたが(笑)、その時はキツい、しんどいの感情は全て後に回し進みました。

その先にあったいよいよの「出会い」。商品との出会いは多々体験したものの、その中の人との出会い程尊いものは無いでしょう。

いよいよ次回。「なかたか中の人」、代表と会う瞬間が訪れます。それからどうなったのか?次回お楽しみにお願い致します。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事