スポンサーリンク

どうも!こんにちは!ものグラムです。

さて、今回から続けてご紹介しようと決まりました、サンヨー食品、サッポロ一番からの特別限定商品「サッポロ一番 みそラーメン 仙台味噌使用辛口仕立て」の実食です。

2018年11月5日に発売された一品(価格105円(税別))なんですが、2018年9月1日にサッポロ一番みそラーメンが50周年を迎えた記念に今限定として出された特別仕様のみそラーメン。その中の一品がコチラになります。

では!どんな味わいなのか?楽しみですよね。ご一緒宜しくお願い致します!

パッケージ外観、デザイン

サンヨー食品 サッポロ一番味噌ラーメン 仙台味噌使用辛口仕立て パッケージ

この様にオレンジ色のサッポロ一番みそラーメンらしいパッケージは健在ですが、大きく仙台味噌使用と書かれ、普段お目にかかれない一品なのがわかります。右上にはサッポロ一番みそラーメン50周年ありがとう今限定がロゴデザインとしてあり、存在感のあるデザインになっています。

発売は2018年11月5日でしたが、個人的に我が住まいでは全く発見する事が出来ず、独自ルートにて仕入れました。

袋麺の多くは5袋1パックの商品が一般的に多いですが、この一品は1袋単品で発売されていたのもポイントで、実はこの記念商品は3種類のみそラーメンが作られており、今回の仙台味噌、そして東海赤だし味噌、そして九州麦味噌がラインナップ。サッポロ一番としてもかなり注力された一品では無いかと思います。

ですのでパッケージ観点でこの商品を見ると、かなりレアな一品。この様な50周年、半世紀を節目に作られた一品を外す訳には行かないのも個人的でした(笑)。

しかも今回は仙台味噌使用でやはり仙台は辛味噌系。あのサッポロ一番みそラーメンがどんな味わいを見せてくれるのか?非常に楽しみな一品でもありました。

パッケージ裏、原材料、数値について

パッケージ裏の作り方説明はイラストも明快でわかりやすく、シンプルにまとめられているのが好印象。右上には見切れていますが、しっかりとした旨みが特徴の「仙台味噌」にピリッとした豆板醤の辛さを合わせた”みそラーメン”とあり、今回はみそに占める仙台味噌の割合がなんと80%と言う豪華さ。この時点でかなり期待感が高まります。

原材料ですが、まず麺は油揚げめんで、小麦粉(国内製造)、食用油脂(ラード、植物油脂)、デンプン、食塩、しょうゆ、みそとなっており、サッポロ一番みそラーメンは味噌を練りこんだ麺が使用されているのが特徴。

あと、サッポロ一番と言えばしょうゆ、塩がありますが、しょうゆ味の麺は醤油が練り込まれ角刄で切られた角のある麺、塩は山芋が練りこまれた断面が丸い麺、そして今回のみそは味噌が練りこまれた断面が楕円形の麺で、それぞれの味わいに合う様に作られているが大きなポイントです。

スープはみそ、食塩、香辛料、豆板醤、糖類、ポークエキス、ねぎ、かつおエキス、酵母エキス、発酵調味料、でやくみとして七味唐辛子が付属されています。

ちなみに、今回の一品の製造所クレジットが実は株式会社カナヤ食品。実は昭和35年創業の老舗インスタントラーメン製造工場で、このサッポロ一番みそラーメンも製造されています。他メーカーの有名な商品も製造されています。

 

数値はカロリー455kcal、食塩相当量は5.9g、脂質は17.3gと全体的にしっかりした数値。特に食塩相当量は若干高めですが、その分味噌の美味しさをしっかり感じさせてくれそうで期待感は高まります。

では、いよいよ開封、致しましょう。

スポンサーリンク

開封、中身構成について

この麺が断面が楕円のウェーブが掛かった油揚げめん。そして今回特製のみそラーメン粉末スープ、そして七味スパイスの構成。

麺ゆでは3分。熱湯に麺を入れてから2分間は絶対に麺に触れず、2分後にはささっと混ぜ、火を止めて粉末スープを入れ完成。今回はしっかりトッピングも用意し仕上げました。

完成、仕上がり

サンヨー食品 サッポロ一番味噌ラーメン 仙台味噌使用辛口仕立て 完成盛付け写真

おお!と思わず個人的にびっくりした美味しそうな仕上がり。この味噌の色合いは明らかに濃いめ。パッケージほど赤くはありませんが、しかしコクと香りが堪能出来そうに思わせるスープが美味しそうです。

では早速ですが頂きたいと思います。

スープについて

この様にしっかり濃いめの色合いですが、調味油が無いさらっとしたスープに見受けられます。まだこの段階では味噌の風味、コクはどれ程かわかりません。

一口。おっ!っとびっくりしたのが辛味。まず前面に出たビリっとした辛さが印象的で、その後には想像を遥かに超える芳しい味噌の風味。やはりかなり濃いめに仕上げられていますが、オイル分は無いので非常にさっぱり。しかし奥深くポーク、かつおエキスの下支えもしっかり。

そして適度に甘味もありとてもバランス感の良い味噌味でしたが、サッポロ一番みそラーメンのニュアンスを残しつつ仙台味噌の香りが全開に感じられた調整は本当に大変だったのでは無いかと思わせました。オイル感が無いのに、粉末スープなのにこのコク。本当にびっくりしました。

後、添付の七味唐辛子の風味がまた良く、この七味ゾーンを頂くとやはり引き締まった美味しさが感じられました。もう少し量が欲しいと感じられた程。

実はこの段階でかなりテイスティング、と言うか惰性でスープを飲んでしまい、あかんあかん、麺を頂かないと、と思ってしまった次第(笑)。

麺について

この様に麺の仕上がりは結構太め、楕円形状もあり平打ちに近い形状です。

歯切れが良い、しかし十分に弾力のあるもっちりとしなやかな麺は安心して頂ける美味しさ。若干耐久性は低く伸びやすいですが、普通に頂く際には気にならないでしょう。撮影に少々時間が掛かるのでそれから頂くんですが、それでもしっかりした食感をキープしていました。麺量90gもしっかり食べ応えがあり満足でしょう。

最後に

サッポロ一番みそラーメンの安心して頂ける美味しさは健在で、そのテイストも感じながら仙台味噌の香り深さにビリっと来る辛味に新しさも感じさせた美味しさは、やはり唯一無二かな。

今しか頂けない味わいを食せた喜びはあったものの、今回が最初で最後の実食と思うと少し寂しい気持ちにもなった(笑)実食でした。

次回は他の2種の味わいのうちの一品をご紹介致しますのでお楽しみに。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事