スポンサーリンク

どうもっ!ものグラムです。

今回は「超ロングドライブ遠征in山陰」の最終日、4日目の朝、出発からその15を進めて参ります。

「松江ラーメン」紹介から約10ヶ月、いよいよ(株)なかたかの「公式Twitter中の人」、担当者に会える瞬間が訪れました。

そしてその「松江ラーメン」紹介時に行きたい!と投げかけていた想いを受け取り現実のものにしてくれた運、目に見えない導きに感謝しながら、当時はそれどころでは無い時間との戦いは続く。

では!本当の「取材」はこっち?社長、どんな人?続きましょう、宜しくお願い致しますっ!

2019830日。島根県最後の1日の出発。

今回の「超ロングドライブ遠征in山陰」は、家庭で簡単に頂く事の出来る即席麺の紹介から始まり、それが今や全国各地を廻る羽目になった(いやなんかい笑)、外、遠征がテーマになりつつあるが(笑)、この2年間の泊まり遠征は通算18回目。それ以前からしていた家庭用麺調達遠征も入れると20数回で、今まで年に1回も旅行をする事の無かった身にとっては真逆、何が何だか理解出来ぬ時間を過ごして来た。(笑)

今回の遠征はその集大成と言え、今まで短時間の低予算、気軽に行き帰るそれを積み重ねて来たが、今回は今までで1番時間を割き、それなりに予算も掛けたものだった。

その集大成の「超ロングドライブ遠征in山陰」は車でしか行えないメニューで、兵庫県から山口、北九州へふと入り、島根へと繋いだルートで、現在島根県松江市までの走行距離はもう直ぐ1,000kmに達するものだった。

「おっしゃ〜!いぐで〜〜っ!」

と、なんとか回復した8月30日9:41。今回の遠征、集大成となるテーマは「取材」、いよいよ此れが本番だったのか?と出発するのだった。

【関連記事】前回の「島根県ともいよいよお別れ、しかしただでは終わらないもう一つの「取材」へ。 その14 Column0243」は↓コチラ

あれっ?到着。「は、はやない?」

昨日に引き続き到着の(株)なかたかへは10:24。早朝の雨が嘘の様な晴れ間。この遠征最初は台風が作り出した低気圧で記録的な豪雨を九州、山陰を襲い、特に長崎や佐賀では被害が大きく、その低気圧と共に過ごす様に進んだのが今回だったが、何故か今回の大きなテーマだった「取材」の(株)なかたかへの訪問時は晴れたのが印象深かった。

到着時には既にこの「めんぐるめバザー」の為に並ぶ来客があり、11時オープンの30分前から並び始めるのはただ事では無いと感じた。しかし、前日の取材時に担当して下さった方からは、

「10時半位だと大丈夫です。代表もその頃に来ると思います」

とあり、前日の夜中に東京出張から帰って来たばかり、大丈夫なのかと思いながら待機した。

それにしても、あの記事から今目前にこのバザー開催の写真を撮っている自分自身が嘘の様(笑)。しかも公式記者として認められたのが信じられなかった。

気軽に行きたいと綴ったのは2018年12月3日。もちろん行きたいのはやまやまながら、実際に行けるとなると躊躇するのが人の真理だろう、何をしたら良いのか?一瞬わけがわからなくなるものの、落ち着けとこのバザーの列に並ぶ(笑)。

しかし10:30を過ぎても代表が現れる気配が無く、昨日担当して下さった方はこのバザーの準備の忙しさで声など掛けられる隙も無かった。

そうこうしながらその状況を撮影し待っていると、

「初めまして〜、向井さん、今回はありがとうございます」

と、代表直々に行列の中ダイレクトにやって来た。

「えっ?なんで知ってんの?」

と思ったが、当ブログ、そしてTwitterには顔載せしてあった事を思い出した(笑)。

「あっ、初めまして、ありがとうございます〜、」

それにしてもここまでお若くノリの良い方とは、やはり実際にお会いする迄はわからないものだった。

オープン11時迄の間の数分の時間、みっちりと付いて下さり話をさせて頂いたが、その中で大きかったのが、

「これからのビジネスは変わって行きます。そう言う意味でブロガーさんには大変興味深く思っています」

と言われた事。それに対し、

「ブロガーですか、そうですね....。でも超地味っすよ。」

としか答えられなかったが(笑)、きっとそれも知った上でそう仰って頂けたのかもしれなかった。

その間にもどんどんこの「めんぐるめバザーに」に車がやって来る。当日は来客の為に社員は他の場所に駐車しているとの事。

11時オープンに合わせ必死に準備するなかたかスタッフの一体感は緊張感があり、しかし今からの「祭り」を楽しむ準備が確実に進むのだった。

いよいよ「めんぐるめバザー」開店直前、駐車場にもそれなりに車が駐められていたが、今回はまだまだ暇な部類だと言う。中央の白い車こそ3日間我が共にしたレンタカーである(笑)。

そして、いよいよ11時オープン直前。なかたか代表の中村氏から来客者に向け挨拶。そして本日の目玉商品、そして定番商品等の説明が簡単にされた。

「めんぐるめバザー」開催直前に挨拶をする(株)なかたか代表、中村氏。軽快なトークが素晴らしく羨ましく感じた(笑)。

「皆様、え〜、本日は足元のよろしい中、ご来場頂きありがとうございます」

会場からは笑いの声と場の空気が和らぎ、さすがと感心した。此処からは商品についてしっかり説明がありその切替も素晴らしく締まったものだった。

いよいよ11時、オープン。そこから一気に会場内に来客者が入り、ゆっくりその会場を見渡していたがそんな場合では無い程。買い物かごに大量に商品が入り、売場からそれら商品がどんどん消えて行く。その勢いの凄さに圧倒させられた。

「いや〜、向井さん、今日はめっちゃ暇ですみません。雨が降ると(前日に)暇になるんですよね。」

「えっ?コレで暇なんですか?めっちゃ忙しそうに見えるんですけど。もっと?」

と会話を交わす、本来はその行列が会場外にまでなる事もあるのだそう。この日は数十名の行列だったが、忙しい時はおそらく百名以上の行列になるだろうと想像出来る。

それにしても最近では見る事の出来ない活気が感じられた。「バザーの取材をして欲しい」、それが理解出来た瞬間だった。

「向井さん、本当は取材席を設けたかったんですけど時間が無くて、イスだけは用意したんで、これ、座ってくださいよ〜」

コチラが公式記者席。とても嬉しい配慮だったが、会場の様子を撮影等する為、なかなか座る事が出来ず、この場所は代表が生麺の量り売りをしている隣。

「しゃ、社長!ココに座ってると逆に晒しもんみたいになるやん....」

内心思いながら、少々座らせて頂くものグラム(笑)。かなり面白い社長だった。

そうこうしているとあっという間に1時間が過ぎ、正午が過ぎた。

「時間も押して来ましたので、そろそろ失礼させて頂きます。」

とお伝えし、最後は写真を。

人気の「ナポパン」、「旨辛魚介パン」を手に取り記念撮影。左はものグラム、右が(株)なかたか代表、中村氏。

「また来て下さいね!どんどん盛り上げて行きましょうっ!」

と、がっちり握手を交わし、今回の遠征の1番のメインとなった「めんぐるめバザー」取材は終了となった。(後日この「めんぐるめバザー」については別記事にて紹介させて頂きたいと思いますのでお楽しみに。)

それと同時に今回の山陰、島根県ともお別れの一瞬、今回の旅の中で1番長く滞在した濃い内容だった。

此処からのメニューは実食と帰宅。タイムリミットは8時間を切っており、残すドライブは約200km。しっかり余裕を持って帰る事が出来るのか?少々不透明な中急いで車を走らせるのだった。

スポンサーリンク

いよいよ帰路。帰るまでが遠征。

はい、今回の「超ロングドライブ遠征in山陰」、最大のメニューが終了しました。こうして見てみるとなかなかのハードメニューだと自分でも思うんですが(笑)、今までの集大成として行った今回、想像を遥かに超える収穫がありました。

では!次回は帰路に向け、帰ります。「帰るまでが遠征ですよ!」と、気を抜かず最後まで走り抜ける。どうなったのかを続けます。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事