天天有 一乗寺本店「中華そば」
スポンサーリンク

鶏白湯なのに透明感ある独自の「中華そば」は絶品。

ラーメン店 京都 天天有 一乗寺本店 中華そば 鶏白湯天天有 一乗寺本店「中華そば」

京都のラーメン激戦区のひとつ、一乗寺エリアで約半世紀もの間愛される「天天有 一乗寺本店」の「中華そば」は流行する遥か昔から鶏白湯(白湯(パイタン)とは強火で炊き上げ乳化させた白濁したスープ)スタイルにて提供される、あの天一こと「天下一品」と同年に開業する老舗。

ラーメン店 京都 天天有 一乗寺本店 中華そば スープ圧力寸胴鍋で炊き出されたスープは白湯と言えど透明感がありますが、濃厚なとろみはコラーゲン豊富な唯一無二の存在感です。

2代目店主が先代から受け継いだ味にさらに磨きをかけ進化させた、圧力寸胴鍋で炊き出されたスープは白湯とは言いながら透明感をも感じさせる仕上がり。

ラーメン店 京都 天天有 一乗寺本店 中華そば スープ黄金色に仕上がったスープは一口頂くと鶏の旨味風味が鼻を抜ける、「この一口の為に日々頑張っとるねん」と、どこかで聞いたようなセリフを放ちたくなる瞬間。

レンゲにてスープをすくい一口頂くと、非常にとろみの強い仕上がりですが、その正体はコラーゲン。しかし鶏の旨味が凝縮された一口目の風味、「トップノート」には感動を憶えさせ、「天天有 一乗寺本店」でしか味わえないひとときを堪能出来るでしょう。

さらにトッピングのメンマは甘く煮込み仕上げられ、スープに反映される「まろ甘」こそ最大の特徴でしょう。

ラーメン店 京都 天天有 一乗寺本店 中華そば 麺リフト麺はストレートor平麺からチョイス可。今回はストレートをオーダーさせて頂きました。(麺のゆで加減(硬さ)もオーダー出来ます)

麺はストレートor平麺からチョイス出来ますが、今回はストレート(細麺)をオーダー(硬め)。コラーゲン質が強い為バリカタ的な粉っぽさと歯に伝わるプツプツした食感が軽快。この相性も他ではなかなか味わえない見事なバランス感。濃厚なのに実は「ライト」に感じさせる美味しさに驚きを隠せませんでした。

京都ラーメン激戦区のひとつ、一乗寺エリアの他ではなかなか味わえない鶏白湯の美味しさ、ぜひ一度実際に味わってみて下さい!

「天天有 一乗寺本店」について

ラーメン店 京都 天天有 一乗寺本店 鶏白湯天天有 一乗寺本店

「天天有 一乗寺本店」は1971年(昭和46年)に創業した、現在(2021年10月)約半世紀もの間京都市左京区一乗寺エリアに根を張り地に愛されてきた老舗です。(2代目店主:漆畑嘉彦さん)

現在京都(四条烏丸店、葛野大路店、桂川街道店、伏見大手筋店)や東京(台場店)、沖縄(現在は閉店)まで出店展開する「京都ラーメン 天天有」は本店にて修行された弟子が本店大将に許可を得た暖簾分け店として運営しています。(株式会社未来:奥田克彦)

先代からその味を受け継ぎますが、さらに磨きをかけ進化させた「圧力寸胴鍋」による唯一無二のコラーゲンたっぷりの鶏白湯はクリーミーでは無い鶏の旨味風味が凝縮された絶妙な味わい。鶏白湯と言うワードが生み出される前より提供されていたその「唯一無二」は他ではなかなか味わえません。

「天天有 一乗寺本店」のメニュー

ラーメン店 京都 天天有 一乗寺本店 メニュー「天天有 一乗寺本店」メニュー

「天天有 一乗寺本店」メニューはトッピングバリエーションとして「チャーシューメン」、「煮卵or温泉卵中華そば」、「煮卵or温泉卵チャーシューメン」、「おこさまラーメン」が用意されています。麺量により並(1玉)、中(1.5玉)、大(2玉)が選べます。

サイドメニューは「キムチ」、「豚の細切れ」、「餃子」がラインナップ。

さらに無料のカスタマイズは麺の種類(通常(ストレート麺)or平麺)、麺の硬さ、タレ(醤油味)の濃さ、ねぎの量、こってり仕様(背脂&一味唐辛子)をオーダーする事が出来ます。(今回は麺通常硬め、ねぎ多め仕様にてご紹介させて頂きました)

天天有 一乗寺本店

住所
〒606-8112
京都府京都市左京区一乗寺西杉ノ宮町49
TEL
075-711-3255
営業時間
12:00〜20:00(コロナ禍により夜営業からシフト、公式Twitterを参照)
定休日
水曜
公式Twitter
https://twitter.com/tentenyuuhonten
MAP

(カウント【京都】天天有 一乗寺本店 中華そば(並) shopmenfile0187(188杯目:177店舗))

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事