日本製粉 オーマイ 和パスタ好きのための 高菜
スポンサーリンク

「日本製粉 オーマイ 和パスタ好きのための 高菜」

パスタソース 和パスタ 高菜 オーマイパスタ パスタソース日本製粉 オーマイ 和パスタ好きのための 高菜

初々しくコレクトする2品目は日本製粉、ニップンからの一品、「オーマイ 和パスタ好きのための 高菜」である。

日本製粉は今から遡る事124年前(2020年現在)、1896年(明治29年)に設立された、民間では日本で最初の近代的機械式製粉会社とされる老舗である。

製粉を事業基盤としながらも、食品、中(なか)食、ヘルスケア等、グループ会社を含め事業の多角化を進め、近年の食をめぐる環境変化に対応すべくグループ全体での食品事業のウェイトが高まっており、本来の製粉という特定の事業を表した社名ではその実情を十分に表さなくなると考え、2020年6月26日開催予定の日本製粉(株)、第196回定時株主総会で承認されることを条件とし、「株式会社ニップン(NIPPN CORPORATION)」に会社名(商号)を変更することが決議された。(変更予定日は2021年4月1日を目途(もくと)としていますが、2020年9月末日までに開催される取締役会において決定する予定となっています)

※(日本製粉株式会社公式HP:企業情報の新着情報にて、2020年5月25日に発表されたものを一部引用)

少々横道に外れたが(めちゃめちゃずれずれやろ笑)、まだまだパスタに関して多くを語れない為、楽しみにコレクト(実食)させて頂こうと動いた。

商品概要

品名:オーマイ 和パスタ好きのための 高菜
メーカー:日本製粉
入手日:2020年6月
麺種別:パスタソース
内容量:4袋(ソース×2・トッピング×2(共に2食分))
メーカー希望小売価格:250円(税別)(実勢価格は200円前後)
JANコード:4902170056138

原材料

【ソース】高菜塩漬け(国内製造)、植物油脂、おろしにんにく(にんにく、食塩)、異性化液糖、魚醤(魚介類)、食塩、かつお調味エキス、酵母エキスパウダー、唐辛子、粉末油脂
【トッピング】ごま、赤唐辛子、(一部にごまを含む)

栄養成分表

1食24.2gあたり
エネルギー:53kcal
たん白質:1.2g
脂質:3.5g
炭水化物:4.1g
ナトリウム(食塩相当量):0.9g(2.4g)

「日本製粉 オーマイ 和パスタ好きのための 高菜」実食写真

慣れない手つきでパッケージの盛付けに合わせ「巻き巻き」し完璧に近い盛付けが完了したものの、いざ麺リフトの段階でそれが崩れそうになった図、それが此方である(笑)。

あくまで見栄えだけの話だが、気付いたのは「あっ、リフト用に(麺を)残して撮ったらええねんなあ」、それがワタシ、「ものグラム」の答えであり試行錯誤の裏側であり、少しづつ改良する所存である(笑)。

日本製粉 オーマイ ミニスパゲッティ 1.5mm

今回実食にあたり使用させて頂いたのはfileno.001に続き、同社であるニップンの「オーマイ ミニスパゲッティ 1.5mm」。5束ある為後3食同じ麺にてコレクト(実食)するだろう、今後は他社のパスタ(麺)も柔軟に頂きたいと思う。(パスタに関しては現段階で超初心者である為、今後ひとつひとつじっくりそれら味わいを感じたいと思います笑)

高菜由来の黄色味がパスタに帯びた、「ペペロンチーノ風」に仕上げられた和アレンジは非常に新鮮であり、楽しみにいざ一口。

すると、高菜の風味がしっかり最初から感じられる、主に塩系の味わいににんにくで力を与え、適度な塩梅に着地した味わいは非常に馴染み易く、ペペロンチーノのシンプルな調理法がそのまま和パスタとして感じられる、日本独自の「MIXの妙」を感じさせた。

数値的にも非常にライトで、ご飯にも合うだろうと思った瞬間、既にパッケージ裏にはかんたんアレンジとして「高菜チャーハン」が掲載されていた。

この時点で、「パスタソースの深さ」に足先を入れてしまったのが判明。それを楽しみと捉えるか、苦痛に感じるかは自由であり、今現在は少々の不安と共に「ワクワクの期待感」が上昇しつつ、先の事などわかる術は無い、一品一品を出来るだけコレクト(実食)して行きたいと思う次第であった(笑)。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事