日清食品冷凍 日清もちっと生パスタ 牛挽肉とまいたけのクリーミーボロネーゼ
スポンサーリンク

「日清食品冷凍 日清もちっと生パスタ 牛挽肉とまいたけのクリーミーボロネーゼ」

冷凍パスタ 日清食品 クリーミーボロネーゼ日清食品冷凍 日清もちっと生パスタ 牛挽肉とまいたけのクリーミーボロネーゼ

日清食品冷凍より現行(2020年5月現在)品である人気商品、「日清もちっと生パスタ」シリーズから「牛挽肉とまいたけのクリーミーボロネーゼ」。

パッケージにもある「おかげさまで冷凍生パスタ売上No.1ブランド」(※インテージSCI 冷凍調理生パスタ市場(20151月〜20193月金額ベース)が印象的だが、我が住まいの範囲ではかなりの高確率で商品陳列がされている。

「ソースがからむ平打ちパスタ」とパッケージ下部にあるが、今回は「タリアテッレ」という名称が公式でアナウンスされているが、タリアテッレ(Tagliatelle, タッリャテッレ、タッギャテッレ)はイタリアの北部で使用され、ロマーニャ州都でありボローニャ県の県都でもあるボローニャではミートソースと絡めて食するのが定番だそう。語源はイタリア語「tagliare(切る)」。

日本ではタリアテッレよりも馴染みがあるかもしれない、「フェットゥチーネ(Fettuccine)」も平打ち形状のパスタだが、こちらはイタリアの中南部で呼ばれるものである。ちなみにフェットゥチーネはイタリア語で「小さなリボン」と言う意味である。

商品概要

品名: 日清もちっと生パスタ 牛挽肉とまいたけのクリーミーボロネーゼ
メーカー:日清食品冷凍
入手日:2019年12月
麺種別:ゆでタリアテッレ
定価:オープン
JANコード:4548779705840

原材料

【めん】デュラム小麦のセモリナ、小麦粉、小麦たん白、卵粉/クチナシ色素、パプリカ色素
【ソース・具材】トマトペースト、乳等を主原料とする食品、植物油脂、まいたけ、牛肉、野菜(たまねぎ、にんじん、にんにく)、豚脂、砂糖、ポークエキス、チーズフード、ファットスプレッド、全粒粉、食塩、野菜エキス、ワイン、クリーム、オニオン調味料、香辛料、マッシュルームソース、酵母エキス、乾燥パセリ/増粘剤(加工でん粉)、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、香辛料抽出物、香料、酸化防止剤(ビタミンE)、カロテン色素(一部に小麦・卵・乳製品・牛肉・大豆・豚肉を含む)

栄養成分表

1食295gあたり
エネルギー:472kcal
たん白質:13.8g
脂質:17.3g
炭水化物:65.2g
ナトリウム(食塩相当量):1.0g(2.5g)

「日清食品冷凍 日清もちっと生パスタ 牛挽肉とまいたけのクリーミーボロネーゼ」実食写真

今回の盛付けは500Wで約6分のレンジアップの後、別の容器にてしっかり和え、そこから山型に形成した図である。相変わらずパスタでも箸にてリフトだが、大和DNAとでも言っておこう。

写真からもソース量がしっかりでタリアテッレ、麺に十分に絡むのがご確認頂けるだろう、その一口目はクリーミーでマイルドかと思いきや、実はトマトの風味と酸味がクリーム感に負けずに感じられたのが大きな驚きだった。

もちろん全体的にはクリーミーではあるが、トマトと牛の旨味をしっかり感じられたバランスは素晴らしく、まいたけの食感も活き活きしていた。

タリアテッレは正直、麺の戻りにムラがあり硬い部分もあったが、全体的にはコシのある平打ちで食べ応えがあるみずみずしさに満足した。

「コレクションファイル」とは?新たに設けられた今までのコレクションを放出するもの。記事としてアップが追いつかない為の苦肉の策。その内容はコチラ

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事