スポンサーリンク

どうもっ!ものグラムです。

今回はいよいよ2020年1発目の千葉・東京遠征のラスト、その9をお送りさせて頂きたいと思います。

2020年は幸先良く、この遠征記事の間に3発の遠征を終えましたが、その為あって約1ヶ月の時間を頂きました(笑)。

前回は実食後のノープランでしたが事が運び、なんとか最終帰路までとなりました。

では!帰路はどうなったのか?最後の一仕事とは何か?進め終わらせましょう。ありがとう!宜しくお願い致します!!

前回までの流れ。

2020年1月9日、本来はまだ正月の中、年末年始の激務を過ぎようやくラーメン道の始動と日程に組み込んでいたものグラムの頭は「完全なる通常モード」。

今年初はまずフライトから、LCCでは無く初のANAにて神戸空港から東京羽田空港までひとっ飛び。久々にテンションが上がる(笑)。

今回の遠征では陰ながら当ブログの重要な支えとなる「陰(いん)のものグラム」に同行を願い、スムーズに合流しいよいよレンタカーにてドライブ遠征。いきなり通勤時間の「ばりばり首都高」を走らされるとは思いもよらぬ展開に(笑)。

今回羽田からのドライブ遠征は初上陸の千葉。1軒目は「アリランラーメン」、そしていよいよ到着したのは「竹岡式ラーメン」、どちらも「千葉3大ラーメン」と言われるもので、先ずはその土地の味わいを頂きたく訪問出来たのはかなり嬉しかった。

1日目の実食が終了した後は最後のスポット、千葉県木更津から神奈川県川崎までを海底トンネルと大橋で結ぶ中にあるパーキングエリア、「海ほたる」。

実は東京到着時に描いていたルートと真逆だったが、結果として大正解だったのは誘導を委ねた「カーナビ」。自分の思い通りに逆ルートを走ったならば、疲れ果てた中「帰宅ラッシュ超ばりばり首都高」を走る羽目になるのを想像すると身震いする(笑)。

いよいよ最終日である2日目は東京での実食。今回は銀座エリアから実食をスタートする予定だったが、1軒目を予定していた店舗は想像を遥かに超える行列で断念。しかし銀座エリアで未実食だった「銀座 篝(かがり) 本店」での実食が出来満足。

今回は初日、2日目共に身体を思い2軒づつの計4軒4杯と抑えた。その最後締めの店舗も数年前からいつかは訪問させて頂きたいと思っていたが、「今のうちに行かなければ!」と、店舗営業の区切りを「東京オリンピック」としていた「多賀野」。

到着の瞬間は呆気なく過ぎたものの、想いは現実になった喜びは後々になりじわじわ来るものだろうと実食。

2日目は「多賀野」の営業時間内でも売り切れ閉店になる事を視野に入れ、一刻も早くと焦り行動をしたが実食終了は13時半過ぎ、帰路のフライトは20:15。ポカンと空いた時間を埋める術はラーメン以外に全く皆無のものグラム。

その後電車に乗り移動したが、咄嗟に身体が反応し降りた駅は「目黒駅」。今迄通り降り立った事が無いのがその理由だが、此処で調べ物をしていた陰のものグラムが行きたいと思っていたのが「ホテル雅叙園(がじょえん)東京」。

あの「千と千尋の神隠し」の「油屋(湯屋)」のモデルになった「百段階段」があるホテル。その世界観が大好きだったものグラムは「そこ行こっ!」と即決。とうとう「ホテル雅叙園東京」に到着した。

しかし、実食メニュー終了後からじわじわ来ていたのが身体の活性化。特に内臓が活発になり来たのは腹部の違和感。実は約2時間以上にわたり手を洗う事が出来ずフラれ続け、苛立ちがピーク。

しかし最後の最後、「ホテル雅叙園東京」のリベンジに渡るリベンジ最終章、扉が開いているのを発見し、少々の安らぎを感じながらスマホチェックをした瞬間、またまた誘いを直感し、身震いした。

その運びから向かったのがインスタントラーメン専門店の出張催事である、「出張やかん亭in二子玉川」。テンチョーこと大和イチロウ師が出没とありアポ無しドッキリ訪問をしたが、訪問する方がドキドキする始末(笑)。無事に訪問が完了した。

そうするといよいよ帰路の時間がタイトになる。慌てて帰路へ向かう最終回はどうなるのか?

「気ついたら時間無い!いそげ〜っ!」

「わたしはここからそのまま家に帰れるから」

と、今回の千葉・東京遠征の2日間の同行をしてくれた「陰のものグラム」との別れ。

「おう!んなまたな!こっちも急いで空港行って帰るわ〜!」

17:34、時間的にタイトだったのもありあっさりとしたものでしたが、礼を言うのを忘れていました。この場を借り、「今回はホンマにありがとう!町長、あ、蝶々!あ、いやいやいや、超超助かりました。今後も迷惑掛けるかもやけどまたお願いね。」

毎度かなり戦力となってくれている「陰(いん)のものグラム」でした。(対して表に立つのが陽のものグラム:ワタシ・筆者であります笑)

そして品川駅に着き最後の乗り換え。この時18:11です。この路線は2度目ですので慌てる事はありませんでしたが、時間帯もあり激混み。この2日間の工程の最後というのもありキテました(笑)。

そして到着、はコチラ。

この羽田空港からの復路も2度目ですが、実は利用する航空会社によりターミナルが2つに分かれています。(厳密にはコチラは国内線のみで、国際線専用の駅がありさらに分かれています)

前回は羽田空港「第1旅客ターミナル」(SKY(スカイマークを利用の為))でしたが、今回は念願の「第2旅客ターミナル」。ANA(全日空)、ADO(エアドゥ)、SNA(ソラシドエア)、SFJ(スターフライヤー)が同じく利用するターミナルとなります。

今回の実食終了後からのノープランの運びでさらに偶然の符号は正直、「やっぱ運やな」と思い確信出来るものでしたが、最後に一仕事が待っている、それを皆様へお伝えせよと言われている様でもありました。

フライトは20:15でこの場に着いたのが18:38、ここに来て余裕がありそうですが、今現在各空港での保安検査は以前より強化されており、一概に余裕とは言えない状態です。

スポンサーリンク

「羽田空港第2旅客ターミナル」に到着。

空港施設内に入ったこの時18:41、やはり羽田空港は広さと共に人の多さも国内トップ。それが施設内のあらゆるサービスに繋がり、よりワクワクさせるスポットがたくさんあるのも空港を満喫するひとつの要素なのは間違いありません。

「わあ、ほしなってまうねんなあ....」

このラーメン道がなければ一生ご縁が無いと思っていた飛行機、「フライト旅」。最初に導いてくれたのは今は居らずの職場の若い女性スタッフでしたが、今思うと本当に「飛行機ムズい、ややこい」と思い利用しなかったのがいかに勿体無いのか?と思わせる程でした(実はダメと思えば超ケツが重いのが難点笑)。

その重いケツを叩き起こしてくれたのを思い出しながら、今ではこの模型を「ほ、ほしいぃ....」と思わせる程(笑)。しかし、これを購入する位なら次の遠征に使いたいと、結構冷静でした(前回の羽田復路で1機購入している笑)。

「おっしゃ!あれはどこにあるんや?」

前回は第1旅客ターミナルで、探しに探したが下調べが甘かった故(無いのに歩きに歩き探しに探した笑)、ご紹介出来なかったのが今回はスムーズ過ぎる運び。

数年前に実はそのスポットの撮影をお願いし動画を撮っていたのが「陰のものグラム」でしたが、結局それをその時に紹介出来ないまま、今度は陽のものグラム自身が撮影し紹介する運びになってしまいました。(執筆時本日、その事について電話にて直々に陰のものグラムに謝罪しました許しを得ました笑)

しかし、羽田空港のターミナルは国内線で2つに分かれてはいるものの超巨大。

事前に調べてはいたものの、いざ来てみると一瞬で探し当てる事は困難でした。いよいよ19:00。この写真奥の保安検査に並ぶ乗客の多さから、決して余裕では無いのがおわかり頂けるでしょう、全く時間に猶予無しでした。

「あっ!こんなとこにあったんか〜!嗚呼、やっとみつけた〜....。」

やはり自分自身行きたかったスポットに到着出来る瞬間はひとしお。実際に来てみると非常に小さなスポットに感じられましたが、実はかなり大きな面積を取っている日本全国でも珍しい、これぞと言えるものです。

それがコチラ。

羽田空港第2旅客ターミナル内にある「ご当地自販機コーナー」。

ここまで全国から選りすぐりのご当地商品を無人にて購入出来るスペースは無いでしょう。空港内では決して目立つスポットではありませんが、見つけられた方は楽しく感じられただろう、「知る人ぞ知る」スポットなのです。(訪問させて頂いたからこそ胸を張って言えます笑)

よくよく見てみると本当にどれも欲しくなってしまいますが、その中で我が視点からのポイントをお伝えさせて頂きましょう。

まずは福岡名産自販機。辛子高菜や明太子、あまおうのキットカット等、現地に行かなくては購入出来ないものが多数あり。それが羽田空港で無人で購入出来てしまうのは超画期的。

なかでも当ブログの「ラーメン」ワードからすると、山口・九州地区限定でしか流通されていないハウス食品の「うまかっちゃん」が購入出来るのは特筆ポイント。しかも160円にて購入出来るのはお土産にとってもナイスチョイスになる事間違い無いだろう(東京羽田ですが....笑)一品。

続いては福島。左上のナンバー1はなんと「ひょっとこの半面」で、価格は2,500円ですが、逆に自販機で販売されているのに新鮮味を感じてしまうインパクトがあります。その視線導入からラーメンワードで注目して頂きたいのは地元製麺メーカーの五十嵐製麺から2品で、中央の黄色と暖色のオレンジ(実際の目視での色合いです)。

「喜多方ラーメン」が実は袋麺として商品化されており、この袋麺も全国的にスーパーでは手に入れられない一品ながら非常に美味しいんです。

そしてまだあります。

秋田県の秋田犬。左下の13番にもラーメン「ハチ公ラーメン」があり。家庭用麺フリークにとっても堪らないスポットですが、一般空港利用客にとっても、空港施設内では手に入れられない品々が無人、自販機でも購入出来る、しかもUFOキャッチャーの様にその品が運ばれるのも楽しい筈。

そして最後の最後の最後、トリ。やはりあの師はとんでも無い謙虚なバケモノだと思う、先見の明バリバリなのを感じ震えさせたのがコチラ。

ごく当たり前の様に鎮座している、全くブレない昭和派手ハデ元気満載な自販機がコチラ。全国から厳選直送のご当地ラーメン自販機。

その存在を知りながらなかなか行けなかったものの、やかん亭グループの「ツルカメエンターテイメント」に所属させて頂いている身、マストスポット。

この自販機で実際に購入したグループメンバーはおそらく「大山即席斎&ものグラム」。だけでしょう(笑)。

この自販機の実際の動き、どんな風に購入するのか?簡単ながら動画にさせて頂きましたのでご覧下さい。

今回はやはり羽田空港自販機限定の一品、愛知の小笠原製粉製の「エアポートラーメン」はマストです。

あと、今回個人的に気になった「ハチ公ラーメン」もゲット。片手で撮影、片手で自販機操作であわや、「お、落としてないっす......(ウソ笑)」。

羽田空港第2旅客ターミナルへご縁がある方は是非!これら他では味わえない自販機の楽しさを味わって頂きたい。

そう思いながらその撮影が終了したのが19:31。最後は結構ギリギリでした。

そしていよいよフライトですが、今回初の通路側。「寝るしか無い」と即寝し、自宅到着は23:20。

「ああ、めっちゃ濃いしめっちゃしんどくて、腹もめっちゃ痛くて、あ”っ!!!」

と思ったのは帰って数日後。

ありらん

らぁめん

食べて

つけよう

「え”っ!?運び?うん....ってコレ?」

勝手ながらに感じた2020年1発目の流れは「事の運び」が腹にて連動...。実は全ては最初から運んでいた遠征だったと理解したのでした。(笑)

お粗末様終了!

2020年1発目は約1ヶ月にかけやっと記事化出来ました(笑)。正直こんなにも時間と労力が掛かるとは思っても見ませんでしたが、やはり師匠である「「大和イチロウ」との縁(えにし)を感じさせるものでもありました。

しかし2020年の1月の間に3発の遠征を挟みながら記事展開出来、今後も全国各地に行く際に軽い重いはありますが全てお伝えは出来るかな?と確信を得たりもしました(ゆうてもうたな笑)。

今後は今まで至らずのより詳細もお伝え出来る様努めます。まだまだ至りませんが、ラーメン道の楽しさをよりお一人でも多く感じて頂ける様に(大変でもありますが笑)頑張りますので今後も宜しくお願い致します。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事