スポンサーリンク

どうもっ!ものグラムです。

今回はいよいよ「クルマ旅in福島・栃木・群馬」最後、ラストその10をお送りさせて頂きたいと思います。

2020年7月1日〜2日、1日3軒、計6軒6食全ての実食メニューが終了しましたが、それで満足、安堵してはいられませんでした。それは最後の壁、「無事時間内にレンタカーを返却できるのか?」で、時間から逆算すると非常に難しいものでした。

では!最後は「家に帰るまでが遠征ですよ!」、ちゃんとレンタカー返せたんか?ちゃんと帰れたんか?を見て参りましょう!ラスト!宜しくお願い致します!

前回までの流れ。

2020年7月1日、4:30。

早朝の起床、第1発目の壁から始まり、それを無事超えるところからスタートしました(それでけへんかったらすべてなしやもんな笑)。それは「起きた気になる起きてない症候群」(笑)。

早朝5時過ぎの始発電車に乗り、いつも通り到着するのは「神戸空港」。そこから約1時間のフライトを経て到着したのは今回3度目となる「東北の玄関口」、仙台空港でした。到着は8:55。

そこからレンタカーにて車を調達し乗り込みますが、最初の目的地をセットしたところ、思いもよらぬ事態が発生しました。それは筆者であるものグラムの「超てけと〜」な計画故起こるものでした(笑)。

【関連記事】2020年7月1日、起床から最初の到着、「仙台空港」からレンタカーを調達し「クルマ旅」スタートまで「2020年久々の11発目、とうとうその日がやって来た。 その1  Column0350」は↓コチラ

いよいよ「クルマ旅」の本格的始動となりますが、その「超てけと〜」はカーナビをセットした時に確認出来るものでした。なんと1軒目到着予想時刻が13:33と、ラーメン実食としては2軒〜3軒目に差し掛かる時間帯であり目が飛び出そうになります(笑)。

急遽有料道路回避ルートを解除し再設定すると到着予想時刻は12時過ぎになり安堵。その後約2時間半を費やしようやく辿り着いたのは仙台空港から約160km離れた福島県白河市。「白河ラーメン」で有名な地ですが、その中でも人気・知名度共に一番の名店と呼ばれる店舗は「とら食堂」。

しかし到着した喜びから心配の種に変わるのは来客者の多さ。店舗外の待機用ベンチには収まり切らない数十名の待ちがあり、今後のスケジュールに不安を感じましたが、なんとか楽しみの気持ちが勝ち、周りの風景を満喫しながら待機する事にしました。

【関連記事】「クルマ旅」をスタートさせてのは良いものの、「超てけと〜」な計画性の甘さが露呈した、「2020年久々の11発目、「クルマ旅」スタート。 その2 Column0351」は↓コチラ

そうこうしながら、到着から約40分後に呼ばれいざ店内へ、と思いきや玄関口にて再待機の状態でしたが、約3分後に案内され、いよいよ店内へ入ります。

目の前に着丼となった大きなどんぶりにて提供されたのは事前に決めていた「ワンタン麺」。到着から約50分後でしたが、「クルマ旅」と店舗外での待機の二重の「焦らし」によりさらに期待感は高まります(笑)。

その美味しさに驚きながらも食はどんどん進み、あっという間に完食。店内での一瞬と言えるひとときを深く記憶へ刻んだ、のを確認すると、その次、2軒目へと気持ちを切り替えます。

【関連記事】1軒目のご縁のあった店舗は福島県白河市の超人気有名店、「とら食堂」。その「ワンタン麺」詳細とは?「2020年11発目、念願の1軒目へ入店。 その3 Column0352」は↓コチラ

しかし、一歩外へ出た瞬間、「うわっ!な、なにこれ〜」となるのはかなりのどしゃ降りの雨。しかしよく考えてみると「クルマ旅」。「おっしゃ〜あめでもなんでもこ〜い!」と強気で次へと進みます。

そして1軒目の「とら食堂」から約3.5km、直ぐ到着した2軒目へ目を向けますが何やら様子がおかしい、と思った瞬間、開いていない事が発覚。直ぐにスマホにて調べると11:00〜正午という営業時間が書かれており、それに騙されていたのが判明します(笑)が、この日は水曜日、実は定休日だと言うのを今になり理解します。さらに「超てけと〜」が露呈された筆者、「ものグラム」だったワケです。ちなみに到着した店舗は白河ラーメンを語る上で外せない源流を汲む店舗、「菊忠」でした。

気を取り直し次へ向かうは約3km離れた近くであっという間に到着。「とら食堂」の系統では無い「非とら系」として時には行列の出来る人気有名店、「火風鼎(かふうてい)」にご縁があり実食を完了させました。

【関連記事】本当にご縁があった2軒目は「火風鼎(かふうてい)」。その味わいの詳細は?「11発目1軒目実食終了、その次はもちろん2軒目....だが...。 その4 Column0353」は↓コチラ

トータル2軒の量が一般的ラーメン店よりも多い事が判明しこの日は次を諦めましたが、残すはまだまだ先にある最終目的地。カーナビが示した残す距離は197km。今からそれを下道のみで走破すると心に決めており、約5時間半後、19:26に到着しました。その場所とは群馬県高崎市。トータル354.1kmの「クルマ旅」となりました。

【関連記事】2軒の実食後からは完全な「クルマ旅」。その到着した先とは?「11発目、2軒の実食終了後は完全に「クルマ旅」。その到着先とは。 その5 Column0354」は↓コチラ

ホテルチェックイン後直ぐに「駆けつけ一杯」をしますが(ふるないか笑)、一杯目から直ぐ、酔いが即回るいつもとは違う感覚を憶え「ヤバない」と思います。そう言いながら本当の意味での「駆けつけ三杯」をし、その時により強い想いが湧き上がります。それは「やっぱこのままではアカン、腹苦しなってもええからもう1軒いぐで〜」というもの。

意を奮い立たせ向かったのは地元人気店の「らーめんキッチンかえで」。煮干し系ラーメンを提供する店舗。しかし一般的な煮干し系とは趣の違う味わいは非常に新鮮に感じられた美味しさで思った以上に軽く完食をしました。

そしてホテル部屋へ戻りますが、いよいよ限界を迎え、早々のノックダウンとなるのでした。

【関連記事】群馬県高崎市のホテルにて一杯するも、どうしても諦めきれず最後の1軒へと足を伸ばした3軒目とは?「11発目は「超欲張り遠征in北関東」となり、1日目最後の欲を張る。 その6 Column0355」は↓コチラ

そして気がつき迎えた次の日、2020年7月2日、5:53。

この日は出発を10:25と決めましたが、まだ4時間半程時間がありもう一度休もうとしますが身体はそうはさせてくれませんでした。

そうしてゆっくりしながら2時間、3時間が経過した後からは逆に時間が足りなくなり5分遅い10:30にホテルをチェックアウト、そして高崎駅東口から反対の西口へ移動し、徒歩約20分をかけ到着したのは絶対に外せない、群馬のラーメンシーンを牽引すると言っても過言では無い店舗、「自家製麺 くろ松」でした。

4番手だったのが意外でしたが、なんとしても1巡目に頂きたかった為ホッとします(笑)。

今回注文した中華そばの松、「特選中華そば・白醤油」の味わいは想像を絶するもので、淡麗で間口の広さを感じましたが、通をも唸らせるその折り重なるだしの旨味、それぞれのパーツの完成度の高さ、それらの調和に驚かされた実食となりました。

【関連記事】2日目朝の様子と群馬県を代表する人気店をこの日1軒目にターゲットしたその内容とは?「2020年7月2日。2日目も「時間との戦い」。 その7 Column0356」は↓コチラ

非常に満足感の高い実食でしたが、その余韻を味わう時間は無く....。元来た道を早歩きで戻り2軒目へと移動しますが、最後のスポットは県を跨いだ栃木県。約65kmの道のりは一般道では到着時点で本格的な帰路へ向かわなければいけない為、カーナビを有料道路回避ルートを解除し急ぎ進みました。

そうして、なんとか13時過ぎ、この日2軒目の店舗へと到着したのは栃木県佐野市。ご当地ラーメン、「佐野ラーメン」で有名な地ですが、その味わいを提供する筆頭に挙げられる人気店、「手打ラーメン 万里(ばんり)」にご縁があり実食。

さすが王道、後を引く美味しさに「また、食べたい」と速攻で思わせる味わいでしたが(笑)、比較的胃袋具合はライトで気分良い状態でした。

【関連記事】2日目、トータル5軒目となる訪問先は栃木県佐野市。「佐野ラーメン」で有名なあの店舗の味わいとは?「11発2日目はラストスパートの2&3軒目。最終実食地とは何処? その8 Column0357」は↓コチラ

実食終了は13:24。実食メニューの猶予は後約35分。最後の3軒目へ無事たどり着けるのか?でしたが、実は約3km先が最終3軒目で心には余裕が生まれていました。

しかし。その余裕はいつしか油断になっており、駐車場を確認しながら進んだ筈がそれを軽く通り過ぎてしまいます。そのせいで到着は13:45となり一刻の猶予も許さない中、最後の店舗「UNITED NOODLE アメノオト」に入店、最後の実食となりました。

【関連記事】最後の実食訪問先に「余裕!」と話し「離した」為、まさかのスルーをしてしまいタイムロスした3軒目。その訪問実食とは?「11発2日目はラストスパート。最後の3軒目へ。 その9 Column0358」は↓コチラ

時間的危機ではあったものの、なんとか無事3軒目の実食が終了しましたが、ここからが最後の難関である帰路。タイムリミットは残り4時間を切る中、残すゴールまでの距離は約300km。

果たして無事ゴール、そして帰宅となるのでしょうか?最後の道のりが始まります。

「もう完全上オンリーやな。」

2020年7月2日、14:11。ゴールである仙台空港すぐのレンタカー店に車を返却するタイムリミットは18時。カーナビが示す到着予想時刻はこの時点で18:01と1分オーバーしている(笑)。

3軒目の「UNITED NOODLE アメノオト」を後にしたのが14:07で、そこから4分後のカーナビ画面ですが、仙台空港すぐのレンタカー店までは残すところ284km。後3時間50分で約300km近くを走らなくてはなりません。

「ちょ、ちょいヤバいよな〜。今から完全上(高速道)なんはもうあたり前田(おいおっさん笑)やけどさ、このカーナビ走っても走っても全然到着予想時刻縮まらんしなあ....もう18:01って1ふんオーバーしてもとるし」

今回のカーナビは良く言えば非常に精度の高い到着予想時刻を叩き出して来ましたが、そうなると逆にそれを縮めようと一般的なスピードで走るとむしろどんどん遅れて行く程で、この段階からかなりの覚悟を決め進むこととなりました。

「おお〜しっ!トイレ休憩ほぼ無し!調達リサーチ一切無しやで!気合いやで気合い!眠たなっても止まられへんで〜わ〜とるんか〜?お、おお〜!」

ひとりで勝手に心を鼓舞し(笑)、ここから長い上(高速道)の最後の「クルマ旅」がスタートします。

スポンサーリンク

全く「よゆう」無く「ゆうよ」無い、これクルマ旅?

いざ高速道に入り進み始めますが、やはりほぼ平均100km/hで走っても到着予想時刻は全く微動だにしません。

「え”〜、ひゃ、100キロでも1分縮まったおもたらまた18:01て戻っとるし...コレ本気でヤバない?」

まだまだ不安が払拭出来ないまま進みましたが、約1時間と少し走ったところで催します(笑)。

「わっ!まだちょっと早ない?でも次のSA(サービスエリア)はだいぶ先やし....ちょ、ちょい休憩〜」

やはり、緊迫した状態でもマイペースなのがワタシ、「ものグラム」。それは治るものではありませんでした(笑)。

東北自動車道(下り)那須高原SA(サービスエリア)

「那須高原かあ、めちゃええ感じやけど、手洗いのみやで〜!」

この時15:25。残す道のりを地図にてご確認頂きましょう。

約1時間と少しで残す距離は174kmまで来ましたが、残す時間も後2時間半と短くなっています(あたり前田ですが(もうええやろ笑))。

実は最大の不安は空港手前約30km地点から一般道にシフトする事で、一般道もおそらく50km/h程の設定にて到着予想時刻が叩き出されていると推測できるものでした(往路の経験上)。その一般道に下り進む時間帯こそ17時〜18時の一番の混雑時。いくら高速で時間を稼いだ所でひとたび渋滞に巻き込まればゲームオーバー、が頭をよぎります。

「もうたのむしかない〜!たのんまっさ〜!よろしゅうおねがいいたします〜!」

そう誰に頼みかけるかもわからずその意を投げましたが(笑)、そこからはビシッと気持ち切り替え真剣に進みます。

だいぶ走って来た、最後の最後の小休憩。

東北自動車道の流れは非常に早く、追い越し車線の流れはゆうに100km/hを超えており、それに今回助けられた様に感じました。追い越し車線の平均速度は約120km/hで、一旦走行車線には戻りますが、追い越し車線ペースで進み、少々疲れを感じた所で最後の小休憩をさせて頂きました。

東北自動車道(下り)国見SA(サービスエリア)

その場所は東北自動車道(下り)、国見SA(サービスエリア)。まず地図をご確認頂きましょう。

この時16:45、時間の猶予は1時間15分で、残す距離は約51km。高速道は後20kmとほぼゴールの最後の「お手洗い休憩」でしたが(笑)、やはり不安は残り約30kmの一般道。「渋滞即アウト」の状況は全く変わらず「油断ならない」状況は一変しませんでした。ちなみに、レンタカー店到着間近に最後の工程、「給油」も待っています(笑)。

「最後までやば〜!!」

最後の「お手洗い休憩」から最後は車自体もその過酷な走りに慣れて来た、やはり軽自動車のペースでは無いスピードと継続運転で過酷な試練を与えてしまいましたが(すません笑)、最後は一般道と給油の時間、1分も無駄に出来ない状況の中、ゴールへと進みました。

「あっ!思ったよりも進む.....。た、助かったかも....。」

最後の約30kmの一般道の道のりはそれなりに車は多かったものの、渋滞に至るまででは無く、これに救われた様に感じました。

そして給油も直前で見つかりセルフでは無い友人スタンドでスムーズに進み、最後の最後。

仙台空港すぐ手前へと来る事が出来ました。が、この時すでに17:47。

「最後こそ焦ったり油断したらアカン!最後は平然と何事も無かった様に到着してポーカーフェースや!」

この想いこそそれとは全く逆だったのがあからさまになる、最後の最後の到着はなんとか無事に。

「あ”〜!だ、だだいば〜!じんど〜。」

でした(笑)。

実際には残り2.3kmと誤差があるのは仙台空港を目的地としていたのはありますが、この時点で出発時に18:01の到着予想時刻は約300kmの道のりをかなりハイペースで進んでも短縮出来た時間はたったの3分、この到着予想時刻の精度の高さは個人的には全く合わないもので(笑)、「やっぱ到着予想時刻がどんどん縮まるのがええねん.....ちゃうか?」と思う「超ギリギリ」、タイムリミット9分前の無事到着となりました。総走行距離は715.9km。

「ふ、ふぅ。」

まだまだ、「家に帰るまでが遠征ですよ!」。

そして。

無事レンタカーを返却し「相棒!今回結構無理させてごめんやったで、でも、この旅路は忘れんし感謝やで!(わすれるかもしれない笑)」と意を投げかけ、少々ホッとしますが、実はまだまだ「帰るまでが遠征ですよ!」の最後の最後の工程が待っています。

レンタカーから送迎にて仙台空港に到着したのは17:56。実は帰路フライトは19:35と、ここからは余裕、いや、もう油断してはいけないものですが(笑)、精神的にはフラットな状態に戻るものでした。

しかし。

「帰るまでが遠征ですよ!」

と、毎度ながら奥からこの言葉が聞こえます。そう、最後まで油断してはいけない、小学生の頃に先生から教えを頂いた言葉です。遠足時の言葉で有名な文言。

そうしていざ仙台空港の中に入りますが、やはり今まで利用させて頂いた過去2年間では感じられないもので「コロナ禍」の真っ只中を思わせました。

国際線エリアはご覧の通り土産店も閉まり閑散とした状況で、正直寂しく感じました。

その反対側は国内線ですが....。

国内線サイドの土産店は開いていたものの、全体的に閑散としたもので、全国的に他の空港でも同じくこの様な状態であるだろうと思いましたが、「出来るだけはやく元の活気ある状態に戻ります様に!経済がまわり皆が元ある幸せを取り戻せます様に!」と意を投げかけ、空港にてチェックイン、最後のフライトへ待機させて頂きました。

「あ”〜、今回ちょいキツかったなあ」

「あ〜、仙台空港、今回ほんまにありがとでした〜。次いつ行けるかわからんけど、次は仙台、あ、宮城もしっかり堪能させて下さい〜おねがいします〜」

いよいよフライト間近、19:05。

そうして最後のフライトですが、空港内でゆっくりさせて頂いたのもあり、まだ満身創痍ではありませんでした(笑)。

「おしゃ〜!こっから家までが長いねんけどやな、とりあえずやっと寝れるやん〜!」

と、眠る事しか考えていないのもいつも通りです(笑)。しかしやはり今回の「クルマ旅」は時間的に一番余裕の無い「キツい」遠征でした。

2020年7月2日、19:20。ほぼ全く使用しなかった「ハンディ扇風機」を最後に使用する為意気込む「ものグラム」(笑)。ちなみにいつの間にか着替えている(笑)。

「おっしゃ!このハンディ扇風機、最後はしっかり使うで〜!」

と、今回の遠征の為に意気込み購入するも全く使用する出番がありませんでしたが、最後に活躍してもらおうと意気込みますが。意外と冷房が効いていた為直ぐその役割を終了、しました(笑)。

そうして。約1時間のフライトはあっという間。

「やっぱ神戸への帰りは絶対にA席(左窓際)やで、もう兵庫駅近くまで来たな、もう着陸間近〜」

と、その後直ぐ着陸、無事神戸空港へ帰って来ました。20:47。

そうして。

「あ”〜、だだいば〜。じ、じんど〜」

「あ”〜がえっでぎだ〜、じ、じんど〜」

と、帰宅は22:56。この日最後のメニューは遠征ライブ記事で、簡潔に仕上げ全てのメニューを無事こなす事が出来ました。

「いやあ、やっぱ欲張ったらこうなるねんなあ、でも、3県移動して関東制覇、んで東北もあと1県になったし満足や」

欲張ると全体に薄い内容にはなり時間の余裕は無くなりますが、3県をそれぞれ1県づつ遠征するとこの後何ヶ月、何年掛かるかわかりません。そういった意味でもいざ終了後に感じるのは「わぃらしい」であり、少々の達成感をごく短時間のみ浸る事が出来たのもこうして動けたからこそ。

「いや、でも次はもうちょい余裕をもってやな.....欲張りすぎはあかん、アカン。」

そう思いながら休むのでした。

やっぱり長々となりましたが終了!

はい、今回をもちまして2020年11発目の「クルマ旅in福島・栃木・群馬」を終了致しましたが、最後まで読み進めて下さいました皆さまへ、本当にありがとうございました。

今回は今までで一番文字を捻り出す「キツさ」を感じましたが(笑)、なんとかゴールまで辿り着けワタシも嬉しい瞬間でした(笑)。

しかし。実は次の遠征は間近。「まぢか〜?」はさておき(笑)、今後も至らない点が多すぎのワタシ、「ものグラム」ですが今後も宜しくお願い致したい、そう思いながら終了させて頂きます。ありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事