味の素 Rumic(ルーミック) ミートソース用
スポンサーリンク

「味の素 Rumic(ルーミック) ミートソース用」

パスタソースの素 味の素 ルーミック ミートソース用味の素 Rumic(ルーミック) ミートソース用

今回の一品は厳密には「パスタソース」では無いが、家庭用パスタソースとしては絶対に外してはならないだろう、味の素株式会社のロングセラー、「Rumic(ルーミック) ミートソース用」をコレクト(実食)。粉末仕様のソースの素である。

全国的には家庭の味わいとして浸透しているだろう一品だが、試しに近しい人々に聞いてみると、意外と食べた事が無い、作った事が無いとの声が多かったのも意外、是非コレクトして欲しいとの声から速攻で仕入れた。

発売日は1966年2月にまで遡る、実は半世紀以上にわたり愛されているロングセラー商品であり、2皿分×2袋の内容量ながら実勢価格は150円前後(税込)とリーズナブルである。(具材は付いていない為、ひき肉と玉ねぎを用意し炒めて調理します)

しかしそれ以上に安定した美味しさをたった数分で仕上げる事が出来る、「即席パスタ(スパゲッティ)ソース」が既に半世紀以上前に作られていたのは驚きであり、あくまで個人的な話になるが、ものグラムの「おふくろのミートソースの味わい」こそコレであり、30年以上前の物心ついた時に頂くこの味わいは記憶に刻まれ、今もなおこの味わいを頂くとその当時の美味しかった良き思い出が蘇る様に感じられる。

おふくろの味とは、手の込んだ料理だけを指すものでは無く、即席で作られる味わいにも通用するものであり、その当時の記憶と結び付けられ蘇らす事が出来る美味しさなのである。だからこそものグラムにとっては非常に思い入れが深い一品でもあるのである(ええ思い出や〜笑)。

商品概要

品名:Rumic(ルーミック) ミートソース用
メーカー:味の素
入手日:2020年6月
品名:ミートソース用調味料
内容量:2袋(粉末ソース(34.5g×2:4皿分))
メーカー希望小売価格:--(実勢価格は150円(税込)前後)
JANコード:4901001004423

原材料

砂糖、食塩、でん粉、小麦粉、トマトパウダー、デキストリン、酵母エキス、香辛料、食用加工油脂、ガーリックパウダー、野菜エキス調味料、粉末しょうゆ、酵母エキス調味料、乾燥パセリ、大豆たん白加水分解物

栄養成分表

1袋34.5gあたり
エネルギー:110kcal
たん白質:2.6g
脂質:0.83g
炭水化物:25g
ナトリウム(食塩相当量):2.0g(5.2g)

「味の素 Rumic(ルーミック) ミートソース用」実食写真

速攻で玉ねぎをみじん切りし、1パック約300gの牛豚合挽きミンチを炒めたが、当商品1袋に要するひき肉は100gであり、この段階でバランス感もへったくれも無い事が判明した為、今回初の一気に2袋4皿分(肉は約6皿分ですが笑)にて調理したが、10分程度で完成し、その間にゆでていたパスタ(スパゲッティ)の上がりと同時に完成させる事が出来た。

De Cecco(ディ・チェコ)No.11 Spaghettini(スパゲッティーニ) 1.6mm

今回使用した麺、パスタ、スパゲッティ(どれやどれや笑)はDe Cecco(ディ・チェコ)のNo.11、Spaghettini(スパゲッティーニ)1.6mm。現在日本では一般的にパスタと呼ばれるが、今回の「Rumic(ルーミック) ミートソース用」が発売された当時は「スパゲティ(スパゲッティ)」意外ワードが無かった。

実はパスタとは小麦粉を練り作り上げられた麺類の総称であり、その中の長さ25cm以上のロングパスタのうち、太さ2mm前後のものを「スパゲッティ」と呼び、1.6〜1.7mm程度のものは「より細い」の意味を付け加えた「スパゲッティーニ」、1.4〜1.5mmのものを「フェデリーニ」と呼ぶ。

日本農林規格(JAS)が規格として定義としているスパゲッティは1.2mm以上の棒状、又は2.5mm未満の管状のものを指し、その範囲はイタリアでの呼称よりも幅があるのである。

話は逸れたが(すません笑)、一口目から広がるトマト由来の酸味、そして適度な甘味に爽やかさを感じるが、その後は玉ねぎとひき肉の旨味が見事に調和した、しつこさを全く感じさせない、それでいて肉感も十二分に感じさせるバランス感はやはり見事である。「ボロネーゼ」とは違うトマトの美味しさを味わうまさに「ミートソース」を堪能出来た。

弾む様なプリッとした食感が持ち味のディ・チェコのスパゲッティーニとももちろん相性良く、2束2皿分あっという間の完食に至った。

半世紀以上愛される「王道」な一品には必ずその訳がある、それを再確認した上で今後は空き時間を使いアレンジも試みようと思うのであった(ほんまにゆうたな笑)。頂いた事が無い方は是非頂いて欲しいと推す一品である。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事