八平の食堂 アリランチャーシュー
スポンサーリンク

どうもっ!ものグラムです。

今回は千葉県のご当地ラーメンのひとつと言われる味わい、「アリランラーメン」を提供する店舗、「八平の食堂(はちべえのしょくどう)」を訪問、その味わいをご紹介させて頂きたいと思います。

アリランラーメン?と思われる方が大半かもしれませんが、その味わいを求め日々多くの来客があるのが今回の店舗。

今回はそのアリランラーメンについて、そして今現在その味わいを頂けるのは2店舗?どんな味わい?をポイントに見て参りたいと思います。

では!早速ですがご一緒宜しくお願い致します!

「八平の食堂(はちべえのしょくどう)」に到着

「八平の食堂(はちべえのしょくどう)」店舗外観 その1

到着は2020年1月9日、11:28。オープンは11:30で、本当にうまい具合に到着したなと思ったのが筆者ものグラムでした(全く図っていません笑)が、早朝の東京からカーナビに導かれたのはばりばりの首都高速で、それが人生初の首都高ドライブになるとは思ってもみませんでした。(神奈川県川崎からアクアラインで千葉県木更津ルートと勝手に確信しながらナビセットをした為(ちゃんとかくにんせえや笑))

「八平の食堂」の看板は道路側へのアピール。屋根付きで無垢材が使用された一枚物の木製看板は迫力満点。

到着時にはライダーもおられ、この味わいを求めにツーリングをする方も多いそうです。確かに、ツーリングやドライブをするにはもって来いの立地で、結構な奥地ではありました。

「八平の食堂」駐車場はしっかり敷地を設けられ十分な駐車スペースはあるが、土日祝は満車になる確率が高い。

駐車場は広大な敷地でしっかり駐車スペースはあり。しかし土日祝日はそれでも満車になるそうですので、早めの来店、もしくは昼時のピークタイムを外す方が良いかもしれません。

まず到着すると、店舗入り口前の名簿に記帳します。それが↓コチラとなります。

この日はオープン前で6組、13名のウェイティングでしたが、実はオープン後は速攻で店内が満席になりました。平日でもこの人気なのはわざわざこの店舗、味わいを求めに来られたのは間違い無く、その人気の程がうかがえるものでした。

そしていよいよ11:30、暖簾が掲げられ、順番に案内されました。いよいよ1巡目でイン、ワクワクさせました。

まずは「八平の食堂」店内の様子

「八平の食堂」店内の様子。カウンター、テーブル、座敷の計35席ある広い店内はオープン後即満席となる。

店内はこの様に木造の木のぬくもりと和をしっかり感じさせる和食処を思わせるもので、定食等を提供する店舗の様にも感じさせますが、一杯の味わいを求め来客する方々、そしてワタシとなります。

先程お伝えさせて頂きましたが、この後もどんどん来客があり、一気に満席となりました。奥地であり平日なのにも関わらずです。いかに人気のある店舗であるのかがこの段階で証明されるものとなりました。

スポンサーリンク

「アリランラーメン」とは?提供店は?

実はこの「アリランラーメン」ですが、千葉県のご当地ラーメンとはいえ、今現在提供する店舗はたった2店舗しかありません。

その店舗は今回ご紹介の「八平の食堂」、そしてもう一軒が「らーめん八平」。

2019年9月30日をもち惜しまれつつ閉店した「らーめん 味覚」の計3店舗で提供されていましたが、実は全て「八平の食堂」店主始め、その親族で営まれています。

店主は古市豊氏で、創業は1972年(昭和47年)。当時リヤカーを引いて屋台の中華そばを提供していましたが、常連客から「もっと個性的なラーメンを作って欲しい」と頼まれ、5年の歳月を掛け生み出したのがこの「アリランラーメン」だったのだそうです。(参考:faby(千葉の秘境メシ・アリランラーメン発祥店)

店舗内には一般的には馴染みの無い、」「アリランラーメン(らあめん)」についての説明もしっかりありました。

「アリランらあめん」とは?

当店独自の調理法により、玉ねぎをベースに豚肉・ニンニク・ニラ・ネギを使用したピリ辛らあめんです。

『アリランらあめん』の由来

その昔、韓国に「アリラン峠」という峠があり、その峠にまつわる物語の歌があったそうです。そこで、この店の場所も峠であり「昔の峠越えというのは非常に困難で元気を出さなければ越えられるものではなかったのではないか」そんな時に体力をつくものを、というイメージでこの様な名前になったということです。

韓国から来たネーミングだと初めておわかり頂けたと思いますが、実は韓国の有名な民謡こそがこの「アリラン」。(wikipedia「アリラン」ではその音源も視聴可で、実は瑞穂豊氏が日本語詞を書き日本でも歌われていました。)

アリラン峠はこの民謡から後に名付けらる程昔のものだった様ですが、その峠越えする為の「スタミナ」の付く独自の味わいが今もなお千葉県の長生郡長柄町(ちょうせいぐんながらまち)で愛され、口コミにより遠方からの来客があり現在を迎えます。

実は千葉のご当地ラーメンとは言えかなり局地的なラーメンですが、その口コミは大きく他県からの訪問も多い人気店なのです。

人気店ながら惜しまれつつ閉店された「らーめん 味覚」は後継者がいない為で、この「アリランラーメン」は現在2店舗のみでしか頂けない大変貴重なものとなりました。

「八平の食堂」メニューについて

実はアリランラーメンがメインですが、みそラーメンも提供されています。アリランラーメン、アリランチャーシュー、そしてチャーシューメン。このチャーシューメンも気になりますが、今回のオーダーは「アリランチャーシュー」。

何故かと言えば、先客のほぼ9割以上がこの「アリランチャーシュー」をオーダーしていた事もあり、通常ならばデフォである「アリランラーメン」をオーダーの所、気持ちが揺らぎ急遽決定した次第です(笑)。

後、オーダー比率が多かったのがライス。この味わいにライスが合うのでしょう、その境地も味わいたいのはやまやまでしたが、今回はラーメンのみで頂きたいと思います。

メニュー表の裏にはこの様に雑誌に掲載された店舗紹介があり、「流行りに流されない強烈な個性」のワードに惹きつけられました。

オーダー後ですが、実はオーダーが掛かってから野菜、豚肉を炒め調理に入る為、2巡目以降はかなり時間が掛かります。1回で作られる量は10数杯程度(今回調理されていた時の杯数)で、個人的には2巡目となり約30分後の着丼となりました。

しかしその時間も楽しみにしながらゆっくり過ごすのもいいでしょう、今回この自然の中ノンストレスで楽しみに待つ事が出来ました。

では、その「アリランチャーシュー」もいよいよ着丼。楽しみに見て参りましょう。

 

八平の食堂「アリランチャーシュー」着丼

味平の食堂「アリランチャーシュー」

コチラが「アリランチャーシュー」(1.200円(税込)。大きいロールチャーシューが5枚も乗った迫力は凄いものでしたが、その間から垣間見えるスープは茶系の色合いで、この段階では未だどんな味わいかは想像出来ませんでした。

大きめに刻み炒められたたまねぎの量が結構多く、麺は全く見えない状態です。

早速スープから頂きたいと思います。

八平の食堂「アリランチャーシュー」スープについて

まずはアップからですが、醤油ベースの茶系の色合いがほんの少し見えるだけのもりもり具合となっています。では、レンゲにて掬いそのスープをご覧頂きましょう。

こうしてレンゲにて掬うと鮮やかな醤油の色合いを感じさせましたが、たまねぎ、豚肉、にんにく、ニラ、ねぎなどをオーダーが入った後に炒め仕上げられていました。

一口頂くと、かなりしっかり前面に来るにんにくではありましたが、それに全く嫌味を感じさせず逆にどんどん進んでしまう不思議な美味しさでした。

豚肉、たまねぎからの自然な甘味、そして醤油の余韻のほろ苦さも堪らないもので、スープ自体はさらっとししつこさは全く感じられず、自家製ラー油もピリッと来る程度の辛さで、辛さに苦手な方でも安心して頂けるでしょう。

スタミナ系でガツんと来るかと思いきや、確かににんにくの香りはかなり強いものの、逆にさっぱりしコクのあるスープに感じさせるバランス感はお見事だとしか言い様の無い仕上がりでした。

(お好みに応じて卓上の辛味増しを投入し辛さも調節出来る様になっています。)

八平の食堂「アリランチャーシュー」麺について

結構しっかり太めの力強そうな麺ですが、実は2店舗分の製麺は全てこの「八平の食堂」にて製麺されています。

先程も使用した写真ですが、中央の青い車の左横にある建物にて製麺され、「八平の食堂」、「らーめん八平」で使用されています。

一口頂くと、しっかりコシのある多加水の力強いものでしたが、実はかなりショートな麺。食べ易さも考慮されている点が素晴らしく、スープが飛び散りにくいのも素晴らしく感じました。

麺からは卵の風味もしっかり感じられ、それがこのスープと一体になる瞬間は至福でした。それなりに食べ応えはあるものの、意外と量が少なく感じてしまう程進みました。

最後に

チャーシューもバラ肉のロールでしたが脂の嫌味が全く無い、柔らかく非常に美味しいもので、このスープと共にライスを頂くと絶頂の美味しさであるのが理解出来るものでした。

今現在2店舗でしか頂けない「アリランラーメン」、気になられた方は是非頂いてみてはいかがでしょうか?本当に美味しくオススメの味わいでした。

「八平の食堂」の木製の看板裏にはしっかりと「アリランラーメン」と刻まれていた。

八平の食堂(はちべえの食堂)
住所
千葉県長生郡長柄町山根1201
TEL
0475-35-2467
営業時間
11:30〜19:00
定休日
水曜
公式HP
MAP

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事