日清食品冷凍 日清の台湾まぜそば
スポンサーリンク

「日清食品冷凍 日清の台湾まぜそば」

冷凍麺 日清 台湾まぜそば パッケージ日清食品冷凍 日清の台湾まぜそば

collectionfile0305は日清食品冷凍より2015年6月1日(月)に発売された冷凍麺、「日清の台湾まぜそば」。

現在(2021年7月)も現役にて全国区で販売される、実は「ロングセラー」商品である。最終リニューアルは2019年9月1日(日)。

台湾まぜそばとは愛知県名古屋市にて発祥した今では「名古屋めし」として認知される味わいだが、さらにその発祥の店舗は2008年(平成20年)創業の「麺屋はなび 高畑本店」(店主:新山直人)である。

店主が「台湾ラーメン」発祥の「味仙」系列店舗で修行した経歴があり店舗でもその「台湾ラーメン」の「台湾ミンチ」試作するが大失敗し廃棄しようとしたところ、当時アルバイト勤務をしていたスタッフの一言、「茹で上げた麺にかけてみたらどうでしょう?」から始まり、その後試行錯誤を重ね完成した味わいである。

「名古屋めし」として認知されたのはもちろんだが、いまや東海エリアはもちろん、関東、近畿エリアにまで親しまれる味わいとなり、家庭用商品としても各社から商品化され、それらが全国区で親しまれるまでに至る「メジャー」な味わいになりつつある。

商品概要

品名:日清の台湾まぜそば
メーカー:日清食品冷凍
発売日:2015年6月01日(月)
麺種別:ゆで中華麺
定価:オープン
JANコード:4548779701651

原材料

【めん】小麦粉(国内製造)、食塩、卵粉/かんすい、クチナシ色素
【たれ・具材】植物油脂、野菜(にら、にんにく)、ポークエキス、豚脂、しょうゆ、豚肉、チキンエキス、粒状大豆たん白、削りぶし粉末、砂糖、たん白加水分解物、麦芽糖、香辛料、食塩/調味料(アミノ酸等)、香料、カラメル色素、増粘剤尾(キサンタンガム)、香辛料抽出物、酸化防止剤(ビタミンE)、(一部に小麦・卵・さば・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)

栄養成分

1食256gあたり
エネルギー:534kcal
たん白質:14.4g
脂質:23.6g
炭水化物:65.9g
食塩相当量:2.8g

「日清食品冷凍 日清の台湾まぜそば」実食写真

冷凍麺 日清 台湾まぜそば 麺リフト日清食品冷凍 日清の台湾まぜそば 麺リフト

パッケージには「たまご1つでさらにおいしい!」と書かれているが、実はあまり鮮度の良く無い卵黄を2テイク分麺の山頂に乗せた後の「大失敗」の図、である。(鮮度が良く無い為2回とも卵黄の皮が破れ麺の中へインしています笑)

その山頂の凹みを「何事も無かった」かの様にカバーしたが、実は通常よりも卵が多いスペシャル仕様に正直心躍らせた。(ゆわんでええのにな笑)

一口頂くと、「麺屋はなび 高畑本店」にて訪問実食した記憶が即蘇る、醤油ベースのにんにく香る肉みそ、しっかりと効いた魚粉による魚介感がただただパワフルだけに終わらせない深みあるリアルな美味しさを感じさせた。

麺は小麦ブランを配合した平打ちの極太ストレートであり、やはり店舗のリアルには及ばないものの力強い弾力があり、今回の「スペシャル」な卵黄が肉みそとの絡む素晴らしい一体感は「台湾まぜそば」の家庭用商品としてのトップクオリティであるのは間違い無いと確信出来た、それ故に定番として格上げされロングセラーとなるのを実体験する事が出来たコレクト(実食)となった。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事