スポンサーリンク

どうも!こんにちは!ものグラムです。

今回は岡山のラーメン店、「ママキッチン 味々亭」のご紹介。

岡山の笠岡市にある「笠岡ラーメン」が頂ける店舗ですが、ショッピングセンター内にあり気軽に入れ、地元民にも愛されていながらかなりの実力店で歴史もあり。

では、どんな店舗?歴史あり?その辺りも踏まえ実食と参りましょう!ご一緒宜しくお願い致しますっ!

「ママキッチン 味々亭」へ到着

「ママキッチン 味々亭」店舗外観

 

店舗到着は2019年5月15日、11:57。ちょうど昼時ですが、この度の岡山遠征3軒目の到着です。この様に「オープンしてる?」と一瞬思ったものの、店内には照明が点いており、覗くと(決して怪しいものでは無い...笑)店内には既にお客の姿が。

コチラはJR笠岡駅南側にある商業施設、「笠岡シーサイドモール」の一角にある店舗で、笠岡駅近くの唯一のショッピングセンター内で営業されており、地元民にもアクセスの良さ、そして味わいに引き寄せられ人気の店舗。

この「笠岡シーサイドモール」は旧ニチイ、旧サティからの大型商業施設で、現在は笠岡マルセン開発株式会社が経営を引き継ぎ営業されています。

いよいよイン、ですが...

JR笠岡駅からの光景で、実はこの商業施設の背に当たります(笑)。さらに南下すると国道2号線があり、その国道に面した部分がこの「笠岡シーサイドモール」の顔になります。が、今回は撮影に至らず....(すません笑)。

そして、営業しているのかと一瞬思った出入り口からいよいよインするんですが、この段階で「おまい地元民ちゃうやろ〜」的、あれ?あれれ?と入ったのを思い出します(笑)。

メインの店舗入り口は「笠岡シーサイドモール」内から、この様に入店するのがごく自然な様です(笑)。昼時と言うのもあり、地元の方で賑わっていました。女性客も多く、年齢層は比較的高めの少子高齢を感じずには要られませんでしたが、それでも賑わいを見せ活気がありました。

昭和を感じさせる、と言うのももはや令和になり刻一刻と過ぎて行き、当時新しかったものが当たり前ですが古き良きものに変わって行く、そんな事を想いながら撮影したんですが、実はこの「ママキッチン 味々亭」は1989年、平成元年にオープンした店舗なんです。

元々は屋台で夜営業のみだったのが、実際に店舗を構えたのがこの場所。その歴史を物語る風貌では無いかと思いながら、実はラーメンだけで無く定食屋としてかなりメニューのバリエーションが豊富でした。

そして、空いているテーブル席へまず荷物を置き、この店舗は完全セルフシステムでしたので、オーダーへと向かいました。

実際にメニューを見てみると、うどんも提供されています。日替ランチやラーメン定食、うどん定食などがあり、ラーメンメニューの一番上は福山ラーメンでした。どうやらチャーシューの違いでメニュー名を変えられている様で、笠岡ラーメンは(鶏チャーシュー)と書かれていました。

他にはカツ丼などの丼物や、カレー、そしてやはり広島に近いからでしょう、お好み焼き、モダン焼き(そば入り)、焼きそば等もありました。

もちろん今回は笠岡ラーメンをオーダー。すると紙をラミネート加工した番号札を手渡され、出来上がりの呼びかけを待ちます。

そして約3分で速攻出来上がりの呼び出しがあり、楽しみにもう一度カウンターまで取りに行きました。いよいよ自分自身で着丼です(笑)。

スポンサーリンク

「笠岡ラーメン」着丼

ママキッチン 味々亭 「笠岡ラーメン」

ママキッチン 味々亭 「笠岡ラーメン」

 

コチラが「ママキッチン 味々亭」の笠岡ラーメン、550円(税込)。やはり親鶏のチャーシューが乗った特徴ある仕上がりですが、今回は標準でゆで卵が乗っています。麺も細ストレート。スープはこの度の笠岡実食をさせて頂いた「坂本」や「いではら」よりも色が薄めで、実はこのラーメンのスープは鶏と魚介で作られているそうです。その味わいが楽しみ。

では、いよいよ実食と参ります。

スープについて

まずはアップから。オイルは適度に浮いていますが、さっぱりした美味しさをこの段階から想像出来る仕上がりです。

そしてレンゲで掬うとこの様に澄んだ黄金のスープ。早速頂きます。

今回実食させて頂いた「坂本」、「いではら」に比べるとかなり優しい口当たりで、醤油の癖は無く、鶏ガラと魚介の絶妙な旨みと適度な甘みのある美味しさ。表現としてかなり難しいんですが、まさに「中華そば」と言っても良い位、万人に受け入れられる王道の味わいでは無いかと思います。魚介が入ると優しいのに奥深さが出、そしてより馴染みやすい味わいでもありました。

「ママキッチン 味々亭」の主な客層である、年齢層が高めの方、今回の訪問時は特に女性客の割合が多かったのも頷けました。一言で言うと優しい、しかし奥行きのあるスープでした。

麺について

ママキッチン 味々亭 外観

麺はやはりストレートの細麺ですが、断面は角のあるものでした。

コチラの麺は思った以上にぶりぶりで弾力と適度な水分があり元気。しかしかなり軽さも持ち合わせたもので実は速攻完食。

全体に非常に優しく頂きやすい味わいが印象的。決してインパクトは無く、わかり易い美味しさながらまた食べたいと思わせる奥深さがあるのもこの「笠岡ラーメン」でした。

最後に

今回このJR笠岡駅周辺の「笠岡ラーメン」を実食させて頂きましたが、のどかでとても良い所です。正直言うと若干街は寂しい所もありましたが、この場所でしか頂けない独自のラーメンがありました。

ラーメン好きの方はやはりこの笠岡の地も絶対に外せませんよ、と思いながら、ぜひ足を運んで頂きたい、本当にそう思う実食をさせて頂きました。ぜひ!

ママキッチン 味々亭
住所
岡山県笠岡市笠岡2388 笠岡シーサイドモール1階
TEL
0865-63-0500
営業時間
10:00〜18:00
定休日
笠岡シーサードモールに準ずる
MAP

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事