スポンサーリンク

どうもっ!ものグラムです。

先日(とは言っても少々(かなり)前になりますが)遠征させて頂きました「超ロングドライブ遠征in山陰」から、島根県松江市にある製麺会社、「(株)なかたか」が行なっているイベント、「めんぐるめバザー」をご紹介させて頂きたいと思います。

バザーというワードを聞くと大体は予測出来ると思いますが、メーカー直々の「大特価直売」をするもので、なかたか社員一丸となりこの開催を楽しみにされている、そして近隣にお住まいの方にとっても楽しみでこの時の為に冷蔵庫の空きスペースをしっかり取り挑まれる一大イベントでもあります。

では!どんな直売会?どれだけ安いの?お客さんの入りは?気になる所をしっかり見て参りましょう!宜しくお願い致します。

「めんぐるめバザー」開催の地、(株)なかたかへ到着。

(株)なかたか本社入り口。なかたか、めんぐるめの看板横に立て掛けてあるのが「めんぐるめバザー」の為に用意された手作りの看板。温かさを感じさせます。

訪問は2019年8月30日(今現在1ヶ月半経っていますが(遅くてすみません笑))、10:24。この日のオープンは11時からでしたが、実は突撃取材と言えどしっかりとアポイントを取っており、前日にも一度訪問させて頂いた後日が変わり2度目の訪問でした。

(※その流れは遠征記事にて詳細を書かせて頂いていますので、そのなりゆきをお知りになりたい方はコチラその1コチラその2をご覧下さい。)

この数日間は台風が作り出した低気圧の影響により九州北部から山陰地区にかけて記録的な大雨が降り、この日早朝も雨が降っていましたが、それが嘘の様にみるみる晴れ、この快晴となっているのには本当に驚かされました。「なかたかさん、もっとんなぁ」と(勝手な解釈すみません笑)。

今回なぜ早めに訪問させて頂いたかと言えば、今回取材の快諾を頂けた「なかたか公式Twitter中の人」で、以前なかたかの商品を紹介させて頂いた際にコメントを頂いた事から始まりました。それで一度お会いさせて頂きたいと伝えた所、

「ちょうどグッドタイミングです!ぜひ!うちのバザーを紹介して頂きたいです!」

と、かなり力強いエールを頂き、オープン前に挨拶させて頂こうと約30分前に到着した次第です。その中の人とは実は(株)なかたか代表の中村陽介氏でした。(本当にビックリしました笑)

「(株)なかたか」とは?

島根県松江市矢田町にある製麺メーカーですが、創業60年余り、もうすぐ70年が近い老舗とのことです(今回取材時の担当者さんにお聞きしました)。看板商品は「松江ラーメン」という家庭用チルドラーメンですが、他にもうどん、蒸し焼そば、出雲そば等の麺類、各種めんつゆ等を製造販売されています。

しかしそれだけでは無く各種業務店向けの特注品やオーダー品、ラーメン店向けのこだわり特注麺や土産用ギフト、各地町おこし等のコラボ支援製品等の商品化、そして地に根ざした学校給食への供給も行われています。

「めんぐるめバザー」についてですが、一般ユーザー、エンドユーザーを対象とした、会社敷地内にて月1〜2度行われ、記念すべき第1回開催は2012年3月23日。今現在で7年半以上続けられ、今回訪問時は第133回でした。(原稿アップ現在では2019年10月12日(土)に開催された136回が最新です)、メーカーが直に地元の方々とふれあう事が出来る催しをされているのは何よりも素晴らしく感じます。

地域に根ざしたメーカーでありながら、主要な取引先はイオン(株)、ダイエー(株)、(株)イトーヨーカ堂等と大手で、なかたか(中隆)製品は山陰地方を中心に四国、九州、近畿の一部と、主に西日本で流通されていると直接確認させて頂きました。

スポンサーリンク

いよいよ「めんぐるめバザー」開催!の前に。

「めんぐるめバザー」開催直前に中村代表から挨拶、この日のお買い得商品に対しての説明がありました。

オープン約5分前から中村代表がオープンを待つ列に対し挨拶、そして簡単な商品紹介がありました。(個人的にはこの10分程前に直々に挨拶に来て下さり、思った以上に色々とお話しする事が出来ました)

この日は大雨開けの日と言うのもあり、聞くところによると「かなり入りは少ない」そう。しかし初めて来たワタシものグラムは「い、いつもはどんだけ並ぶねん?」とビックリするものでした。

では、いよいよオープン!その内容をご覧頂きましょう!

「第133 めんぐるめバザー」開催!

「第133 めんぐるめバザー」の様子はコチラ。(※音声&BGMあり、通信容量が大きい為(約530秒あり)注意が必要ですが、ぜひご覧頂きたく思います(どないやねん笑))

まずは今回の「第133回 めんぐるめバザー」の様子を動画にさせて頂きました。あくまで筆者、「ものグラムテイスト」はかなり強めですが(アクが強くてすみません笑)、文面を読み取るよりも遥かにわかりやすく思いますので、どんなバザーか気になられる方は必至。ぜひご覧下さいませ。

少々バトルチックな部分がありましたが、オープン最初はやはり争奪戦を思わせるものでパワフルでした。動画撮影をさせて頂きながら自分自身も買い手となり挑んだのも大きかったですね(笑)。

画像でも「めんぐるめバザー」を簡単に解説

では、ここからは動画ではお伝えできなかった部分を簡潔に画像から一言解説でお伝えさせて頂きます。

9月の開催はコチラ!(もうとおにすぎとるがな笑)あ、ホンマや、次回は2019年10月25日(金)となります。

動画にもありました、この地で絶対に外す事が出来ないのが「松江ラーメン しじみ醤油味」。コチラに関しては既に記事にさせて頂いておりますので、その味わいが気になられた方はマスト!↓コチラです。

 

動画にもありました「松江ラーメン あんかけ」、そして「松江ラーメン 白ごま豚骨味」。特に白ごま豚骨味は一般流通されていない事ではないそうですが、流通量は非常に少ないとの事で、スーパーで見つけるのは至難の技だそうです。だからこそですよ、動画で1番にゲットしたのは!(笑)

動画でありました、めんスープ売り場がありましたが、そのスープとなかたかの生麺をセットにしたバザー限定商品がこれらとなります。もちろん頂いた事が無いので個人的に即ゲットしました。

後、実は麺以外にも注目すべき商品があるんです!それがコチラ。

新鮮野菜、どれも100円!特に都市部にお住まいの方には衝撃的かもしれません。なかたかに勤務のお父さんスタッフの知り合いに声がけをし集まる採れたて野菜だそうです。ワタシは左の玉ねぎ、「うっわ〜たまらん〜!」とゲットさせて頂きました。

では、ここからは半分戦場と化した「めんぐるめバザー」のその後となります。(実は約2時間滞在させて頂きました笑)

かなりガラガラ、というよりも空っぽですよね。

動画で個人的にゲットした「かもそば」はなんと完売の文字。

「釜揚げそば 2食入り」も完売。

今回動画でも紹介されていた「乱切りうどん」もこの様に残す所あとひとつ。

実は、「今日は超ひまですみません〜!」と中村代表から言われましたが、それがこの状態?と思うと、普段の盛況ぶりとさらに活気に溢れた会場とは一体?と思わせるものでした。

まとめ買いをされる方が非常に多く、カゴの中はパンパンでレジ打ちも大変だろうなと感じました。今回ワタシ、ものグラムが入手させて頂いたのは↓コチラ。

これだけ購入させて頂いてお値段なんと1,110円。いかにお得であるのかがおわかり頂けたと思います。

最後に

いかがでしたでしょうか?大変素晴らしいイベントだというのがおわかり頂けたと思います。

最後に(株)なかたか、代表の中村陽介氏からメッセージです。

「めんぐるめバザーは私達社員にとっても特別なもので、毎回お客様とお会い出来るのを楽しみにしています。お客様から頂く生の声を参考にさせて頂きながら商品の改良、新商品も開発させて頂いています。」

「まだ来られた事の無い方へ、本当にお買い得で楽しいバザーです。皆様のご来場を心待ちにしております。」

と、かなり熱く語って頂けました。特に内勤(工場等)の社員がこうしてエンドユーザーであるお客様と接する事は通常ではなかなかありませんが、それを感じて頂きたいと、社員に対しての想いも語って頂けました。

中村陽介代表(右)とものグラム(左)の記念撮影。「ぜひLINE友達登録して下さいね」とQRコードを指差し1枚。

「めんぐるめバザー」等の最新情報は公式twitter(https://twitter.com/Mengurume)、もしくはLINE友達登録が便利です。

気になられた方は是非!このバザーを体験して頂きたいと思います。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事