スポンサーリンク

どうもっ!ものグラムです。

今回は2020年9月22日(夜)〜24日に敢行させて頂きました、「全クルマ旅in石川(まだまだ仮)」よりその9を進めて参りたいと思います。

9月22日夜から車にて石川県へ到着し初の訪問実食を2軒こなしましたが、その後は移動がメイン。約2年ぶりに通った新潟県糸魚川市にある「親不知(おやしらず)ピアパーク」までやって来、再度スタートする所から始まります。

では!この日残す最後の工程は「ホテルチェックイン」。ちゃんと着いたんか?んで何処まで行ってん?見て参りましょう!宜しくお願い致します!

「親不知(おやしらず)ピアパーク」出発は16:18。

「いやぁ、親不知ピアパークで日本海のええ波撮れたけどさ、もう夕方やな...、ゴールまでまだ....、ん〜150kmかぁ、この時間でコレは結構キツいなあ」

実は9月22日、20:46に兵庫県神戸市の三宮町からスタートして19時間余りが過ぎ、約400km以上を下道、一般道のみにて一歩一歩進んで来ましたが、そこからの150kmの数値は正直楽しい段階を過ぎたもので、

「も、もうはよぅホテルチェックインさせて〜」

とも思う段階へと差し掛かっていました(笑)。

「いやっ!でもボディバッテリーが意外とばりばり80%代をキープ!ってコレホンマなん....?おしゃ!前の新潟妙高とはちゃうルートに切り替えていぐでっ!」

いよいよ最終のロングドライブが仕切り直し始まるのでした。

山中を走りオアシスを見つける。

「やっぱ一般道ってなかなか思う様にすすまんねんな〜。でもこの山ん中の景色は最高やな。あ、昨日からGoPro(ビデオカメラ)セットしてへん...でももう遅いやろ....」

そんな事を思いながら日本海側の糸魚川から右折し南下をはじめ、今度は山中の道路をひたすら走り続けました。

約1時間と少し進むと今までの山の中の単調になった景色から一転、人々が生活する平野部へと進み、とあるコンビニを発見しました。

「おしゃ!だいぶ進んだしちょい休憩、ってココがあのスキーで有名なとこかぁ。初めて来て嬉しいなぁ」

実は今回ピットインさせて頂いたのは長野県北安曇(きたあづみ)郡白馬村。あのスキーで有名な場所でしたが、北陸からいよいよ信州へと一般道オンリーでやって来た流れを感じると、

「いや、ほんまよぅ走ったなあやけどさ、ゴールまだ先やねん。。」

でした(笑)。

「さっきの山を撮るんが一般的やけどさ、反対側のこの感じヤバない?白馬村らしさはないかもやけど、ちょい夕方のうろこ雲、もう秋なんかなぁ....」

まさかコンビニの駐車場から撮影したとは思えないでしょう、現在の位置はこちらとなります。

この時17:36、「親不知ピアパーク」より約60kmを経過した状態でした。

「あと90kmかぁ、最後の90ってめっさキツく感じるなぁ....も、もうっ!はよ帰りたい〜〜!」

その帰りたいとはホテルチェックインを早く致したい、という意味です(笑)。

スポンサーリンク

その後長野県松本市へ....「ん、ん、ん〜!も、ももうっ〜!」

実はその後一気に暗くなり再び夜を迎えましたが、まだ車の中。

「車で数時間寝たけどさ、昨日からもうそろそろまるまる24時間が近づいとるやん、は、はようベットに横になりたいねんけどさ、長野の松本市まで来たけど超渋滞で全く進まんやん...」

ホテルチェックインまで残す所約40km、最後のゴールが見えて来た所で今までに無い超渋滞が発生。帰宅ラッシュの時間帯に巻き込まれた模様で数メートル、数十メートル進むのがやっとの状態が繰り返し続きました。

「ちょ、も、もうアカン!このままやったら21時チェックイン予定の予約入れとったん間に合わへん!」

カーナビが示す到着予想時刻は1分2分と遅れて行き、とうとう落ち着きよりも焦りの念が大きくなり危険な状態になりました(笑)。

「ん、んもう最後!伝家の宝刀や〜!こ、こうそくぅ〜!」

決して伝家の宝刀など持っていませんが(笑)、この日最後まで一般道のみにてゴールさせる筈だった道のりを急遽変更させられたのは正直不本意なものでしたが、それに勝るものは無いと有料高速道へと約6km、全く進まない中その葛藤を乗り越え無事走行出来た喜びは半端の無いものでしたが...。

「んへ?540円....、た、やっぱ高速ダメージでかぃけど、ありがたや〜やな〜」

あの後一般道オンリーで全く進まない超渋滞を待ち進む事など到底出来ない事を思うと本当にありがたいと思うものでしたが、この日高速道にて支払いする予定が無かった身にとっては非常に大きな支出でもありました(笑)。

総走行距離約580km、丸々24時間経過のゴール。

「あ”〜、づ、づいだ〜、だだいばがえっでばいでぃばじだ〜(ただいま帰って参りました〜)」

無事ホテルにチェックインし部屋に到着したのは20:36。昨日20:46にスタートからほぼ24時間後に辿り着いた瞬間は「即倒れそう」な満身創痍な状態で、2軒実食後の体力ばりばり状態から全て削り取られた状態に近いものがありました(笑)。

実際の走行ルートは「親不知(おやしらず)ピアパーク」より日本海沿いにさらに進み、糸魚川から山中の道路へ南下し長野県へ、そして松本市から最終諏訪湖畔のホテルへとやって来、無事ゴールとなる最終工程でした。総走行距離約580km、ほぼ丸24時間掛けてやって来たものでした。

実際に訪れたのは長野県の諏訪市の諏訪湖畔の某ホテルで場所はご覧の通りです。個人的には約6年前にラーメン道をする前にカメラの勉強として来させて頂いて以来でした。

「とりまかんぱ〜い〜!」

実際には出発の前日以来風呂にも入っていない為約2日間、「超油マシマシ」のテカりばっちしの私、「ものグラム」でしたが(笑)、1日休んだビールをこのゴールで頂ける喜びは半端無いもの。まず一杯頂きました。

「ん〜、ちょ、すぐ酔ってまいそうやな、風呂入りたいけど....、今回諏訪の観光向けホテルやん?大浴場あるみたいやし、やっぱどこ行っても部屋の風呂だけで済ますんもなあ....」

と、何故か普段大浴場の「旅気分」を味わいたくなり(笑)、ラーメン道2度目の着替えを行いました。

「こ、これでええんかな?浴衣着替えたで!なんかしらんけど今回はめっさ大浴場行きたいねん!温泉成分でカラダ回復させたいしな....」

この後、普段全く行かない「大浴場」へそわそわしながら行き、しかし思った以上に暑く無い湯に浸かりながら滅多に実感出来ない「旅気分」を旅の道中にて感じる事が出来た、私、「ものグラム」にとっての非日常的な一瞬が大浴場だという事に気づいた瞬間を感じるのでした(笑)。

「な、なんやねん....も、ねよか〜」

そして最後の最後、宴をしようとビールを頂いていましたが、最後に楽しみにしていた事がありました。それがこちら。

今回の遠征前に偶然100均にて見つけたUSBのメス端子。それにUSBのC端子をジョイント出来るものを見付けた時、非常に心踊りました。

「新しいMacBook ProのUSBってさ、C端子でUSB直接挿されれんやん。てか最近のアップル汎用ほんま効かへんけどやな、こ、コレ意外と行ける?行けちゃう?」

要はiPhoneとMacを100均コードにて繋げられるかを楽しみにしていました。純正のケーブルは約3000円。200円で対抗出来るのか?でした。が.....。

「....................................................................、ん?(挿し替え).............................................ん?.........。(チーン)」

さすがのアップル、データ転送はおろか充電すら出来ない状態に暫く無音が続き、こちらも待ちに待ちましたが、敢え無く撃沈でした。

「うむ〜。やっぱ3000円のあのケーブル買わんなアカンのか〜?それにしても厳しいなぁまっくんは....」

そんな事を思いながら約26時間掛け初日の全メニューが終了、最終日の明日へと繋げたいと休みました。

次回は速攻最終日、残り3/4県の訪問実食が待つ。

はい!以上、中身があまり無い初日実食以外の時間でしたが(笑)、なんとか初日約600km近くをほぼ一般道にて(最後不甲斐なかったですが笑)走破しホテルへゴールする事が出来ました。

しかし実は2日目は帰路でもあり、往路に約1日半掛けてやって来たのを半分忘れています(笑)。2日目は時間的にたった半日しか猶予は無く、本当の試練はその2日目に託されていた、「極限」の実食が待っているのでした。

思えばこの遠征最初の「いけそうじゃん?」とアドバイスされその気になり決めたものでしたが、本当に帰って来れたのか?は次回以降実食と共に進めて参りたいと思いますのでお楽しみに!宜しくお願い致します。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事