スポンサーリンク

どうもっ!ものグラムです。

今回は2020年7月1日〜2日の「クルマ旅in福島・栃木・群馬」から最後の2日目3軒目、いよいよラストの実食に向かうその9を進めたいと思います。

最後のスポットとして到着したのは栃木県佐野市。ラーメンでは「佐野ラーメン」で有名ですが、なんとか無事にこの日2軒目の「手打ラーメン 万里(ばんり)」に到着、なんとか実食を完了させる事が出来ました。

では!今回はいよいよ最後の実食、この日3軒目、トータル6軒目へ無事辿り着く事ができるのか?見て参りましょう!宜しくお願い致します!

前回までの流れ。

2020年7月1日、4:30。

早朝の起床、第1発目の壁から始まり、それを無事超えるところからスタートしました(それでけへんかったらすべてなしやもんな笑)。それは「起きた気になる起きてない症候群」(笑)。

早朝5時過ぎの始発電車に乗り、いつも通り到着するのは「神戸空港」。そこから約1時間のフライトを経て到着したのは今回3度目となる「東北の玄関口」、仙台空港でした。到着は8:55。

そこからレンタカーにて車を調達し乗り込みますが、最初の目的地をセットしたところ、思いもよらぬ事態が発生しました。それは筆者であるものグラムの「超てけと〜」な計画故起こるものでした(笑)。

【関連記事】2020年7月1日、起床から最初の到着、「仙台空港」からレンタカーを調達し「クルマ旅」スタートまで「2020年久々の11発目、とうとうその日がやって来た。 その1  Column0350」は↓コチラ

いよいよ「クルマ旅」の本格的始動となりますが、その「超てけと〜」はカーナビをセットした時に確認出来るものでした。なんと1軒目到着予想時刻が13:33と、ラーメン実食としては2軒〜3軒目に差し掛かる時間帯であり目が飛び出そうになります(笑)。

急遽有料道路回避ルートを解除し再設定すると到着予想時刻は12時過ぎになり安堵。その後約2時間半を費やしようやく辿り着いたのは仙台空港から約160km離れた福島県白河市。「白河ラーメン」で有名な地ですが、その中でも人気・知名度共に一番の名店と呼ばれる店舗は「とら食堂」。

しかし到着した喜びから心配の種に変わるのは来客者の多さ。店舗外の待機用ベンチには収まり切らない数十名の待ちがあり、今後のスケジュールに不安を感じましたが、なんとか楽しみの気持ちが勝ち、周りの風景を満喫しながら待機する事にしました。

【関連記事】「クルマ旅」をスタートさせてのは良いものの、「超てけと〜」な計画性の甘さが露呈した、「2020年久々の11発目、「クルマ旅」スタート。 その2 Column0351」は↓コチラ

そうこうしながら、到着から約40分後に呼ばれいざ店内へ、と思いきや玄関口にて再待機の状態でしたが、約3分後に案内され、いよいよ店内へ入ります。

目の前に着丼となった大きなどんぶりにて提供されたのは事前に決めていた「ワンタン麺」。到着から約50分後でしたが、「クルマ旅」と店舗外での待機の二重の「焦らし」によりさらに期待感は高まります(笑)。

その美味しさに驚きながらも食はどんどん進み、あっという間に完食。店内での一瞬と言えるひとときを深く記憶へ刻んだ、のを確認すると、その次、2軒目へと気持ちを切り替えます。

【関連記事】1軒目のご縁のあった店舗は福島県白河市の超人気有名店、「とら食堂」。その「ワンタン麺」詳細とは?「2020年11発目、念願の1軒目へ入店。 その3 Column0352」は↓コチラ

しかし、一歩外へ出た瞬間、「うわっ!な、なにこれ〜」となるのはかなりのどしゃ降りの雨。しかしよく考えてみると「クルマ旅」。「おっしゃ〜あめでもなんでもこ〜い!」と強気で次へと進みます。

そして1軒目の「とら食堂」から約3.5km、直ぐ到着した2軒目へ目を向けますが何やら様子がおかしい、と思った瞬間、開いていない事が発覚。直ぐにスマホにて調べると11:00〜正午という営業時間が書かれており、それに騙されていたのが判明します(笑)が、この日は水曜日、実は定休日だと言うのを今になり理解します。さらに「超てけと〜」が露呈された筆者、「ものグラム」だったワケです。ちなみに到着した店舗は白河ラーメンを語る上で外せない源流を汲む店舗、「菊忠」でした。

気を取り直し次へ向かうは約3km離れた近くであっという間に到着。「とら食堂」の系統では無い「非とら系」として時には行列の出来る人気有名店、「火風鼎(かふうてい)」にご縁があり実食を完了させました。

【関連記事】本当にご縁があった2軒目は「火風鼎(かふうてい)」。その味わいの詳細は?「11発目1軒目実食終了、その次はもちろん2軒目....だが...。 その4 Column0353」は↓コチラ

トータル2軒の量が一般的ラーメン店よりも多い事が判明しこの日は次を諦めましたが、残すはまだまだ先にある最終目的地。カーナビが示した残す距離は197km。今からそれを下道のみで走破すると心に決めており、約5時間半後、19:26に到着しました。その場所とは群馬県高崎市。トータル354.1kmの「クルマ旅」となりました。

【関連記事】2軒の実食後からは完全な「クルマ旅」。その到着した先とは?「11発目、2軒の実食終了後は完全に「クルマ旅」。その到着先とは。 その5 Column0354」は↓コチラ

ホテルチェックイン後直ぐに「駆けつけ一杯」をしますが(ふるないか笑)、一杯目から直ぐ、酔いが即回るいつもとは違う感覚を憶え「ヤバない」と思います。そう言いながら本当の意味での「駆けつけ三杯」をし、その時により強い想いが湧き上がります。それは「やっぱこのままではアカン、腹苦しなってもええからもう1軒いぐで〜」というもの。

意を奮い立たせ向かったのは地元人気店の「らーめんキッチンかえで」。煮干し系ラーメンを提供する店舗。しかし一般的な煮干し系とは趣の違う味わいは非常に新鮮に感じられた美味しさで思った以上に軽く完食をしました。

そしてホテル部屋へ戻りますが、いよいよ限界を迎え、早々のノックダウンとなるのでした。

【関連記事】群馬県高崎市のホテルにて一杯するも、どうしても諦めきれず最後の1軒へと足を伸ばした3軒目とは?「11発目は「超欲張り遠征in北関東」となり、1日目最後の欲を張る。 その6 Column0355」は↓コチラ

そして気がつき迎えた次の日、2020年7月2日、5:53。

この日は出発を10:25と決めましたが、まだ4時間半程時間がありもう一度休もうとしますが身体はそうはさせてくれませんでした。

そうしてゆっくりしながら2時間、3時間が経過した後からは逆に時間が足りなくなり5分遅い10:30にホテルをチェックアウト、そして高崎駅東口から反対の西口へ移動し、徒歩約20分をかけ到着したのは絶対に外せない、群馬のラーメンシーンを牽引すると言っても過言では無い店舗、「自家製麺 くろ松」でした。

4番手だったのが意外でしたが、なんとしても1巡目に頂きたかった為ホッとします(笑)。

今回注文した中華そばの松、「特選中華そば・白醤油」の味わいは想像を絶するもので、淡麗で間口の広さを感じましたが、通をも唸らせるその折り重なるだしの旨味、それぞれのパーツの完成度の高さ、それらの調和に驚かされた実食となりました。

【関連記事】2日目朝の様子と群馬県を代表する人気店をこの日1軒目にターゲットしたその内容とは?「2020年7月2日。2日目も「時間との戦い」。 その7 Column0356」は↓コチラ

非常に満足感の高い実食でしたが、その余韻を味わう時間は無く....。元来た道を早歩きで戻り2軒目へと移動しますが、最後のスポットは県を跨いだ栃木県。約65kmの道のりは一般道では到着時点で本格的な帰路へ向かわなければいけない為、カーナビを有料道路回避ルートを解除し急ぎ進みました。

そうして、なんとか13時過ぎ、この日2軒目の店舗へと到着したのは栃木県佐野市。ご当地ラーメン、「佐野ラーメン」で有名な地ですが、その味わいを提供する筆頭に挙げられる人気店、「手打ラーメン 万里(ばんり)」にご縁があり実食。

さすが王道、後を引く美味しさに「また、食べたい」と速攻で思わせる味わいでしたが(笑)、比較的胃袋具合はライトで気分良い状態でした。

【関連記事】2日目、トータル5軒目となる訪問先は栃木県佐野市。「佐野ラーメン」で有名なあの店舗の味わいとは?「11発2日目はラストスパートの2&3軒目。最終実食地とは何処? その8 Column0357」は↓コチラ

実食終了は13:24。実食メニューの猶予は後約35分。最後の3軒目へ無事たどり着けるのか?それが今回となります。

「最後は近いで〜楽勝っ!!.....

7月2日、2軒目の実食のご縁を頂いた栃木県佐野市の人気ラーメン店、「手打ラーメン 万里(ばんり)」。ちなみに写真真ん中の軽自動車が今回の「旅の友=クルマ」である(笑)。

「あ〜、満足した〜来れてよかったなあ、うまかったなあ」

達成感の高さに思わず気持ちが上がりますが、その余韻に浸っている暇はありません(笑)。実食終了は13:24。14時の実食タイムリミットまで残すところ後約35分です。

「いやあ、でももう3軒目は余裕やろ。こっから3.2kmしか離れてないし、さっき通って来た道を戻るだけやん、走行時間は6分ってなっとうけど、まあ余裕を見て10分後到着、まあそれでもギリやけど大丈夫やろ」

余韻に浸かる暇はありませんでしたが、今回の旅最後、この日3軒目、トータル2日間6軒目のゴールはほぼ見えた状態で実は若干油断をしていた瞬間でもあった、今思えばそれしかないと。

「おしゃっ!しゅっぱ〜つ〜!」

「手打ラーメン 万里」の駐車場から、そのまま左にハンドルを切り道路右折レーンに入る。そして右折し約3.2km先を左折すると3軒目の駐車場に到着する、その簡単なルートをシュミレート済みでした。

しかし。約5分後。余裕と思う油断こそ最大の敵だというのを完全に忘れていたワタシ、「ものグラム」は....。

「え〜と、もう到着やな〜、なんか駐車場わかりにく、あれ?えっ?あ”っ!!!」

そして。

「え”〜っ!どおでぃずぎでじばっだ〜やばいやばいやばい〜!」

と、最後にやらかします(笑)。

「え〜、どないしよ、どこでUかまそ、え?ないやん!」

そう思いながら800m進み左折、そこで切り返し再び元来た道へ戻り。

「あ〜。どないなるかおもたけど、やっぱ油断したらアカン、あかんアカン。」

と、まだこの先本格的な帰路もあります。それを肝に銘じながらなんとか今回の旅最後の1軒に到着しました。しかし到着は13:45。一刻の猶予もありません。

スポンサーリンク

今回の旅最後のご縁は「UNITED NOODLE アメノオト」。

栃木のラーメンシーンにおいて特にラーメンフリークの間で人気の店舗、「UNITED NOODLE アメノオト」。2016年9月オープン。

最後の訪問実食予定にしていたコチラの店舗は「UNITED NOODLE アメノオト」。2016年9月にオープンした店舗ですが、その味わいを特に評価したのはラーメンフリークで、熱烈なラーメン好きがレビューする「ラーメンデータベース」では栃木県ラーメンランク1位を獲得する程。

今回は栃木県初上陸でしたので、ご当地ラーメンの「佐野ラーメン」を頂き、最後に新興勢の人気ラーメン店の味わいを頂きたく思った到着でした。

時間はありませんが、最後しっかり頂き〆ると意を決し入店です。

店舗メニューには非常にそれぞれに対し丁寧な説明があるもので、ramen(ラーメン)、tukemen(つけ麺)、maze soba(まぜそば)の主軸3種があり、ラーメンは鶏の清湯(チンタン:透き通ったスープ)と白湯(パイタン:乳化させ白濁させたスープ)でそれぞれトッピングレパートリーのあるものでした。

今回はやはり、福島、群馬、栃木共に共通してあるトッピング、「ワンタン」を頂きたいと思い、清湯の「わんたん醤油そば」をオーダーさせて頂きました。

UNITED NOODLE アメノオトの「わんたん醤油そば(清湯)」。

「うわっ!うまそ〜!」

そうして出された一杯がコチラ。

「UNITED NOODLE アメノオト」の「わんたん醤油そば(清湯)」

鶏の醤油の清湯、現代の醤油ラーメンの淡麗な味わいの「ネオクラシック」感がこの段階から伝わって来ますが、穂先きメンマにしっかりとわんたんが配され、低温調理のチャーシューは若干埋もれる程。

「いやあ、このまま眺めときたい位やけど、時間はないもんな、いただきます〜」

と、この時は時間を忘れ真剣に向き合いました。

実際にはかなり薄めの色合いで、透明度も高いスープでしたが、いざ一口。

「わあ....。めっちゃわかりやすくて深い...。」

非常に間口の広い親しみやすい味わいですが、香りよりも旨味がより抽出され、3種の醤油をブレンドした醤油使いが何よりも素晴らしく、優しさの奥に深さのある美味しさは味わえば味わうほど深く感じる事ができる美味しさでした。

麺は中細のストレートで角のある仕上がり。UNITED NOODLEオリジナルの自家製麺との事ですが、エッジの効いた歯切れの良い食感から余韻に感じられる小麦粉由来の風味がなんとも膨よかで、脂分は非常に少ないながらに味わい、食べ応えも十分にある満足度の高いものでした。

そして。

我が住まいである近畿圏ではなかなかお目にかかれないのはやはり「わんたん」。今回の遠征で6軒のうち5軒でそれに対峙しますが、やはり今回の地域では馴染みあるトッピングなのを理解しました。

ツルツルの滑らかな皮の食感が口の中で泳ぐ仕上がりが非常に美味しかったです。

最後の最後に余裕あり?サイドメニュー。

実は、遠方に訪問させていただく際なかなか頂けないのが実は「サイドメニュー」。当サイトではラーメンだけで無く、その店舗の「サイド」にこそ本気度を感じて頂きたいと実食させて頂いていますが、今現在は主に我が住まい近くの近畿圏のみでしかそれは出来ていません(すません笑)。

しかし今回、なんとしても頂きたい人気の一品をオーダー、最後の最後の一杯を頂きます。それがコチラ。

それはこの店舗サイドメニュー人気No.1の味わい、「燻製豚レアチャーシュー丼(自家製ステーキソース添え)」。

醤油ベースの自家製ステーキソースが掛かるその仕上がりは他ではなかなか頂けない独自の一品。非常に楽しみに最後の最後、〆として頂きました。

「うん、酸味と自然な甘味に肉々しさがたまらんなあ」

レアチャーシューですので全体にみずみずしさを感じますが、醤油ベースの酸味と玉ねぎ由来の自然な甘味が見事調和したステーキソースのバランスはお見事で、ご飯との相性抜群の美味しさでした。

しかし。

「あ”〜。最後この一杯でちょうばんぶぐ〜。正直ぐるじ〜」

と、欲を言えば空腹時に頂きたかったのは正直でしたが(笑)、全体に深く作り込まれた手間暇惜しまず丁寧に提供されているのを十二分に感じた、「人気店故の理由」を味わえた納得の実食が終了しました。(予定を少々超えましたがなんとか14:07に完了。)

最後の最後は「家に帰るまでが遠征ですよ」の帰路。

はい〜!なんとか残す時間の範囲内(少々超えましたが笑)にて今回の「クルマ旅in福島・栃木・群馬」の計6軒、6食の実食が終了しました。

たった6軒、たった6食の経験でしたが、実際に時間内に移動し敢行するプロセスはなかなかで、今現在のインターネットの利便な「ネットサーフィン」とは真逆のものです(笑)。

しかしこのプロセスは絶対に「実際に空気を吸った」ものにしか得られない、体験の偉大さでもあり、今後も死ぬまで続ける所存であります(あ、そのワードアカンか笑)。

次回は限りある時間との戦い、帰れたんか?の「クルマ旅帰路」が待っています。まだまだ油断なりませんが次回も宜しくお願い致します。

続き、ラストその10はコチラ>

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事