スポンサーリンク

どうもこんにちは!ものグラムです。

今回はサイト引越し後初、ラーメン店の味わいをご紹介させて頂きたいと思います。このラーメン店実食、ご紹介もかなり前向きに進めさせて頂きたいと思います。

大阪の福島区の有名店で、カップ麺商品化もされたお店、今回は「ラーメン人生JET」に訪問させて頂きました。

ラーメン人生JETに到着

ラーメン人生JET 外観

今回訪問させて頂きました「ラーメン人生JET」ですが、大阪の福島区にある店舗。今となっては福島は大阪のラーメン激戦区の一つに挙げられますが、当時はラーメン店はほとんど無かった2010年6月18日にオープンされ、今もこの福島地区を牽引するラーメン店として連日店外に列をなす人気店です。

ちなみにJR大阪駅から環状線内回りで1駅、福島駅から徒歩3分程度の場所にあり、神戸地区からの登り線の大阪駅手前で店舗を確認する事も出来ます。

個人的にはカップ麺では頂いた事はあり、大阪にも頻繁に行く中、なかなか機会が無かったんですが、やっとのご縁があり訪問させて頂けました。

実は到着は11:38、11時オープンで少し待たなければ行けないかなと思っていた所、まだ店舗外には待ちの列は出来ていない模様。ラッキーと言ってはなんですが、店舗外に券売機があり、急いで食券購入に向かいました。

ラーメン人生JETってどんなお店?

ラーメン人生JETの店主は山本さんと言う方で、大阪でかなり知名度と人気があり、多くの弟子達を育てた「彩色ラーメンきんせい」のお弟子さんの一人で、元々はトラックの運転手だったそうです。

仕事の先々で昼休憩時に主に食されていたのがラーメン。特別ラーメンが好きだった訳では無かったながら、低価格と言うのもありラーメンを頂く機会が多かったそうです。

そのうち、こんなにも色々な味わいがあってここまで満足出来るラーメンは凄いと思われ、気がつけばラーメンに嵌ってしまっていたラーメンフリーク(ラーメンオタク)みたくなっていたそうです。

その後、仕事について、自分で何かしたいと言う思いが強くなり、ある日、「ラーメン屋がある!」と気づき、当時よく通っていたきんせいの親方に相談され、当時は断られたながら、約1年後に声が掛かり、洗い物仕事からいよいよその道に入られ、さらにその後、きんせいの新店舗、「東成きんせい」でやってみないかと言われ即答され、きんせいの新店舗の暖簾分けオーナーとして開業、しかしその道のりは決して順調では無かったそうです。

しかしその後は徐々に口コミから集客は増え、完全に独立をされたいと物件を探し偶然見つかったのがこの福島で、物件を下見した瞬間にココだと直感が走り即答し、新たに本当の意味での独立した「ラーメン人生JET」と銘打ち開業され今は行列が出来、カップ麺の商品化もされた店舗なんです。

ちなみに、店舗ネーミング、屋号については特別意味がある訳では無いそうで、好きな身の周りにJETと付く物が多く、このJETの響きが良く、独立したらJETを付けようと思い、当時ラーメン屋の屋号で英語は余り無く、カッコつけすぎてはいけない気持ちから、「ラーメン人生」と付けるとちょっとダサいからいいかな、と言う直感、フィーリングで決められたそうです。

スポンサーリンク

いよいよ店内へ

ラーメン人生JET 店内

今回は即入店出来ましたが、店内はほぼ満席。1巡目を過ぎ、タイミングがかなり良かった模様です。実はこの後、正午近くなると続々と店舗外に人の姿が見え、いよいよオープン後から次のピークタイムに突入しようとしてました。カウンター席に着き、目の前に見える調理されている光景が堪らない。この写真右の人物こそが山本店主でした。

やはり常に忙しい店舗、オペレーションは素晴らしく、店内から券売機前にお客さんが来るとそれを店主やスタッフに伝え、券売機購入から店内に入る段階で迎え、即店内調理場へオーダーの無駄の無い動きに魅了されました。

券売機、メニューについて(順序逆かも笑)

見出しまさにそれ、なんですが(笑)、昨今のラーメン店事情として、券売機を設けているお店はかなり多いです。通常の飲食店では店内に入ってからメニューを見、口頭にてオーダーするのが一般的ですが、ラーメン店ではこの食券制を設けている店舗はかなり多いです。特に有名店になると、後列がある中、この券売機に向かい合うプレッシャーがありますので、勝手ながらオススメはポケットに千円札を直ぐ取り出せる状態にしながら、メニューは事前にオンラインで確認すると初訪問でもスムーズに行けるでしょう。

初めてだとなかなか迷ってしまう選択肢の多さを感じさせる券売機です。デフォは鶏煮込みそばですが、それ以外にも限定として、

メニュー
●醤油チャーシュー
●チキンチャーシュー
●鶏煮込みチャーシュー
●カレーチャーシュー
●あぶり豚そば
●醤油ラーメン
●チキンそば
●カレーラーメン
●黒王煮込みそば(大盛り不可)
●丸鶏醤油そば 改(大盛り不可)
と、ラーメンだけでもこんなにバラエティに富み、つけ麺にもバリエーションがあります。初訪問ならばかなり躊躇します(それはワタシです笑)。
今回はラーメン人生JETのデフォでもある鶏煮込みそばを頂きたいと思います!

いよいよ着丼

店内に入り食券を渡し、いよいよやって来た着丼に要する時間、実は約5分。今回は入店タイミングもあり速攻でしたが、常に早く提供出来る様心掛けられているのが見受けられるオペレーションでした。この日は4オペ(キッチン2、ホール2)でしたが、まさに連携プレーで着々と提供されている無駄の無さは日々磨かれたものの一つなんだなあと思わせました。

ラーメン人生JET 鶏煮込みそば

速攻着丼したこの仕上がり。きんせいは清湯(ちんたん:濁りのない澄んだスープの事)ながら、その対局の白湯(ぱいたん:白濁化させたスープ)は結構しっかりしたかえしの醤油の色合いが感じられる仕上がりです。なかなかの濃度がありそうで楽しみ過ぎます。

まずラーメンアップ

かなり濃厚そうな仕上がりながらも三つ葉がトッピングされている相性も楽しみな所です。そしてなるとの存在感もあり、彩りよく美味しそうです。

低温調理のレアチャーシューも美味しそうで、ねぎ、メンマもオン。頂きましょう。

スープについて

かなり濃厚そうな、鶏煮込みそばは、この様に鶏肉の繊維がはっきりわかる仕上がりです。結構しっかりした色合いが印象的ですが、一口頂きます。

鶏の旨味がしっかり凝縮されたスープに香り高い醤油の風味がしっかり感じられた仕上がりに驚かされました。

余韻にはしっかりクリーミーがありながらも、醤油の香りが鶏の旨味と一緒に感じられる、香ばしさが何よりも特徴的で、なにより想像以上に熱々に仕上がっていました。

この熱さ、美味しさを提供するのは実は簡単な様でかなり難しいんですが、トップクラスの熱々でした。濃厚なのにキレもある塩梅が素晴らしいスープでした。

そして合間に入ってくる三つ葉の食感と風味もしっかりアクセントで、濃厚なスープに爽やかな三つ葉の相性がこんなにもいいとは正直驚きました。

麺について

艶やかなストレート麺の仕上がりも大変キレイです。コチラの麺は自家製麺。

まずしっかり感じられた麺の風味。濃厚な味わいなのにそれぞれのパーツの風味が生き生きしているのが素晴らしいんですが、麺の存在感もかなりあり、噛むとグルテンの力を感じさせる噛み応えある弾力、コシがあり、しかしみずみずし艶やかにするする進む美味しさがありました。

スープの絡みも絶妙で、口の中の一体感もかなり素晴らしく美味しかったです。

最後にカラアゲハーフを

決して一つ一つは大きく無いんですが、しっかりカラッと揚がっているカラアゲハーフ。熱いのでお気をつけ下さいと言われたんですが、そんなに?と個人的に思っていたのが甘かった。(笑)

一口入れ噛むとジュワッと出て来た肉汁の熱さに思わずあふっ、っと声にならない声が出てしまったのはココだけの話し(笑)。鶏胸肉の繊維がしっかりした、しかし硬く無く弾力があり、表面はカラッと、中はジューシー、このカラアゲのレベルも相当高かったです。味付けも塩でライトで、おかずというよりも単体として味わいを堪能出来る感覚でした。

最後に

今回訪問させて頂きました「ラーメン人生JET」、スープ、麺も一から心を込められ提供されています。現在2店舗を経営されていますが、今後も店舗数を増やしたりする事は考えられておらず、一から十まで全て手作りしたいと言う思いで一杯一杯提供されているそうです。

実は帰り、正午前に店舗を出た時には10名以上の行列が出来ており、今からが勝負の時間帯だな、と思いながらご馳走様をさせて頂きました。

ラーメン人生JET
住所
大阪府大阪市福島区福島7-12-2
Twitter
https://twitter.com/jetjpn
MAP

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事