スポンサーリンク

どうもっ!ものグラムです。

今回は2019年13発目、東京遠征から、その7をお送り致します。

2日目の起床がまさかの寝坊からスタートで、おまけにかなりの二日酔い。少々、いや、かなりやらかした感が大きい遠征初の大失態でしたが(笑)、その後は大丈夫だったのでしょうか?

では、いよいよ最終日がスタート!しかし時間には余裕は全く無し。どうしたのか?見て参りましょう、宜しくお願い致します!

「あ”〜、めっちゃじんど〜。」

13発目初日である10月9日の最終メニューは、恩師である大和イチロウ氏と「密会」と称した食事をしたが、以前から決めていたものだった。

お互い関西エリア在住ながらも東京で会い食事をする、普段出来ないシチュエーションに興奮を憶え(笑)、実際に話が始まると楽しさもマックス。多忙な中時間を作って下さったのもあり、早めに切り上げようと思っていたのがなんのその。気がつけば深夜2時前になり、かなり迷惑を掛けてしまった。(申し訳ございませんでした。師匠!でも本当に楽しかったですよねっ!笑)

ホテルに戻り遠征ライブ記事をアップし就寝したのはおそらく3時頃。その記憶もほぼ飛び気がついた時、いつもより明るい日差しが部屋の中に入って来る、

「う”、な、なんじ?うぇっっ!10じまえ〜うっそ〜、ん、じ、じんど〜」

と、今までの遠征の中で1番遅い起床をしたのだった。

「ちょ、き、昨日と比べもんにならんくらいぱんぱんなってへんか?」

自分でも此処まで顔の膨らみを感じたのは初(笑)。大丈夫なのか?と思いながらも10:43、準備完了。しかしたまたま今回のホテルのチェックアウト時間が11時だったのに助けられ、本人はそれを知りギリギリまで休んだと思える様だったが、実は全く知らずだった(笑)。

【関連記事】2019年10月10日、東京2日目の朝は超寝坊。「う、うっわ!や、やってもうた〜!」 その6 Column0259」は↓コチラ

19年13発目、2日目始動!

今までの遠征の中で1番遅い出発だろう、10:48。ホテルから一歩出た場所が此方。1軒目の実食だが、今回の遠征のメニューはかなりざっくりとしたものであり、遠征出発当時から2日目の予定は全くゼロの状態だった。

「その時に行きたい!思ったとこ行こかな、今回は。事前に決めとったんは昨日の竹末東京プレミアムとチキンラーメンの説だけでほぼ真っ白やな。」

しかし昨日夜、密会前にようやく調べに入った所、徒歩圏内で非常に気になる店舗を地図アプリで見つけ、そこを1軒目にしようと決めていた。徒歩で約10分程だろうか?今から10分でちょうどオープン11時。やはり遅すぎる出発である(笑)。

今回の東京遠征は3週間ぶりで来たばかり。しかしその時の1日目は丸一日雨だったが、2日とも快晴に恵まれたのは非常に大きい。しかしその喜びを味わうどころか、実は二日酔いでふわふわしていた「超ぱんぱんものグラム」。(笑)

「ほんまに今から実食に行くんか?」

と思わせる程、実は自業自得の身体ダメージがあった(笑)。

しかしこの陽気に後押しされ、真っ直ぐ進む。すると。

「うっわっ!めっちゃ賑わっとるやん!道具屋さん。なんでこんなに活気あるん?めっちゃ楽しそうやんっ!」

と、個人的に大好きな食器や食のプロが使用する道具が販売されている店が目に入った。

この店舗の中はさらに活気があり、どんどん来客がある。この時、何故に此処まで活気があるのか知る由も無かったが、それが後になって解った。

思わず吸い寄せられる様に入ってしまう。

「うっわ〜たまらんなあ!ワクワクするなあ!でも頭ふらふら〜」

この様に型抜きやディッパーのステンレス製品を見ると興奮してしまうのは何故か昔から(笑)。何故かと言われるとそれを説明は出来ないが、やはり興奮する(笑)。

もちろん、ラーメンどんぶりに関しても同じく興奮を憶えさせるが、1番上の棚のどんぶりは樹脂製で少々萎えた(笑)。

1階だけでなく2階まで、隅々見て回り、気がつけば10:56。1軒目のオープン前の到着は完全に諦めていた(笑)。

「あ〜めっちゃ楽しかった〜!おっしゃ!元気出てきた!1軒目いぐでっ!」

そして、此処から約5分でそのi軒目に到着?の筈だったが。

「あっれ?もう着いたはずやのに着いてへんがなこれ。ど、どこにあんねん?」

どうやら通り過ぎていた模様(笑)、少々バックし狭い路地を見た瞬間。

「うわっ!な、ならんど〜!」

と、こんな所に店舗を構えているとは全く予想が出来なかった、地図で調べながらも通り過ぎてしまう1軒目は此処だった。

スポンサーリンク

13発2日目の1軒目へ到着。

非常に狭い路地にあるこじんまりとした店舗はかなりの人気店、「麺 みつヰ」。到着時には外待ち6名程だったが、既にオープンしている為、かなり時間を要するのは必至だろう、待機してからの回転は非常に遅くゆっくりとした時間の中回復に努めた(笑)。到着は11:06。

そしていよいよ実食の時がやって来た。その一杯が此方。

店主の丁寧な仕事を見ながら店内で待つ時間も楽しいものだったが、ちょうど空腹を訴える腹時計の知らせもあり助かった(笑)。この時11:51。並んでから約45分後だった。

「あ〜、満足!次や次!」

と思うも、1軒目実食終了時点で12時を過ぎたのは前日共々遅いペース配分。この日3軒の実食が出来るのだろうか?

「いや、な、なんとかなるっしょ!」

と、本人は意外と平気、まず1軒の実食を完了させた事に満足感と、そして本日のメニューがこなせるのか?体調面でも払拭出来た様に感じそのテンションは上昇する様だった。

次回は2日目2軒目へ。しかし...。

はい!今回はライトにココまでです。

それにしても今回宿泊させて頂いた上野駅近くのこの場所は、今までで1番楽しかったかもしれない(笑)。それが次回にも続き、時間の余裕がさらに無くなるとは....。

では次回、思った以上にどんどん時間が過ぎる中、残り2軒の実食は出来たのか?続きます。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事