創健社 酸辣湯麺
スポンサーリンク

「創健社 酸辣湯麺」

即席袋麺 創健社 ノンフライ麺 酸辣湯麺 パッケージ創健社 酸辣湯麺

collectionfile0375は創健社より販売される即席袋麺、「酸辣湯麺」。

創健社は1968年(昭和43年)に神奈川県にて創業した、現代ではひとつのジャンルとして定着する「オーガニック(有機)」な食料製品を約半世紀以上も前から手掛ける老舗メーカーである。

当時は高度経済成長期の真っ只中であり、食品産業の量産、工業化が急速に進んだ時代。食品公害事件が次々と発生し社会問題となっていたが、効率に重きを置く事で食の姿が歪められる「工業製品化」していく状況を憂い、創業者である中村隆男氏の「食べもの、食べ方は、必ず生き方につながって来る。食生活をととのえることは、生き方をととのえることである。」との理念のもと、真に健康的な心身を創る為、より良い食のあり方、実践法を社会に提案する事を使命とし創業された。

当商品の「酸辣湯麺 (サンラータンメン)」も勿論化学調味料無添加にて製造。製造は創健社の子会社である埼玉県の老舗メーカー、高橋製麺株式会社が手掛ける一品。

商品概要

品名:酸辣湯麺
メーカー:創健社
入手日:2021年10月25日(月)
麺種別:ノンフライ麺
スープ:1袋(粉末スープ)
定価:211円(税別)
JANコード:4901735023707

原材料

【めん】小麦粉(小麦(国産))、澱粉、食塩
【スープ】醸造酢、食塩、醤油、チキンエキス、ごま油、砂糖、生姜ペースト、酵母エキス、香味食用油、オイスターエキス、澱粉、胡椒粉末、にんにくペースト、唐辛子粉末

栄養成分

1食111g(めん80g)あたり
エネルギー:345kcal
たん白質:10.8g
脂質:4.5g
炭水化物:65.3g
食塩相当量:5.6g(めん1.1g スープ4.5g)

「創健社 酸辣湯麺」実食写真

即席袋麺 創健社 ノンフライ麺 酸辣湯麺 調理盛付け例 麺リフト創健社 酸辣湯麺 調理盛付け例

今回の調理にあたり、パッケージにもある酸辣湯麺の定番スタイル、「かきたま」仕様にて卵1個を使用し完成させたが、その仕上がりは想像以上に卵々してしまいスープ自体の存在感が若干(?)薄れる見た目の仕上がりとなる。

即席ラーメンに於いて、化学調味料無添加にて美味しく頂くには相当な旨味を要し、さらに相当なコストが掛かる為非常に希少な一品であるが、スープを一口頂いた瞬間、その味わいに物足りなさは全く感じられない。

チキンエキスをベースにオイスターエキスが加えられ、その他に生姜ペースト、にんにくペースト等にて旨味風味を操り仕上げられた味わいは一見地味に感じさせるが、酸辣の黒酢由来の酸味にはマイルド感も感じさせる、化学調味料由来の「角のある」刺々した感覚の無いごく自然な美味しさが印象に残る。

一方、そのスープに対する麺は波麺(油揚げ麺特有のウェーブ形状)であるが、油で揚げず乾燥させたノンフライ麺。

波麺独自の「インスタント」食感を憶えるも、油揚げ麺では無い麺密度が高くぎゅっとした弾力、コシの強さが特徴であり、家庭用即席麺独自の「ウェーブ」が自然とそのスープを絡め取る一体感こそ素晴らしく、麺を平らげた後に残るスープはごく微塵になる、バランス感も考慮された「酸っぱ辛い」絶妙な美味しさを感じコレクト(実食)完了となった。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事