スポンサーリンク

どうも!こんばんは!ものグラムです。

今回はいよいよ和歌山遠征3日目最終日が始動、佳境に入ります。

最終日3日目は2日間持ちこたえた雨がどっと降る朝方から。梅雨なので仕方は無いですが重めの起床から始まりました。

では!雨大丈夫やったんか?どこ行って来てん?めっちゃ歩いたんやで!を見て参りたいと思います。ご一緒宜しくお願い致します!

和歌山遠征3日目、気が付くと...

7月11日、5:17。本日の実食を思うとかなり早い目覚めだが、夏至から1ヶ月も経っていない為、かなり明るい。

今年は梅雨入りも歴代の遅さで、その分明けも遅くなるのかもしれない、といいながら近畿圏では正直あまり雨が降っていないのも事実。

たまには降って貰わないと水不足が深刻にもなる、どんどん降って欲しい、とは思いたいが...。

「ぅ”え”、あ、雨かあ、出発する頃には止んでくれへんやろか?」

と思っていたのが正直なトコロだった(笑)。

【関連記事】和歌山遠征前回記事「19年7発目2日目 和歌山遠征ダイジェスト その4」は↓コチラ

3日目もいよいよ出発!しかし1軒目が定まらない。

その後、もう一度横になり、何度か浅い眠りを繰り返すその間、ずっと気になっていたのが本日のスケジュール。

実は候補がありながらも定まらず。それは分散するそれぞれの店舗をいかに効率良く周る事が出来るかで、この日は木曜日。定休日の店舗も多くルートが頭の中で作成出来ず未だ決定に至らなかった。。

そしてホテルのチェックアウトが10:00というのもあり、11時オープンが多く時間に余りが出来るのもそれを困難にしていた。

その中で本命の店舗だけは揺るぎなくリストに入っており、その周辺からどうやってスムーズに周れるかを模索し続けた。

「っしゃっ!もう決めたっ!かんなり遠いけどちょうどええ時間になるやろ。今回の和歌山遠征締めはこのルートや!」

と、地図上明らかに2〜3kmあるだろう場所にある店舗をまず1軒目としてターゲット、出発は10時前。意を決した。

おっさんものグラム、気合い入れる。(笑)リュックの中に8年半前に購入した旧MacBook Proが入っている為、重すぎて前かがみになっている、そして今回はふとんきちゃない。(笑)

「もうええ!昨日は余裕あったけど今日は無い、ないない!」と、この時9:43、窓を見ると一旦は止んでいた雨は土砂降りに近く、内心「やっば〜」とも思っていた。(笑)

スポンサーリンク

いよいよ徒歩にて1軒目。意を決しスタート。

忘れ物が無いかしっかりチェック後、いよいよ超涼しいサラサラから汗だくのねとねとが始まるだろう、ウォーキングが始まるのだが、この時は全くそれを思わず「っしゃ!いぐで〜っ!」とホテル1階ロビーにてチェックアウト。

その時もかなり強烈に雨が降っており、徒歩3分圏内にコンビニがあるのはチェック済み(昨日実際にインしカップ麺チェックも行った笑)だったが、この状態では3分でも髪の毛は完全水分が全体に染み渡るだろう。どうするか?フロントで聞いてみる。

「傘は、販売するものならございますが...300円になりますが....」

と聞いた瞬間に「来たっ!」と思った。(笑)しかも300円、ホテルでこの価格?なんと安い、即購入の意を伝え支払い受け取ると、

「あれ?や、やっぱ小さいな。。。でも文句は言えん!ありがとうっ!」

と、心の中の声だった(笑)。雨が凌げるのは本当にありがたい。

そうして、和歌山駅から西へ真っ直ぐのメインの道に出、此処から1km以上真っ直ぐに進む。それは以前の和歌山遠征では行った事のないエリアで、正直ワクワクしていた。9:50。

そうしてしばらく歩くと、景観が変わり緑が多い一帯が。

「おおおっ!これかあっ!スケールでかいな!」

前回の和歌山遠征では近くに来ながらもそれを拝む事が出来なかった「和歌山城」。存在感はかなり大きく萌えた。(笑)しかしその中には入る時間的余裕は無い。

更に進むとその城が絵画の様に映る一瞬があり、歩を止め一枚。ラーメンまんとしてはこれだけで十分に満足出来(笑)、1軒目まではまだまだ遠く及ばない為、また歩き出す。それにしても和歌山駅周辺から急激に変わるこの光景は本当にダイナミックで素晴らしかった。10:10。

出発当初、昨日に比べるとかなり涼しく、「今日はサラサラで行けるかも。」と思っていたのだが、約20分歩くと体が温まり汗が出始めたのもこの頃。湿度がそれなりにあった為、そんなに簡単に快適に行かせてくれる訳も無い。(笑)

「まだまだ!とりあえず1軒目や!なんとしてもいぐでっ!」

20分しか経っていない為、かなり元気だったが、此処からの道のりは更に長い。

この後は撮影スポットも無く、徐々に汗の量が増え不快感はどんどん増す。

「や、やっぱ遠いなあ、地図上ではあと0.6km位?もう2km以上歩いたけど、行きはええけど帰りしんどいなコレ。。」

毎度思う、リアルには復路があるという事を忘れてはならない(笑)。登山と同じ心境だろう、到着すればそれで終わりでは無く、その後元来た道を戻り帰って来る迄が遠征、遠足でもそう教わったよな「家に帰るまでが遠足ですよ」と。まさにそれ。

そうして、約40分以上歩き、昨日は軽かった身も重いリュックでかなり消耗し、後もう少し、そして更に進み此処かと店舗が見えた瞬間。

到着の喜びと共に、外から見えるその店舗内の様子に違和感を感じた。

「やっ、やった〜!.......ってんん?中で準備する気配全く無いやん?」

と、慌てて調べてみる。ケータイのアプリマップでは営業時間や定休日情報が入力されておらず、某有名グルメサイトで調べてみる。すると。

「うっわ!やってもうたやんかっ!!や、やすみやんかっ!!!もぅ〜、わいのばかばかはんぱない〜ばかばか〜〜!!」

今回は本気で盲点だった、調べたつもりが調べられていなかった定休日。10:45で本来ならばなかなかの時間に到着だった筈。(笑)

コチラが「元車庫前○宮中華そば」。実際に歩いた距離等は奈良遠征から導入している腕時計が把握。

3.47km、約48分歩き続けたものの意外とカロリー消費されてないと思ったのは正直な所だが(笑)、この時の自分へのツッコミ具合は半端無かった(決してアクションしてませんが笑)。

一瞬脱力感が襲うものの、前向きに次をどうするか?冷静に考え(たつもり)、此処から元来た道を約2km戻った所がこの日、本命の店舗。1軒目が繰り越された。

「ま、まじかえ〜......。。で、でも戻るしか無いやろ、あっづいな〜んもうっ!」

しんどいとは言えまだ余力はあるのは感じられ(笑)、此処からさらに約2kmを戻るのであった。

あれ?また進まず?

はい!今回はココまで。

って全く進んでませんよね?(笑)

ですが、今回の和歌山遠征の本命にはかなり近い所に迄来ました。(まあホテルからの方が近かったんですが笑)

正直、こう言った自分のミスはかなり多く決してハプニングでは無いんですが(笑)、フラれると逆に燃えるのが自分の強みでもあると。(笑)失敗だらけの道ですが、ひとつひとつ実食を重ねる毎に得られるものがあるのが道でもあります。

では次回!最終と致しましょう!(ゆうたな笑)2度目の和歌山を締めたいと思います

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事