スポンサーリンク

どうも!こんにちは!ものグラムです。

今回は久々の冷凍パスタ、日清食品冷凍からの一品、「日清もちっと生パスタ たらことうにのソース」のご紹介。

レンジでチンであっという間に本格的なパスタが頂ける昨今ですが、味わいのレパートリーもどんどん増え、なんとうにの味が頂けると言う驚き。たらことうにのソース、筆者であるおっさんのワタシにはプリン体という心配の種がありますが(笑)、いや、楽しみ!と素直に言い聞かせ実食させて頂きました(笑)。

では!楽しみに実食と参ります、ご一緒宜しくお願い致します!

パッケージ外観、デザイン

日清もちっと生パスタ たらことうにのソース パッケージ

清潔感のある白を基調にしながら温かい黄色、橙色(だいだいいろ)のうにのイメージをしっかり出したパッケージ。盛付け写真もとても綺麗でどうするとこんなにも綺麗に盛れるのか?と個人的課題が湧いて来るんですが(笑)、ただ単に美味しそうと手に取るイメージが湧くのが素晴らしいです。

下部には生パスタの写真もあり、もちっと生パスタシリーズをしっかり感じさせ、ゆでたての新鮮さも想像出来る心理の動線ではないか?個人的に思いました(笑)。

パッケージ裏

日清もちっと生パスタ たらことうにのソース パッケージ裏

まず上部には作り方が書かれてますが、冷凍パスタなので至ってシンプル。500Wで約5分30秒、600Wで約5分のレンジアップ調理です。

このパッケージ裏の中央にはかなり目立つ文字、「〜デュラム小麦を使った もちっと食感タリアテッレ〜」とあります。

この段階で麺、パスタの事を差すのはおわかり頂けると思いますが、タリアテッレ?と思われる方も多いと思います。

まずは復習、デュラム小麦、そして最近よく聞かれるセモリナ(デュラムセモリナとも呼ばれていますね)について紐解いてみましょう。

デュラム小麦とセモリナ?

まずデュラム小麦は別名「マカロニ小麦」といわれるほどマカロニやスパゲッティに最適な小麦で、柔軟で弾力性の強いグルテンを豊富に含む為、加工するとシコシコとした食感のコシの強さが得られ、黄色味を帯びているのが特徴。原産地としてカナダが主だそうです。

そしてこの小麦の胚乳部を粗挽きしたものがデュラムセモリナで、良質のたんぱく質、グルテンを多く含み、甘みがあるのが特徴だそう。美しい琥珀色こそデュラムセモリナ本来の自然な色。卵や着色料を使用せず自然から得られる美味しい色なんだそうです。

タリアテッレとは?

タリアテッレ(Tagliatelle、タッリャテッレ、タッギャテッレ)とは、イタリア北部で用いられるパスタの一種。細長いリボン状で厚さ1ミリ、幅は8ミリ程度の形状。イタリア語のtagliare(意味:切る)の派生語。

イタリア北部のボローニャではミートソースに和えて食するのが定番だそうです。

タリアテッレよりも日本では聞き慣れたパスタ、フェットチーネがありますが、実はイタリア中南部で呼ばれている名称で、両者ともに違いはほとんど無く、しかしフェットチーネに対しタリアテッレの方が若干薄く幅も狭いそう。

さらにタリアッテッレより少し細い麺をタリエリーニと呼ぶそうです。

スポンサーリンク

原材料、数値について

まずは麺、デュラム小麦のセモリナ、小麦粉、小麦たん白、卵紛が主となるクレジット。

ソースは乳等を主要原料とする食品、植物油脂、たらこ、豚脂、ファストスプレッド、砂糖、食塩、ホワイトルウ、ポークエキス、うにエキス、練りうに、卵黄、発酵調味料、クリーム、酵母エキス、しょうゆ、魚醤、等で、コクのあるクリーム感をこの段階から感じさせます。

数値は1食(272g)当たり、カロリー426kcal、食塩相当量は2.9g、脂質は17.4g。全体的に見ても1食を思うと全く高く無い数値ですが、汁無しを思うと(どうしてもカップ麺を基準にしてしまいますが笑)脂質数値はそれなりのコク、うに感が感じられるのでは?と期待が高まりました。

開封、中身構成について

中身はソースと一体になったパスタ、そして今回はきざみ海苔が付いている構成です。きざみ海苔袋には電子レンジで加熱する前に必ず取ってくださいとあります。も、もちろんです、よね。

後はしっかりレンジアップ、そして盛り付け完成させたいと思います。

完成、仕上がり

日清もちっと生パスタ たらことうにのソース 完成盛付け写真

なんとか頑張って盛付けしたつもり。ですがやはりパッケージ写真のプロの盛付けには及びません(笑)。しかしこうして器に盛付け提供し(あくまで想定笑)、される側からすると(これもまた実現ならぬ想定の範囲笑)、おおっ!と思うかもしれません。

うにの色合い、橙(だいだい)色がしっかり感じられ、麺、パスタにしっかり絡み一体になっているのがご確認頂けるでしょう。

素直にうまそう!と思いながら、まず撮影をさせて頂きました。

実食

レンジアップ後に混ぜてから盛付けましたが、ソースの量はパスタと一体になるしっかりした量で本当にうにを感じさせる仕上がり。

一口頂くとかなり濃厚なクリーム感があり、ほんのりとうにの風味が感じられます。たらこと練りうにを混ぜ込んだ滑らかなソースという事ですが、うにが前面に出ながらも嫌味の無い上品な仕上がりで高級感を憶えさせます。さらにこのきざみのりの磯の香りがするのが堪らない絶妙なバランスです。

麺について

意外としっかりと厚みがあり、実際には2ミリ程ありました。

もっちりと粘りのある弾力、コシがあり、食感も良好。しかし歯切れ良く口の中で踊りながらクリームと一体になる美味しさは格別で、麺、パスタ本来の小麦の風味も強く非常に存在感の大きかったです。

最後に

今回はタリアテッレという新たなワードが出てきましたが、頂くと親しみやすいパスタでした。味わいは非常に濃厚ながらもしつこさは感じられず速攻で完食。たらことうに、そしてきざみのりの風味のバランスが素晴らしい贅沢なひと時を味わえました。

冷凍パスタのクオリティの凄さに驚きながら、まだまだあるレパートリーの多さを今後も楽しみにご紹介させて頂けたらと思います。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事