スポンサーリンク

どうもっ!ものグラムです。

本日は通常記事をお休みし、告知となりますが。

「あ”〜。とうとう手出してもうたんかぁ.....」

と、実は個人的には少々複雑な想いでもあります(笑)。

実は、当サイト(ブログ)、「ものグラムのallnoodles.com」は「浅く広くをより深く」をモットーに家庭用即席麺や実店舗の麺商品をご紹介させて頂き、今まで約7年間(サイト引越し以前より)でトータル3000食以上をご紹介(記事化)させて頂きました。

そして2019年10月より家庭用即席麺の紹介をコレクション形式にしたcollectionfile、実店舗の一杯も記事形式を変え、一応当サイト「ものグラムのallnoodles.com」の新形式にて一歩一歩進める道筋が出来た所でしたが。

約1年前に実際に始めようか悩みながら取り寄せし、しかし記事化を断念し日が過ぎて行く中、

「や、やっぱこれ手出したら終わりやで.....ホンマに手回らんなるやん!」

と、一度は落ち着きましたが、再びその時がやって来ました。

「わっ!これはヤバいっ!これゲット!!......。ってコトは.....。」

そうなんです。やはり手を出してしまうのが私、「ものグラム」な訳でして....。

そして、手を出してしまったからには「記事化」しなければいけないワケで。(カラダが記事化に向け自然に動いてしまう病笑)

そういうワケで、今回新たに作成するfileを告知させて頂きます!(もう後には引き返せない様に発破を掛ける為笑)

それは?

「otakumenfile(お宅麺ファイル)」

新型コロナウィルスによる外出自粛にて大ダメージを負った飲食業。家庭用即席麺はその恩恵にて売り上げを伸ばす一方、ラーメン店は大打撃を受け閉店する店舗も非常に増えた1年半でした。

しかし、その中で新たな動きを見せひとつのジャンルが確立されたと言っていいのは各店舗が家庭用に店の味わいを販売する「通販ラーメン」、冷凍食品として商品化し通販や「専用自販機」にて販売する、「宅麺」の存在です。

私、「ものグラム」は即席麺コレクターとして活動を開始しましたが、やはり実店舗にも行き実食させて頂く身でもある為、苦境に強いられている飲食業の麺々を無視する訳にはいかない、そう思い始めさせて頂く事を決心致しました。

ちなみに、なぜおたく麺なのか?ですが、宅麺は実際に「宅麺.com」という通販サイトがある為、そしてオタク(1970年代に生まれた呼称)はマニアでもあり「ラヲタ」でもある為....、ちょうどいいやと決定しました。

しかし、この「otakumenfilem(お宅麺ファイル)」も「浅く広くをより深く」するサブfileとして、何から何まで手を出さず敢えて個人的に「これっ!!めっちゃ食いたいっ!!」と、個人的嗜好の琴線に触れたものだけを厳選してチョイス、実食ご紹介とさせて頂きたいと思います。

逆にその方が私、「ものグラム」らしさが出ていいのかな?とも思いますし、より趣味的要素があって面白くなるのかな(自分のことはいちばんわかりません笑)とも思えてのびのび記事化出来るかなと思う次第です。

では!近日中に始動!「浅く広くをより深く!」、今後とも1日度1記事、一歩一歩歩んで参りますので宜しくお願い申し上げます。

2021年9月17日(金(あっ!ゴールドや!笑))、23:10。ものグラムより。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事