日本製麻 ヨコイのソース 120g
スポンサーリンク

「日本製麻 ヨコイのソース 120g」

パスタソース 日本製麻 ボルカノ ヨコイ あんかけスパ パッケージ日本製麻 ヨコイのソース 120g

soup/ saucecollection012は約10ヶ月ぶりのスープ・ソースコレクションとなるが、決して辞した訳では無い(笑)。今回は日本製麻が製造する「ヨコイのソース 120g」。販売者は有限会社スパゲッティヨコイ。

「名古屋めし」のうちのひとつとして現在では知名度が高いだろう、「あんかけスパ」だが、その味わいを作ったのはスパゲッティハウスヨコイ創業者の横井博氏である。(丸栄ホテル(名古屋国際ホテル)の元洋食部門シェフ)

「自分が愛するイタリア料理が、どうすれば日本に根づくのか。なかでも、うどんのイメージに近く、日本人が馴染みやすいと思われるスパゲッティを広めるにはどうしたらよいのか」と悩み、1959年(昭和34年)より約2年間の試行錯誤の後、イタリアパスタの定番と言えるミートソースと、氏が得意とする洋食のデミグラスソースをアレンジする事で完成させる。

1961年(昭和36年)に「あんかけスパゲッティ」の開発に成功した後、親類との共同出資で名古屋市東区に「そーれ」を開業、その2年後の1963年(昭和38年)に横井自身の「スパゲッティハウスヨコイ」を開業するに至る。

スパゲッティハウスヨコイ 住吉本店(写真ビル2階)(撮影:ものグラム)

その為、発祥は「そ〜れ」、元祖が「ヨコイ」と言われているが、当時は「ヨコイのオリジナルミートソース」と呼ばれており、それを「あんかけうどん」に似ている事から「あんかけスパ」と名付けたのは「からめ亭(旧:ソール本山)」店主であり、名付け親は「からめ亭」と言われている。

一方日本製麻株式会社であるが、元は1928年(昭和3年)に兵庫県尼崎市(南塚口町)にて日本初のスパゲッティを誕生させたが、その生みの親である髙橋胖氏の「高橋マカロニ」が機械生産にて製造したのが始まりである。

その商品名こそ高橋氏イタリアのエオリア諸島ヴルカーノ島にある火山、「ヴェスヴィオ火山」から「ボルカノ」と名付けられ、その後1955年(昭和30年)にはボルカノスパゲッティがマカロニ農林大臣賞を受賞するが、その後1971年(昭和46年)に日本製麻株式会社グループに参加する。

「ボルカノ」が作るパスタは「スパゲッチ」と呼ばれており、中でも同社の一押しは2.2mmの極太麺(一般的な太さは1.4㎜~1.8㎜)であるが、当初2.0mmのスパゲッティを製造する中ある時ダイス(パスタを押し出す穴)を新調したところ、「パスタが細くなった」との声があり調査すると、長年使用した古いダイスの穴が0.2mm広がり事実上2.2mmだったそうである。

現在では2.2mmの特注ダイスにて製造しており、名古屋を中心に「あんかけスパ」、「ナポリタン」、「焼きスパ」用として人気があり、もちろん「スパゲッティハウスヨコイ」でも使用されている。

商品概要

品名:ヨコイのソース 120g
メーカー:日本製麻
入手日:2021年4月
麺種別:パスタソース
内容量:1袋(レトルト(120g:1人前))
メーカー希望小売価格:194円(税込)
JANコード:4977237100079

原材料

野菜(玉ねぎ、ばれいしょ、にんじん、にんにく)、トマトペースト(トルコ製造)、トマトピューレー、牛肉、食塩、香辛料、食用調合油(菜種油、綿実油)/増粘剤(加工でん粉)、調味料(アミノ酸等)(一部に牛肉を含む)

栄養成分

1人前120gあたり
エネルギー:53kcal
たん白質:3.0g
脂質:1.0g
炭水化物:8.2g
食塩相当量:2.9g

 

「日本製麻 ヨコイのソース 120g」調理盛付け・実食写真

パスタソース 日本製麻 ボルカノ ヨコイ あんかけスパ パッケージ日本製麻 ヨコイのソース 120g 調理盛付け例

当商品はパスタソースのみの為、スパゲッティ、具材を調達し調理に入るが、もちろんスパゲッティは専用の同社2.2mmを使用し完成させたのは「ミラカン(ミラネーズ(肉系具材)&カントリー(野菜系具材))」である。

日本製麻 ボルカノ 2.2mm スパゲッティ スパゲッチ あんかけスパ日本製麻(ボルカノ食品) ヨコイのスパゲッティ 450g

ゆで時間は13分(塩は入れずゆでる)、具材にはウインナー・ハム・ベーコン・オニオン・ピーマン・マッシュルームを用意するが、スパゲッティは冷水にて締め、フライパンにて少量の油にて炒めるのがポイントである。

「スパゲッティハウスヨコイ」公式HPより「元祖あんかけスパゲッティ「ミラカンの美味しい作り方」」

一口頂くと、冷水にて締め炒めたスパゲッティの弾力とコシ、適度な芯のある力強い「アルデンテ」を感じ、店舗で頂いた記憶が即蘇る、家庭でも店舗クオリティを感じる事が出来頰が緩む。

スパゲッティハウスヨコイ 住吉本店 「(ランチA(ミラカン&ミンチカツ+海老フライ)」

一方あんは店舗の仕上りより若干薄い色合いであり、トマトの酸味が前面に出た、しかしその奥の深くマイルドな美味しさにコショウ由来のスパイス感があり、ピザに共通するトマト、肉、野菜の風味に感じられた為、チーズ等のトッピングも美味しいだろうと思われたが、既に「カントリー&チーズ」というメニューがあった為、「新たな美味大発見」とはならなかった(笑)。(店舗より若干優しさのある味わいに感じられました)

家庭用としては少々調理に手間が掛かるかもしれないが、具材を用意し調理すればたちまち家庭が「スパゲッティハウスヨコイ」になるだろう(それちょいいみちゃうんちゃうんか笑)。

【現行品】取り寄せ可能商品




スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事