神戸みなとや「こってりラーメン(肉増し)」
スポンサーリンク

どうも!ものグラムです!

今回は我が地元である兵庫県神戸市からのラーメン店、「神戸みなとや」のご紹介です。

創業は2003年で、店主は黒瀬氏ですが、今ではメジャーな味わいの鶏白湯を提供し、当時近畿圏では非常に馴染みの薄かった「つけ麺」も提供するなど、JR神戸駅西側の国道2号線沿いの小さな店舗には地元客から県外のラーメンフリークも訪問する程でした。

その創業当時の店舗が今年2019年9月末をもって閉店。ファンは嘆きましたが、実はその先の展開を水面下で行なっていた黒瀬店主、この度神戸市中央区の三宮さんプラザ地下の食堂街に11月27日に移転オープン。

早速ですが(正直事前に調べていたものではありませんでしたが笑)、神戸のラーメンシーンを牽引し、今なお独自の味わいを追求する「神戸みなとや」、訪問させて頂きました。

どんなメニュー?どんな味わい?さていかに。(いつもとちょい変えたな笑)

「神戸みなとや」三宮センタープラザへ到着

「神戸みなとや」(三宮さんプラザ) 店舗外観

冒頭にもある様に、実は創業から約16年間、JR神戸駅近くの店舗にて独自の味わいを提供し人気を博した「みなとや」。(神戸みなとやとしたのは他の地域とのバッティングもある為表記させて頂きましたが、以後「みなとや」と文中では表記させて頂きます)

この日は2019年11月28日、12:40。実は何を隠そう、個人的に昼休憩時に何を食べようかと思っていた所ばったり。(ラーメン以外の予定だった笑)

正直かなりの驚きでしたが、この移転オープンは絶対に外せないと即座にこの日の昼食に決定(本来は何も考えずに頂きたかったんですが、ココから脳が活性化笑)。

実は以前、旧店舗にて実食をさせて頂いており、その時の味わいのインパクトは今でも忘れられないものでしたが、その実食は2018年9月と約1年と少し前(笑)。今回記事にさせて頂こうかと思いましたが、その写真を今見るととてもじゃないけど見せられない、と、改めて見るクオリティの低さからボツとさせて頂きます(実はボツ実食がかなり多いです笑)。

コチラが約16年間、神戸の地で愛された「みなとや」。黄色いテント、赤い提灯が中華、ラーメン店らしいものですが、店舗の味わいを思うと少々滑稽な感を感じさせます。

では、いよいよ新たな「みなとや」へ。店舗入って直ぐに券売機があるのを確認、インしたいと思います。

「神戸みなとや」ヘイン(三宮さんプラザ)

まず、券売機で食券購入後の店内。L字カウンターのみの8席のみの店舗となりました。非常にコンパクトですが、ラーメン店としての敷地としては成り立つ広さでもあります。黒瀬店主がしっかり調理されているのを確認しました。

スポンサーリンク

「神戸みなとや」メニューについて

実にシンプルなメニューは店舗外の看板にて書かれてあり、「牛骨醤油ラーメン」、「こってりラーメン」、「つけ麺」の3柱となっています。

創業時から多少は左右されたメニューだったそうですが、現在は当時神戸ではかなり珍しかった「つけ麺」、鶏と牛の「こってりラーメン」、「牛骨醤油ラーメン」と、この看板下には「No Pork」の豚不使用のマークがあります。それこそ黒瀬店主のこだわりだとも思わせますが、味わいは本当に他では頂けない個性にファンが惹きつけられる様に思います。

あとはトッピング、大盛のバリエーションとなっています。

「こってりラーメン(細麺)」は750円(以下全て税込)、極太麺は850円、「こってり肉増し(細麺)」は950円。

「牛骨醤油ラーメン」は650円、「牛骨醤油 肉増」は850円、つけ麺は「魚介つけ麺」で850円となっています。

トッピングは味玉100円、海苔100円、肉増し200円。ご飯ものはライス100円、玉子かけご飯200円です。

今回は、以前頂いた「こってりラーメン」そのままなのも如何なものかと思い、普段は絶対に押さない肉増しをポチり(笑)。みなとやと言えば、まずご紹介させて頂きたい味わいをオーダーしました。

それがいよいよ目の前へ。ご対麺です。

神戸みなとや「こってりラーメン(肉増し)」着丼

神戸みなとや「こってりラーメン(肉増し)」

正直着丼時、当時の事を少々忘れていたんですが(笑)、盛付けの印象が大きかったでしょう、「あれ?」と思ったのが正直な所でした。

以前訪問のデフォの「こってりラーメン」はコチラ。

肉増しで無い「こってりラーメン」がコチラ(なんとか使用出来るクオリティでホッと。笑)。器における印象も変わるでしょうが、肉、牛トッピングが全く違うと見た目から感じさせます。それ以外はやはり黒瀬店主が盛付けした個性がそのままで安堵を憶えるものがありますが、実際の味わいはまだわかりません。

丸鶏と牛骨の旨味を出したスープが売りですが、今回はどう感じられるか?楽しみに頂きます。

神戸みなとや「こってりラーメン肉増し」スープについて

まずはアップ、ですが、スープはほぼ見えません(笑)。このアップは要らない?ですが(きくな笑)、逆に肉増しの牛がピックアップになったかもしれません。本当に美味しそうですよね。

では、レンゲにてそのスープ、いよいよご覧頂きましょう。

見るからにどろどろの濃度なのがおわかり頂けると思います、本当にどろっとしたスープ。ハンドブレンダーにて泡立てられています。

それをまず一口。

やはりこの「みなとや」でしか頂けないと言って過言では無い鶏の風味がしっかり感じられるどろっとしたスープ。昨年訪問時には牛の風味がしっかり感じられたものの、今回はその牛が感じられにくい、というか店舗外のメニューには牛の文字ひとつも無いもので、濃厚鶏白湯の様です。

但し、今回は昨年の実食で感じた以上にスープ量が少なく感じられたのも正直な所で、レンゲで掬って頂けるのは最初のみ、後は麺を頂くと自然と一緒に無くなる程で、和え麺の様な感覚でもあるのが最大の特徴と言ってもいいでしょう。

肉の繊維を感じられるしっかりした旨味、風味あるスープに思わずニンマリしてしまう美味しさです。

麺について

今回は細麺をチョイスでこの仕上がり。この時点でしっかりスープが絡んでいるのがご覧頂けると思います。地元神戸のマルヤス食品製のストレートの中細麺を使用されています。

もっちりとしながら歯切れも良く麺自体もライトですが、自然とスープが絡み、スープが飲めない程の一体感。まるでクリーム系のパスタとさえ感じさせる程ですが、しかしやはりラーメン、小麦の風味もしっかり感じられ美味しかったです。

最後に

やはりこの一杯を頂いた瞬間に「みなとや」らしさを感じさせる美味しさが印象的でした。トッピングの鶏レアチャーシュー、ローストビーフもしっとりと美味しく、一体感の素晴らしいものでした。

次回は牛骨醤油ラーメンを楽しみにしながら、実食させて頂いた際にはまたご紹介させて頂きたいと思います。

神戸みなとや(三宮さんプラザ)
住所
兵庫県神戸市中央区三宮町1-8-1 さんプラザB1
営業時間
11:00〜15:00
17:00〜20:00
MAP

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事