スポンサーリンク

どうもっ!ものグラムです。

今回は新年明けてもうかなり経つと疑い止まないワタシですが(時間の感覚がどうもおかしい笑)、何末年始の激務を越えた後、とうとうやって来たのは2020年1発目の遠征。

今回は久しぶりのフライト旅で、個人的にはこれが堪らなく楽しみ(約3ヶ月ぶりで超待ったと思う感覚麻痺笑)でした。

では!今回はダイジェスト形式(ワタシ自身の話し言葉でカット多めの軽快な形式(それほんまにゆうとんか笑))で参りたいと思います!何処へ行ってん?今回ひとりか?その辺りを踏まえ進めて参りましょう、宜しくお願い致しますっ!

12月から1月の激務を経る、「あれ?クリスマス?正月?」が過ぎた1月9日。

まず、昨年10月以降の遠征では我が身体との「葛藤」を続けたワタシ、ものグラムでしたが(笑)、10月の東京遠征以降は個人的に大きく職場環境も変わり、それとほぼほぼ同時にやって来た高熱、そこから身体内部に入って来た「菌」との約2ヶ月半の戦いは半端ではありませんでした(笑)。

いや、本当にホント。

特に今思うと10月末の「滋賀遠征」は大腿筋を主にふくらはぎにかけての「激筋肉痛さらに数倍」で、通常に歩く事が困難(階段を見た時点でギブアップ、ハンズアップの状態笑)、当日出発前に中止にしようかとも考えた程、は↓コチラ

そしてあれよあれよとクリスマス、年末そして年始を迎える、というか通過し1月9日、まだ松の内も迎えていない正月期間ながら、それらがとっくの昔に感じる当日朝4時半、実感が湧かない中ですが頭と身体はそれに応える起床でした。

ちなみに、12月初旬に訪問した岡山遠征以後、大腿筋ふくらはぎの痛みから解放されたものの、新たに左足の甲が腫れ、それも菌による炎症と解りました。

12月年末にはリベンジ岡山、「晴れの国おかやまちゃうやん腫れたやんリベンジ晴らすおかやま」を敢行、実は治ったと見せかけた当日でしたが、帰宅後からもう一度だけ腫れが復活(笑)。両大腿筋→左足の甲へと続いた格闘は実は年が開けた1月6日に完全回復だったのを今明かします。

2020年1月9日。いよいよ始動!

今回のフライトはワタシの住まいの最寄駅からだと始発電車でも結構ギリギリでした。始発は5時過ぎ。

忘れ物は無いかと、前日にある程度用意してあったパソコン、各種デバイスのケーブル類の入ったポーチもしっかりイン。「もうだいじょうぶやろ」と出発し電車にも間に合いましたが、電車に乗ってから気づいた「あ”っ!!!」はしっかり忘れ物(笑)。

「GoProの車のフロントガラスにマウントするカップ、わすた〜〜!!!!」

実は今回1番活用する筈だったドライブアングルを撮る為のカメラ固定器具を忘れる失態で「んも〜んも〜!」と頭を掻きむしりたい衝動を抑えながらの出発でした。何事も進み絶対後戻りは出来ないのをこんな事からも痛切に感じる事が出来るんです(笑)。「ま、まあええ、すすめ〜、てかねよかな」

そう思いながら約1時間少々で空港に到着(ほとんど眠れませんでした笑)、ワタシものグラムの最寄りの空港は「神戸空港」。

6時半の到着で、フライトは7時5分。空港で30分はかなりギリギリで、今回は今まで利用して来たLCC(ローコストキャリア:Low-cost carrier)では無いANA(全日本空輸株式会社:全日空)を利用する初の体験でした。

とは言っても、何故選んだのかはやはり価格で、ホテルとのセットプランを探していた所、LCCで往復航空券+ホテルを別々で予約するより遥かに安かった為です(笑)。

今までは空港カウンターにて発券後保安検査に向かいましたが、今回は直接チケットレスで行けるそうで、初めてはやはり緊張、係りの方に聞いてやはりそのまま行ける事を確認、安心し向かい見事保安検査を抜けインしました(笑)。

そしてゆっくりする暇も無く機内へ。すると。

「うっわっ!!今まで3席×3席やったんがうそん!343の1列10席やんっ!ひろっ!」

と、機体の大きさに驚きましたが、初体験かと言うと人生2度目。約15年前に1度沖縄へ行ったのが最初で最後でしたが、今後はばりばり乗る、かもしれません。それは価格次第(笑)。

この様に非常に横幅のある機体でしたが、今までLCCの比較的小型の機体で十二分に満足していた身、この大きさには改めて驚かされました。そして横2席空きで十二分に眠れると確信し(ご迷惑をかけずに済む笑)、いよいよフライト。

「おおっ!!なんか機体がデカいとパワーもぜんっぜんちゃうなあ、なんか重いんやろうけど逆に安定感がめっちゃあって滑走して一瞬で浮かんだ感じやなあ、ねむい....」

感想そのままですが(笑)、本当に機体が大きくなるとパワーももちろん大きくなる訳で、揺れ等の身体に掛かる身体的ストレスは非常に小さく感じられました。

取り敢えず雲海までは頑張り撮影した所で朦朧としますが(笑)、実は今回も飛翼近くの座席を指定したものの、翼が大き過ぎて景色が見えない誤算がありました(笑)。だからこそ速攻で寝ます。

嘘寝です(笑)。でもこんな感じで寝ますのであながち嘘ではありません、そのまま本気で休むとあっという間に到着。

[あ”〜、で、でぶい〜〜(眠いの意)」と思いながらも羽田空港に到着。やはりとてつもなく大きい日本一の都市空港はフライト旅をしていると実感出来ましたが、個人的には田舎もんのおっさんがただただラーメン食いに行くだけ、であります(笑)。でも、この空気感を味わいながら少しだけでもそれに慣れた様に歩、く。(笑)

スポンサーリンク

フライトの次?は。

東京羽田空港に無事到着した後も油断は禁物です(笑)。羽田空港着陸は8時と非常に早かったのですが、その後の予定はタイト。空港から電車で車を借りに行きます、レンタカーを手配していました。

でも、東京で車を運転するのはかなり敷居の高さを感じさせる、ドライバー歴約24年のワタシでも超コワいです(笑)。ですので、都心部から少々離れた、比較的余裕をもってスロースタート出来る場所を選びその駅へ向かいました。

ここで明かしましょう。

実は当ブログ補佐、陰ながら運営補佐をしているのが「陰のものグラム」。元々はフォトグラファーとしての弟子として今現在も1眼レフでその道を進む、撮影スポットとあれば何処へでも行く彼女ですが、今回は同行をお願いし待ち合わせました。

「おうっ!お待たせごめんな〜!」

今回待ち合わせたのは品川区の比較的余裕を持って出発出来そうと勝手に踏んで予約した所でしたが、ずばり正解(笑)。

そして、今回は「陰のものグラム」、関東に住む彼女からの情報も頼りにしながらいざっ!

レンタカー調達完了。(ちなみにこの写真はだいぶん後に撮影出来る余裕が出来た後の1枚でした笑)

「今日はな、初の地に行きたいんやんか、た、たのむで〜陰のものグラム!」

とは話さず(笑)、さて、いこか〜と言い先に進んだのが本当です(笑)。

ぜんっぜんダイジェストちゃうやん?

はい〜、今回はココまで。アレ?ホンマや。(笑)

以前はもっとダイジェスト出来とったのになぁ?、と思いながら(笑)、今回は一人称か他かでいつも通りの遠征記事だったかも(笑)。

全く割愛出来ていなかったかも知れませんが(笑)、次回は車にて移動、実食開始!です。

では、至らぬながらココまで、次回も宜しくお願い致します。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事