スポンサーリンク

どうもこんばんは!ものグラムです。

あ”〜がえっでぎだ〜!は、毎回思いっきり思い声に出てしまうんですが(笑)、今回も帰宅直後はなんとも言えない想いが目まぐるしく回り、脳内メモリが追いつかない状態で(笑)、かなり新規の脳刺激があった遠征でした。

さて、早くゆっくり休みたい、本音がポロリですが(笑)、なんとか良き思い出として、いや、今後アップさせて頂く記事の為、いやいや、何よりも自分自身の麺人生の為でもあるので(笑)、いやいやいやいや、皆様に少しでも色々な麺をご紹介させて頂く為(まとまってないんやったらゆうなや笑)、今からの遠征記事は個人的に忘備録として残しておきたいのもあり、回想しながら(笑)参りたいと思います。

あ”〜、腹一杯アタマイッパイ(ごへいがうまれへんか?笑)、うっしゃいぐでっ!!!

201937日、ゆっくりと始動。

当ブログを最近ご覧下さった方には、おっさんものグラムってどんなやつやねん?と思われると思うんですが、こんな感じです。(笑)

2019年3月7日、朝10:16。昨日から日が変わり深夜02:00頃に就寝後、かなりゆっくり体を休め、いよいよ本日2日目。前乗りの2日前の夜から一応遠征ながら、いや、本日が本番2日目と言っていいだろう。

その本気度として実はユニクロの企業コラボTシャツ、カップヌードルTを入手し、気合い入れとるでっ!と一枚。しかしかぽぬどーは今日は頂かない、なにそれ?である(笑)。

だ、だって実食遠征だもの。んなかぽぬどてぃーきんなや、そう奥から声がするがまあええ、スルーや。(笑)

いよいよ出発!今日は帰る迄が遠征よっ!と言い聞かせ(笑)、出発時からもう最終日なのかと若干マイナス思考も混ざる出発だったのは正直明かす(笑)。

ホテルのロビー。朝から一杯やるのでは無い(笑)。

1軒目はかなりスムーズに到着。いよいよ。

1軒目は前々から決めており、ついに来れた喜びが大きかったものの、いざ来てみると、駅直結のショッピング施設というのもあり、そのフードフロアの11:00は昼時には早く、ご覧の様にまだ誰もいない状態。ラーメン店の11:00は最初のラッシュでもありながら、それとは違うアプローチで出店、ターゲットも違う経営戦術を感じる。ご覧の通りの明るい店内、観葉植物と現代モダンの内装デザイン。ラーメン店?そう、ラーメンが頂けるのである。

なにこれっ?と、思わずこのビジュアルから思われた方も多いだろう、それを前々から思いっきり同じく感じていたのがワタシ、ものグラム。(笑)(詳細はショップ麺、店舗紹介記事にて気合いを入れてお伝えさせて頂くのでお楽しみにしてくださいませ)

前々から行きたくて仕方無かったこのプレミアムなラーメン、目の当たりにし、目の前にありながら信じられない思いで、しかしながらずずずとしっかり頂いた(笑)。嗚呼、本気で堪らん。神様ありがとう、正直そう思ったひとときだった(笑)。

スポンサーリンク

スムーズのつもりが時間との戦い。

そして、1軒目の超スムーズの事の運びから、2軒目、3軒目と本来思っていた運びになるかと思いきや。まず地下鉄にて移動。今回の遠征で地名等一切クレジットしていなかった、なんでやねんを今ココで明かすと、昨日は神奈川、新横浜にて前乗り1泊、そして本番1日目は新横浜からクルマ調達遠征で埼玉、そして帰って来チェックインが東京。

この2日目は東京は新宿エリアにご縁があり、この場所は新宿御苑近く。この先に東京のラーメン界の中でもトップクラスに支持されている店舗へ向かう。この時、それ以外何も考えていなかったのが甘かった。

っ!!あ、じ、時間が、。

2軒目にスムーズに到着時、思いっきり感じたのがこの瞬間。

「ちょ、ちょ〜行列やん〜!」

と、ポーカーフェイスを装いながら慌てる(笑)。しかしここまで来て引き下がれん、いぐでっ!と並ぶ。行く順番、ルートを誤った感が大きくありながら(笑)、本日2日目、徐々にタイムリミットまであと何時間?と、引き算方式に脳内シフトしていた為、かなり焦る(笑)。んもうっ!並ぶしかないやんっ!と、脳内は全くポーカーフェイスとは正反対だった(笑)。

しかし、これもスムーズと言っていいかもしれない、実食にありつけた喜びは大きく、その後に感じられた味わいに今までに感じた事の無い経験値を頂けたのは大きかった。

このご対面も堪らないものだった。今回の所要時間約1時間。行列ラーメン店にしては決して長い部類では無いながら、残り時間に気を取られ焦ったのは正直なトコロ。しかしなんとか実食は嬉しかったなあ。(コチラも近日中にアップさせて頂きます、各ショップ名クレジットは現時点で明かしていませんが、お楽しみに宜しくお願い致します。)

ココで急遽本来の予定変更、どないしよかな?(笑)

迷う。(笑)

正直なトコロで、残り時間との戦いに突入。本来行きたかったもう1軒は移動を考えると昼営業ギリギリが判明、今回は断念する事に。しかしその段階で帰りの便に時間的に少しの猶予が生まれ、この界隈で行きたいもう1軒にシフトチェンジ。

同じ新宿エリアながら、巨大な新宿駅は普段来る事が出来ないおっさんには広大で難解な場所でもある。(笑)それをパーソナルなモバイル端末に「ここどこ〜?」と、こっちやで〜と導かれ進む。ケータイ無かったら無理やな。(笑)

そして。

えっ!?

やっと到着したものの、実は行列。それも納得のカップ麺商品化の人気店。それを知りながら、14:20の段階、昼過ぎにも関わらずこんなにも行列が出来ているとは思わず、またしても残り時間カウントダウン。(笑)

焦りが出て来たものの、なんとかポーカー。(ふぇいすね笑)

そしてやっと、実食にありつけた。

実は、2019年に入り初の店舗のつけ麺を頂き、今回2店舗、2食目なのは今明かす(笑)、いよいよallnoodlesに一歩前進、ってまだまだこの名前を銘打ってはいけない様な気もするけど(笑)、まあいいや。

本気でつけスープと麺とのバランスの妙を感じたのが新たな発見でもあった。(コチラも近日詳細アップさせて頂きますのでお楽しみに宜しくお願い致します)

残り時間に限りを感じ慌て、どしゃ降りの中。

実は、この2019年3月7日、午前中のうちに回復傾向にあると天気予報があるながら、3軒の実食後、ざざ降りの雨。そこで天気予報を見ると、午後には降水確率が20%だった本来から70%になっていた。な、なにそれ?と、この不安定な天気は予測をするのが難しいのだろう、そう思うしかなかった。

ま、まあええ、か、かえるで〜〜!!

と、ここから帰路は2018年の遠征メインの乗り物、飛行機。空港へと向かう。 15:15。

実はあわわあわわギリギリ。

このフライト直前は17:29。

なんや、時間めっちゃあったやんか?と思われるかもしれないが、実は空港着が16:00。そこから1時間20分、トイレや空港券発券、お土産も一応、ゲート越え等、意外と空港では時間は無い。

今回の便の搭乗口にたどり着いた際、最後から2番手のギリギリチェックで、あわやこの便の他の乗客に迷惑を掛ける寸前だった、のは羽田空港だったから。広大な空港でバスにて搭乗するのを知らなかった初羽田、ギリ、すんませんでしたと思った。

帰路に向かい6時間後の帰宅。あ

なんとか帰宅。

やはりフライトは経験がものを言うかも知れないけど、自分の思いを思いっきり飛ばしてくれるよな〜、と、飛行機に乗ってからの一瞬で着く感覚はヤバい。しかしそれまでの時間が結構掛かるのもあるながら、実は新宿からの帰りの一歩からは6時間経過。

新幹線とどっちがいい?と言うのはそれぞれ意見のわかれるトコロ。

個人的には、一瞬で着く、アタマが追いつかんこの感覚が好きかも。と、もう自分がよくわからないながらの帰宅だった。(笑)

(恒例の)遠征時の自分のささやかな土産。

今回、帰り、どうしても欲しくなり、売り場をうろうろし、手に取り、いや、やめ、いやいや!を繰り返し、最終手にしたのがコチラ。

2018年に本格的に空輸で遠征を本格にさせて頂けたのもこの飛行機。いつもお世話になっている感謝の気持ちと、愛着が出て来たのもあり、とうとう手に入れてしまったダイキャスト製のコチラ。個人的にはかなり高価だったながら、これからも上向いて行動するぞっ!今回も凄くアタマん中ぐじゃぐじゃながら(笑)いぐで〜〜〜!!

その想いがこうさせる、ボールペンの支えは突っ込まないで、と思いながら終了。

はいっ!

すんません、毎度こんな感じで終了!(笑)。

しかしまだ今回も脳内メモリが追いつかずですが、必ず実食店舗の詳細をお伝えさせて頂きます、そして今回はどれもかなりの有名店、そして知る人ぞ知る、もう一生に2度と味わえない「カップ麺」にも出会え、実食出来ました。

近々そのどれも全て記事にてご紹介させて頂きますので、少し気長にお待ち頂けますと嬉しく思います。

あくまで個人的主観からの遠征ダイジェストですが、こんな旅もあるんか?と思って頂けるだけで満足です。(笑)。

 

では!

今後の遠征記事はこの様にリアルタイムで完結!をスタイルにしましょう!(めっちゃ今後出来るか不安やけど笑)

最後までご覧くださった方、本当にありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事